« シャツ、レコード、U2ライヴ・アット・レッド・ロックス | トップページ | 明日からホリデイ »

暑い暑い12月 ボニー・レイットとS&G

 ブリスベンは暑い暑い師走。

 ゲッコー(ヤモリ)が天井や壁を走り回りキャンキャン言ってます。小さいくせに大きな声で鳴くのです。ゲッコーは仲間同士で会話をするみたいです。

 トカゲも家の中をぴゅんぴゅん駆け抜けていきます。頼むから床に落し物しないでね。

 どこかでストームバードが 「ふーい、ふーい・・・」 と鳴いています。途中で音程が変わるのは勘弁して欲しい(薄気味悪いから)。

 キジも茂みに隠れて 「ほうほうほう、ほほほ」 と鳴いています。

 気がついたらせみも鳴き始め、あちこちで蜘蛛がストームにもめげずに巣を作っています。

Imgp3067   

 子供が学校を休んでいる時 、久しぶりに図書館へ行きました。ブックワーム(本の虫)の長女は大好きな Emily Rodda の分厚い本2冊(デルトーラ・クェストって日本で漫画になってるの知らなかったわ。え?アニメにもなってるの!?)。私はボニー・レイット (ウィキペディア/ Official Site ) のDVD 『 Road Tested 』 (このライヴ観たことなかったしCDでも聴いてなかった)と 『修羅雪姫 Lady Snow Blood 』(こんなものが公共図書館にあるとは!日本映画でおなじみのマッドマン。R指定です。タランティーノの 『キル・ビル』はこの映画にインスパイアされたとか)。それからマンネリ・クッキングを何とかせねばとマーサ・スチュワート・リヴィングとドナ・ヘイを何冊か。

51eermk8val__ss500_

 暑い季節には、ボニーのブルーズがぴったりと合うと思う。ファンキーで優しくて、たまにケルティックで、男性ファンが多いみたいだけど女性の私だって彼女の声とギターに癒されるの。ライブラリアンのおじさん(50代かな?)に差し出したら、「おお!ボニー・レイットは僕のお気に入りのアーティストの1人なんだよねえ!」とすごく嬉しそうでした。「私もボニーの大ファンなの。3、4年位前にティヴォリで演ったコンサートも素晴らしかったわ。あなたも行った?」 と訊いたら 「もちろん!コンサートには今まで2回行ったよ。君と僕はいい音楽の趣味をしているよ」 と褒められました。この中でトーキング・ヘッズの『バーニン・ダウン・ザ・ハウス』をカヴァーしてるのを発見。そうだ、デイヴィッドバーンがオーストラリアに来るって僕ちゃんが言ってたわ。しかも、しかも!ブライアン・イーノとのコラボレーションですって!ブリスベンは2月7日。もうチケット売り出してるって。行きたいなあ。

 先週の雨の日の午後、レコード鑑賞をしました。アルバムはサイモン&ガーファンクルの 『セントラル・パーク・コンサート』。レコード鑑賞です。片面20分ちょっとだから、四面聴き通す為には、ちゃんとステレオの前にいなくてはいけない。この作品はS&Gが1981年に再結成してニューヨークのセントラルパークで行った野外コンサートを収録したものです。私も当時この二枚組のレコードを買って感動して聴いていたファンの1人だったけど、彼もそうだったのか。推定するとだいたい私19歳、僕ちゃん16歳。そして二人がその時の倍以上の歳になって、一緒に雨の音を聴きながらそのレコードに針を落としているなんてね。

 大学の時友人の1人が、「雨の日はS&Gが聴きたくなるんだよね」 と言っていたのを思い出した。日本に残してきたS&Gのレコードが恋しいよう・・・。そういえば村上春樹さんが、S&Gのディジタルリマスター盤CDセットを買って聴いたら信じられないほどよい音だったとどこかのエッセイで書いていた。聴いてみたくなっちゃうじゃないか・・・。

51c69sj24bl__sl500_aa240_

 カラウォン(Currawong)が最近良く遊びに来ます。オーストラリアン・ネイティヴだそうで名前もアボリジニの言葉です。一見カラスみたいですが、おなかの下が白くて、お目目が可愛い。茶目っ気があるしぐさが大好き。

 ホリデイまであと一週間。

Imgp0826

Sany0498

咲き始めたフランジャパニと一緒におすまし

« シャツ、レコード、U2ライヴ・アット・レッド・ロックス | トップページ | 明日からホリデイ »

Bonnie Raitt」カテゴリの記事

Simon and Garfunkel」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おー、デイヴィッドが来るんだ!しかもイーノと!

うちのみかんもエミリーロッダの、The key to Rondoを読んでいます。

ボニー、今度聴いてみるね。

雨の日のレコード鑑賞、ロマンチックね。

りんごさん
デイヴィッドって呼んでいるのは何か特別な思い入れがありそうですね。確かにデイヴィッド・バーンはインテリジェントでクールでアーティスティックなバンドを作ったよね。久しぶりにトーキング・ヘッズ聴こうっと。『リメイン・イン・ライト』のレコードは日本の段ボール箱の中で眠っている・・・。sad

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャツ、レコード、U2ライヴ・アット・レッド・ロックス | トップページ | 明日からホリデイ »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ