« マウント・グローリアスのピクニック&レインフォレストウォーキングとライダー御用達 峠の茶屋 | トップページ | ホームメード・ライムネード »

アップルパイが美味しい季節

 今年は冬が来ないと思っていたら、寒波かと思うような寒さに震えているブリスベンです。昨日は風が強く、一日中冷蔵庫の中にいるようでしたね。子供のスイミングのクラスが放課後予定されていたけれど、キャンセルになって安堵しました。こちらの学校では、屋外プールを有料の水泳教室にしているのが普通だそうです。全ての学校にプールがないので、プールのない学校は他校のプールを借りて水泳の授業を受けます。授業は秋冬はありませんが、放課後の有料クラスは1年中あるのです。秋冬は温水になります。

 さて今日は学校のスポーツデイ(運動会)でした。1週間前に決まって、基金集めのBBQや飲み物購入が募られるのも相変わらずの行事です。各自ピクニックラグ(敷物)や椅子を持ち寄り、父兄用には暖かい飲み物やケーキストール(父兄によるホームベイク:焼き菓子の寄付)が用意されます。私はバナナのチョコチップ入りマフィンとナツメグとレモン風味のチーズケーキを買ったけど、予想を遥かに超えた美味しさで驚きました。

 オーストラリアの学校は、紅白ではなく赤青黄色の3つに分れ、それらはハウスと呼ばれます。赤はクック(Cook)、青はオクスリー(Oxley)、黄色はボーウェン(Bowen)、とオーストラリアの歴史的な探検家の名前が付けられているのです。生徒達は学年の関係なく3つのハウスに分けられて、ハウスカラーのシャツを着てレースに出ます。兄弟は同じハウスになります。レースに出た子供達は、着順に関係なくメダルを貰う事が出来て、互いにがんばったことを励ましあうのがとてもいいです。

 私と僕ちゃんは子供の頃揃って鈍足でした。ところがうちの娘達、驚いたことに俊足なんです。2人がそれぞれ一着で走り抜けたのには眼を疑ってしまいました。運動神経って遺伝じゃないってこともあるのですね・・・。

Imgp5846_small_1

Imgp5848_small_1

オーストラリアの学校のグラウンド(オーヴォ)は芝生です。このところの雨で枯れた芝に少し緑が戻ってきました

 さて寒い日は焼き菓子。りんごのおいしい季節です。だから毎日食べたいし、お菓子も焼いて旬の味覚を楽しみたいですよね。オーストラリアには色々な種類のりんごが出回っています。日本でお馴染みのレッドデリシャス、日本から来たふじ、青りんごのグラニースミス、程よい酸味と甘さと香りが素晴らしいピンクレイディー、ロイヤルガラ、ジョナサン、サンドーナー、ハイアーリー、レイディーウィリアムス等など、りんご好きな私には天国です。特に私のお気に入りはピンクレイディー。(誰ですか?ペッパー警部歌ってる人!)ピンクレイディーはそのまま食べてもおいしいけれど、焼き菓子にもぴったりの品種です。甘いレッドデリシャスやふじはそのままで食べるのが一番だと思います。グラニースミスは料理用で有名ですが、私のように砂糖を使わない、自然の甘みで味をつけるクッキングには、グラニースミスよりピンクレイディーの方が甘みを多く足さなくても美味しく出来ると思います。オーストラリアのりんごについては、オーストラリアンアップルズのサイトで詳しく知ることができます。

アップルパイ

Imgp2591_small

材料(24cm型1枚分)

1カップはオーストラリアンサイズで250ccのもの。スプーンはテーブルスプーンとティースプーンで計ります。

  • 冷凍パイシート(パフペイストリー)---2枚
  • りんご(ピンクレイディーがベスト)---中5~6個(私はたっぷり入れるのが好き)
  • サルタナ(干し葡萄:バイオダイナミックが甘くて最高です)---1/2 cup
  • ピーカンナッツ---1/2 cup (手で縦に半分に割った後4つくらいに割る。包丁でチョップするより簡単です)
  • 自然塩---ひとつまみ
  • 葛粉(片栗粉、コーンフラワー、アロールートフラワーなどとろみを出すものなら何でも)---大さじ1
  • ヴァニラエッセンス---小さじ1
  • シナモンパウダー---小さじ1
  • ナツメグ---ひとつまみ
  • メープルシロップ---大さじ2
  • ライスシロップ(米飴)---大さじ山盛り3くらいかもっと

Imgp5867_small_2

お米を発酵させて、分解されたデンプンを漉して煮詰めて作ったのがライスシロップ(米飴)。ビタミンやミネラルなどの栄養素が残っています。 やさしくて懐かしい甘さで、砂糖の代りにどんどん使えます。

作り方

  1. 冷凍パイシートを冷凍庫から出し、一枚ずつテーブルに置いて解凍させる。
  2. フィリングを作る:大きなボウルに、りんごを4等分してから皮をむいて芯を取り、4mm程度のいちょう切りにしたものを入れる。そこに残りの材料を順番に入れていき良く混ぜ合わせる。寒いときはライスシロップが硬くなるので湯煎をしたりして取り出す。
  3. 型に薄く植物油を塗り完全に解凍したパイシートを1枚敷く。大きさが足りない時は少しずつ引っ張って伸ばす。シートを敷いたらフォークで穴を開けておく。
  4. フィリングを3に入れ、2枚目のパイシートを下の写真のように覆って閉じる。8つのタブを折り曲げると、素敵な模様になります。フォークを使って好きなように空気穴をあけ、閉じ口にも模様を付ける。
  5. 200℃に暖めておいたオーヴンでまず10分焼き、その後180℃に下げてさらに45分から1時間焼く。
  6. 熱々のさくさくにヴァニラアイスクリーム(やっぱりこれがないとね!)を添えて。

Imgp2544_small

Imgp5570_small

Imgp2555_small

正方形のパイシートを無駄なく使えてしかもかわいく見せることができます。これは全てのパイ料理に応用できます。

« マウント・グローリアスのピクニック&レインフォレストウォーキングとライダー御用達 峠の茶屋 | トップページ | ホームメード・ライムネード »

こども」カテゴリの記事

オーガニックのお菓子」カテゴリの記事

食材」カテゴリの記事

コメント

りんごです。
アップルパイには目がない私。
ロイヤルガラがおきにです。
ようこさんのアップルパイ絶品!!
ごちそうさまでしたあー。うふふ。
また、ミーティングしましょう!

はい!
りんごさんが一番にコメント入れるだろうって予想してましたよ。
下火の利くオーヴンはパイ焼きにいいですね。うちのはガスオーヴンですが、下火が弱くて・・・。明日は2週間ぶりのマーケットデイ。りんご買わなくちゃ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マウント・グローリアスのピクニック&レインフォレストウォーキングとライダー御用達 峠の茶屋 | トップページ | ホームメード・ライムネード »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ