« 夢の日本。 | トップページ | Mosaic アートとクラフト、ジュエリーの展覧会 »

遠近両用デビューとAi Shah展とマーティン・ヘイズ

P1020502 

 ついに遠近両用デビュー。

 私好みの紫色。フレームの下の部分がクリアになってて教育ママ風?鼻の当るところがメタルフレームにあるような可動式のが付いているのでかけ具合がとてもいい。

 
 遠近両用は、レンズ上部が遠くを見るため(度が強い)、下部が近くを見るため(度が弱い)に加工されている。ひと昔前の明らかに遠近両用レンズではなく、外からの見た目は全く普通の眼鏡と変わらないんだよね。買ったのはJINS

 かけ初めは慣れが必要ということは知っていたが確かに怖い。かけたまま歩いたり(階段は危険)きょろきょろしたりすると、てきめんに気分が悪くなってきてしまう。せっかくの新しい眼鏡なのにしばらくお預けだったのだが、この2、3週間、室内で使用するようにしていたらようやく慣れてきた。そういうわけで、もう買い物の時とかパッケージの細かい字を読むのに、眼鏡をずらして「私老眼ですの」しなくてよくなった。食事も何を食べているのか良くわかるようになった(笑)。

 現在遠近両用、運転用(散歩用)、パソコン・読書用(度の低い古い眼鏡)、度入りサングラスと4本もの眼鏡を使い分けている。ああ、まったく。娘達には眼鏡のお世話になってほしくないものだ。僕ちゃんは視力がとんでもなくいいから多分大丈夫だろうと思う。でもそんな彼も今年老眼鏡(薬局の)デビュー。それはもう快適だそうだ。

 来月マウントクーサのボタニックガーデンでグループ展があるので忙しい毎日だ。きちんとした詳細はまた今度に。僕ちゃんの誕生日ももうすぐ。もう1年巡ってきた?!今年もシャツ作らなきゃ。

 しかしあと5週間で夏休みだなんて。もう来年のことを考える人がいたので驚いたが、自分が考えていないのを知ってまた驚いた。。。だって今月忙しすぎる。。。

Ai_shah_invite_2

 Kazuyo's Collectionで最近知り合った、ブリスベン在住日本人新鋭アーティストAi Shahさんの展覧会が今パディントンのKilnギャラリーで開催されている。金曜日はオープニング・イヴェントがあり友達と家族を引き連れて行って来た。印刷されたカードの作品を見ただけでとにかく実物を観てみたい!と思わずにはいられなかったのである。そんなアートに会うことは久しぶりだったし、彼女が絵筆を持ち始めたのが最近のことだという話を聞いたからなおさらだった。

P1020429_2

  実物を前にした時はもう絵の中に吸い込まれそうだった。手前の絵はサンシャインコーストのエランダポイント。カサラバ湖畔はうちのお気に入りのキャンピングスポット。私はこの絵が一番気に入った。彼女はほんとうに空気や水を表現することに魅了されている。他の絵はここで観られます。ええっ?ほとんど完売?!おめでとうアイさん!

P1020424

Ai Shahさんの展覧会は11月29日(日)まで。
Kilnギャラリーは元消防署だった建物を改装してあるユニークな画廊。

KILN Gallery 150 Enoggera Tce Paddington
(Latrobe Tce とのコーナー)
Phone: 3876 6903 / 0410 476 371

P1020417

 
 最近のお気に入り、マーティン・ヘイズとデニス・カヒル

 日本公演間近だそうだ。いいな。名古屋は長久手文化の家アイリッシュ・デイズというイヴェントでは、ピーター・バラカン氏のトークもあったって。みんな(ともだち)行ったかな?オーストラリア公演はないの?

 スローでスムーズ、霧がかかったようなフィドルに、シンプルで美しく、時には斬新なギターが絡む叙情的なサウンド。一度聴いただけで虜になってしまった。と言うのも、半年くらい前にABCのClassic Driveで流れてきた時に彼らを知ったばかりなのだ。名前はずっと知ってたけど耳にするのは初めてだったとは迂闊!悔しいのでAmazon USのマーケットプレイスでCD5枚まとめ買いに走る。でも安くて助かる。

 このヴィデオもGoodです(途中で音と映像が離れてしまうのだけど)。

 

« 夢の日本。 | トップページ | Mosaic アートとクラフト、ジュエリーの展覧会 »

Martin Hayes」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

アート、クラフト&ソーイング」カテゴリの記事

コメント

Aiさんの作品、HPで見ただけですが写真みたい!

営業時間調べて週末見学するぞ~

Pandy さん
アイさんは、いま絵を描くのが楽しくて楽しくて仕方がないとおっしゃってました。
素敵ですよね。

yokoさん、こんばんは。
昨日aiさんの作品を見てきました。ため息がでますね。。
ブログでも紹介をしたのですが、yokoさんのように上手に言葉が出てきません~。

yokoさんのグループ展、是非とも行きますので
詳細がわかり次第教えてくださいね。

アートの世界、いいなぁ。

何をおっしゃるPandyさん。
私なんて全然気の利いた文章書いてませんよう。

Kilnギャラリーは敷居が高くなくて気軽に良質なアートと親しめる雰囲気が良いですよね。オーナーのダニエル(羊男の作者)にこの間会いましたが、とってもフレンドリーで気さくな女性です。

オーナーにお会いしたんですね!!きゃー~
彼女の世界は私の世界に通じるものが。。
いいなぁ、いいなぁ。

kiLNギャラリーこれから通い始めます!

ダニエルのブログも見た?
http://www.kilnbrisbane.blogspot.com/
いい雰囲気ですよね。
私はギャラリーが出来たころ一度行ったっきりだったので、これからちょくちょく足を運んでいきたいです。

pandyさん
上のリンクはダニエルのビジネスブログだった。
↓こっちのファミリーのブログのほうです。
http://oskarsliam.blogspot.com/
かわいいオスカー君(彼にも会ったよ)でいっぱいだ。
「羊男」の製作風景もあるね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢の日本。 | トップページ | Mosaic アートとクラフト、ジュエリーの展覧会 »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ