« 私の手作り | トップページ | 春の声 »

ナッツフリー・チョコレート風味ミューズリー・バー

 オーストラリアの学校はお弁当持参が普通です。子供達が通う小学校にはタックショップという売店があって、火曜日と金曜日の11時と1時10分オープンします。欲しい子供は朝一でお金と一緒にオーダーします。タックショップで準備するのは全て父兄のヴォランティア。いつもマフィンなどのホームベイクの寄付を受け付けています。私も1、2度だけ焼いて持っていった事がありますが、娘が「お母さんのマフィンたくさん残ってたよー」と通報してくれました。アイシングがなかったのが敗因ですね。

 クラスでは子供同士のお弁当の交換は禁止されています。それからピーナッツアレルギーのこどもに配慮して、ナッツの入った食べ物を持ってくることも禁止です。命に関わるほど深刻なアレルギーを持つ生徒がいるためで、口にしなくても誰かの食べ溢しやおもちゃに付いたピーナッツに触れただけでも身体に異常がでるそうです。

 ピーナッツを始めとしてアーモンド、ピーカン、カシュー、ピスタチオ・・・木の実全てが禁止です。そこでナッツではなくシーズ、種を使ったお菓子を考えてみました。市販のミューズリーバー(またはシリアルバーあるいはエナジーバー)は手軽で子供(大人にも)にはとてもポピュラーです。でも毎日のランチボックスには高価だし、砂糖が多かったり(ファットフリーというのはちょっとトリッキー。まるで虫歯製造菓子です)するので、試しに自分で作ってみたら大成功。とても簡単です。もちろんナッツを入れたらさらに美味しいですけどね!噛み応えがあるので、子供の顎の発達にも良いと思います。

Imgp6428_small

ナッツフリー・チョコレート風味のミューズリー・バー(24本くらい)

材料

  • 胡麻------------------ 大さじ2
  • ひまわりの種-------------- 大さじ2
  • かぼちゃの種-------------- 大さじ2
  • 全粒粉-------------------- 3/4カップ
  • ココア--------------------- 大さじ3
  • ベーキングパウダー--------- 小さじ1/4
  • ロールドオーツ(押オート麦)--- 1と 1/2カップ
  • サルタナ(干し葡萄)--------- 1カップ
  • デイツ(なつめやし)---------- 1カップ
  • 豆乳---------------------- 3/4カップ
  • タヒニ(胡麻バター)---------- 大さじ2
  • 自然塩-------------------- 1つまみ

作り方

  1. オーヴンを180℃に暖めておく。
  2. 胡麻とひまわりとかぼちゃの種を鍋に入れ、中火で2-3分煎る。冷ましておく。
  3. ボウルに全粒粉、ココア、ベーキングパウダーを振るい、そこに2とロールドオーツ、サルタナを入れて混ぜる。
  4. フードプロセッサーに手で半分に割ったデイツ(種があれば取り去る)を入れ、豆乳とタヒニと塩を入れてなめらかになるまでプロセスする。
  5. 4の液を3に入れ、粉が見えなくなるまでさっくり混ぜ合わせる。
  6. ベーキングシートを敷いた天板に5を流し、1cmくらいの厚さにならす。
  7. 20分か良い色になるまでオーヴンで焼き、ラックに乗せて冷ます。
  8. 冷めたら切り分ける。

 ドライドフルーツはお好みで、アプリコットを入れても美味しいです。ロールドオーツの代わりに(または足して)ライスパフやその他のシリアルでも出来そうです。今度は朝食用シリアルの、スペルトやそばの実をパフしたもので作ってみようと思います。(オルダリーのSIMPLY GOOD で量り売りしています。)

追記とお詫び:パフされたものは水分の多いこのレシピには向かなかったのです。すみません。それから3番にロールドオーツが抜けていました。5年近く経って気がついたなんて、ほんとに頼りにならないブログです。

Imgp7187_small

オーガニックの全粒穀物 左からロールドオーツ、スペルト、そば

« 私の手作り | トップページ | 春の声 »

オーガニックのお菓子」カテゴリの記事

食材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の手作り | トップページ | 春の声 »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ