« クリスマスまであと364日 | トップページ | ディップ&パンチのおもてなし »

今日はいつも新しい 年末年始大掃除 ガザの停戦を祈る

 新年明けましておめでとうございます。

 まず。

 いつも私の拙いつぶやきを、読みに訪れてくれるみなさまへ感謝の気持ちを。

 ありがとう。

 私の小さな幸せを誰かとシェアできたら嬉しいです。

 今年も多分相変わらずの私です。でもね、ちょっと変えたいと思っていることがあるのです。

 例年のように忙しいのを理由にだらだら時間を費やすのを止める。時間は作れるものだから。きちんと目標(出来れば週ごとに)を立てて生活すること。実はクウネル最新号の高橋みどりさんの 「今日はいつも新しい。」 にとても刺激を受けたばかりなのです。 「幸田文の生活学校。」 も興味深く読めたクウネルだった。いつもありがとクウネルくん。

Imgp3417

 最近常連のブッチャーバードの親子。ヒナ(左)がかわいい。

暑かったブリスベン

 ブリスベンの年末年始はうだるような暑さ(体温並みの気温)でした。汗っかきの私は手ぬぐい(オーストラリアのタオルは短すぎて)を首からかけておばさんのように(おばさんですが)過ごしていました。そう、我が家にはエアコンはありません。多分この辺りではエアコンがある家はプールを持っている家よりも少ないのではないかな(うちにはプールさえありませんが)。限界を感じたら水シャワーを浴びにお風呂場へ。子供たちは水鉄砲を抱えて一日中水着で走り回ってるのです。元気だね。

 今日は一日雨降り。長袖、長ズボン、靴下履きです。風邪引かないようにね。

年末年始大掃除

 年末年始、我が家は驚くべきことが起こっています。大掃除です。そしてまだ進行中です。

 大晦日にはまず子供部屋を徹底的に片付けました。彼らの机の下に置く引き出し(プラスティックですが)を購入したのを機会に、モノで溢れている子供部屋の大オペレーションを始めちゃったのです。はっきり言って彼らは親よりもモノを持っていますね。本、文房具、学校のテキストや学習帳、服(これは未だノータッチ)、おもちゃ&がらくた(ほとんどが頂き物)・・・。定期的にスキャンしていかないと、とんでもないことになってしまいます(なってましたが)。それまで乗り気じゃなかった子供たちも、今回 「要るもの・要らないもの」 で分けていくスキルがわかってきたようで、一気に片付いていくのが面白くて仕方がなかったみたい。午前中から始めて夕方まで、扇風機を廻し、母と娘達は汗だくになって片付けたのでありました。

 その合間に僕ちゃんは子供部屋の空きスペースにぴったりの本棚を作ってくれました(ものの1時間!)。ストームで被災した親の家のカーシェッドで使われていた棚板を再利用したものです。これはブリスベン中探したって見つからない素晴らしい本棚だよ(くまちゃんとあひるさんは僕ちゃんの昔可愛がってた、母親の手作りの編みぐるみ)。

Imgp3514

 昨日はラウンジルームのステレオ周りの片付け。これを始めたのは僕ちゃんだった。いい感じに片付いたね。もう散らかすんじゃないよ・・・って誰に言ってるんだ?

 レコードコレクションから、キャット・スティーヴンス(ウィキペディア)のグレイテスト・ヒッツ、プリテンダーズ(OnGen)(やっぱりクリッシー・ハインドはかっこいい!昔コンサートにも行ったっけ)のラーニング・トゥ・クロールに針を落として。

31x9nlgtoml__sl500_aa240_ 41wzsn8fk1l__sl500_aa240_

 ↑これは「ムーンシャドウ」や「ピーストレイン(10,000マニアックスもカヴァーしたね)」等など素敵な歌が入ってるキャット・スティーヴンスの名作アルバム。 

 今日はいつも新しい。だから大切にしなくては。

餅つき

 元旦にお餅をつきました。かねてからやってみたいと思っていた、ブレッドマシーン餅つきを。

 結果。今年で11年になるブレッドマシーン(パナソニック社)には力が足りなすぎたみたい。少しつきあがったところで一度停めたら、次には動いてくれなくなちゃった!壊れていないといいけれど。でも半つきのお餅は好評で、今日は焼いて磯辺巻きにしてみました。次は石臼でも探してみるか・・・。

ガザの停戦を祈る

 昨日、ガザ地区即時停戦を世界の指導者に呼びかける国際署名を見つけてサインをしました。

      x

      x

      x

      x

 動画はエディー・リーダーの唄う 『ドルフィンズ』。 若き日のボブ・ディランにも大きな影響を与えたというフレッド・ニールが1967年に発表した曲です。フレッド・ニールとエディー・リーダーのことは以前にも書いたことがありますね。

   

”ドルフィンズ”  フレッド・ニール

私は時々土曜日の子供のことを考える
そして私達がワイルドに駆け回っていた頃のことも

私は海でイルカを探し続けている 
そして時々あなたは私のことを考えてくれてるだろうかと思う

この世界は決して変わらないかもしれない
そして全ての戦争の道も元に戻らないかもしれない

私はこんなことを言える世界にひとりだけの人間じゃない
この世界がどうやってうまくやっていけるかってことを
でも私のわかっていることは 
憎しみがなくなる時に平和が来るということ 

この世界は決して変わらないのかもしれない 

                                                     対訳:ヨーコ

« クリスマスまであと364日 | トップページ | ディップ&パンチのおもてなし »

Cat Stevens」カテゴリの記事

Eddi Reader」カテゴリの記事

Fred Neil」カテゴリの記事

Pretenders」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

平和と愛と」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスまであと364日 | トップページ | ディップ&パンチのおもてなし »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ