« 昔住んだ町:車道・筒井町界隈 | トップページ | 美(うま)し国、三重へ。 »

みんなちがって、みんないい。 

わたしと小鳥と鈴と  

 

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(じべた)を速くは走れない。  

 

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と、小鳥と、それから私、 
みんなちがって、みんないい。

   金子みすゞ [1903-1929] の詩。

 「にほんごであそぼ」でコニたんが歌ってた。
 とても美しい詩とメロディー。
 コニたんの声もやさしくていい。
 僕ちゃんギターをとりだして、ピッピもロッタも歌ってる。

« 昔住んだ町:車道・筒井町界隈 | トップページ | 美(うま)し国、三重へ。 »

ひとりごと」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

金子みすゞ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔住んだ町:車道・筒井町界隈 | トップページ | 美(うま)し国、三重へ。 »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ