« BOTANIQUE BAZAAR | トップページ | 原発のない日本へ!宣言文を菅首相へ送ろう »

ムラサキツユクサ、高木学校、みやぎびっきこども基金

 露草(Day Flower/Commelina)が好きだ。裏庭のあちこちでひっそりとたくましく可憐に生きている姿をとても美しいと思う。僕ちゃんも芝刈りのときは気をつけて切ってしまわないようにしてくれるのが嬉しい。今日描いた一枚。

Day_flower_11

 この露草とは少し違う、ムラサキツユクサという植物が、原発のある地域に植えられて放射能の影響を調べるために役に立っているということを知ったのは、鶴田静さんの著書「ベジタリアン・ライフ・ノート 地球のリズムで生きてみる」(1988年文化出版局)だった。 (現在は文庫化されて、「気持ちのいい生活 地球のリズムで生きてみる」 と改題されています)

 日本では1974年から浜岡原発周辺で観察が始められ、以来全国各地で行われているそうだ。ムラサキツユクサのおしべに青紫色の短い毛がたくさんあって、多数の丸い細胞からできていて、その細胞が分裂するのを観測するのだが、放射能を浴びて染色体に異常が生じると、青紫がピンク色になるのだそうだ(鶴田静さんの本から一部抜粋)。

 そして今日このムラサキツユクサの研究で世界的に有名な放射線遺伝学者市川定夫さんのことを知った。今福島原発付近のムラサキツユクサはどうなっているだろう。まだ寒くて花の時期には早いのだろうか。

 それからもうひとり。元放射線医学総合研究所主任研究官・医学博士崎山比早子さんのことを最近知ったばかりで、調べていたら見つけた動画。 被ばく 放射能について詳しく知ることが出来た。72分ほど。その中で紹介されていた彼女が関わってるサイトも興味深い。やっぱりメディアの報道は鵜呑みに出来ない。

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 持続可能な社会をめざして・・・

よくわかる原子力 キッズページ

なぜ原発は推進されるのか

原子力防災について ーヨウ素剤 Q & Aー

 さらに、崎山さんのいらっしゃる高木学校の存在も知った。こんな素晴らしい学校があったのだ。

 高木学校とは、

原子力資料情報室前代表・故高木仁三郎は1997年12月、プルトニウム利用の危険性を世界に広く知らせた科学的・社会的貢献によりライト・ライブリフッド賞を受賞しました。  

この賞は、平和や人権、環境など人類が今日直面する課題の解決に力を尽くした個人や団体に与えられるもので別名「もう一つのノーベル賞(Alternative Nobel Prize)と呼ばれています。その賞金と多くの方々の支援をもとに、市民の立場から問題に取組むことのできるオルターナティブな科学、「市民科学者」を育成したいという思いをこめて、「高木学校」の創立を呼びかけました。これに応えて全国から多くの人々が集い、1998年に「高木学校」がスタートしました。

「オルターナティブな科学者」とは

●現代社会の直面する環境、核、人権などの問題について、市民が抱く不安や憂慮を共有し、市民の視線でものごとを考えることのできる人

●実際に非政府組織(NGO)などと連携して研究、活動ができる人

●地球市民の時代にふさわしい国際性をもつ人 であると私たちは考えています。

 サイトより転載。

 強く、強く共感する。それからもうひとつ崎山さんのインタヴュー。

市民科学者をめざす崎山 比早子さん だっておかしいじゃないですか (つながる/ひろがる/フェミジャーナルふぇみん3/15より)ネットで全部読ませてもらえないのが残念。

 

 さて、数日前からおっかなびっくりツイッターを始めた。鶴田静さんがエドとふたりで建てた房総半島のおうちが心配で、安否が知りたくて見つけた彼女のツイッター。和合亮一さんもフォローしたいし。。。ええい、入ってしまえ!まだ使いこなせてないけれど、これは画期的なコミュニケーションのツールだと思う。共通の思いを持つ人々と瞬時に繋がることができるので、心の支えになるし(自分からつぶやくことはまだしないけど)、フォローしたい人々から、たくさんの希望を乗せたポジティヴなツイートをシェアできるのがいい。これは坂本龍一さんから。候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会

 最近友人(本の会に感謝!)から借りて読んだ本、アレックス・カー(公式サイト / ちいおりトラスト / ウィキペディア)著”「日本ブランド」で行こう”(2003年 発行・ウェイツ)が興味深かった。彼は「日本にはブレーキが欠けている」と言う。   

ーー経済発展だけが豊かさの中身だという偏りは、どのへんから来ているとお考えですか。

カー 「それは教育制度もかかわってくると思うんだけど、日本には残念ながら一つの国策みたいなものが決まってしまうと、そのままズーッと突き進んでしまう。日本という国は素晴しい機械だけど、一つだけ部品が欠けている。つまりブレーキです(笑)。

 学校制度も原因の一つだと思いますが、結局国民は、政治とか、特に役所のやっていることに対して深入りしない。官僚には、公表する義務もなければ、もちろん論議もない。誰も全部を見届けることができない。つまり幕の裏でやっているので、ついとめどもなく、何かが決まったらバーッと走ってしまうんですね。」

 いまこそがそのブレーキを取り付ける時なのだと思う。有権者は私達に与えられた民主主義の権利として政治に参加していくのが当然だ。私たちの子供たちの、そのまた子供たちの未来のためにも。

 さて金曜日夜、ルカ・ブルームのコンサートでこころのリセットをして来た。一緒に行ったコンサート初体験の子供たちは、案の定途中で眠ってしまったけど(朝7時半まで眠らせておいたんだけど駄目だったか)、また行きたいらしい。会場にいた女性のひとりが、「せっかくいいコンサートだったのに眠っちゃうなんて残念ね」と子供たちに話しかけたけど、ちょっとやさしくないなと思った。だって彼女たちは十分音楽を楽しんだのだ。ルカの生の声とギターで眠れたなんて、なんて幸せな子供たちだと私たちは思う。

 ルカの曲を貼ろうかなと思ったけど、彼がコンサートで歌った故ミホウル・オ・ドーナルに捧げた Lord Franklin を。実は私は彼が他界していたことを今の今まで知らなかったので(!)少しショックだった。ミホウル・オ・ドーナルが在籍していたボシー・バンド (The Bothy Band)、それに後のナイトノイズは大好きで本当によく聴いてきていたのだ。ナイトノイズで思い出して遊佐未森さんのサイトに行ってみたら、ダブリンでアヌーナ他アイリッシュ・ミュージシャンが日本の救済コンサートを開くという知らせが載っていた。ナイトノイズのメンバーが彼女に知らせてくれたらしい。というのも未森さんはナイトノイズの大ファンで、過去に自身のアルバムにゲスト参加してもらっているから。そして彼女は仙台出身なのだ。

 不思議なことに、彼女と私の共通点はジェーン・シベリーの熱烈なファンということでも繋がっている。しかも誕生日が同じ(彼女は一つ下)。昔お店のお客さんに私がソラミミ楽団(遊佐未森の)のメンバーの一人にそっくりだと聞かされたこともあったっけな。誰だろう?

 未森さんのサイトから知った「みやぎびっきこども基金」のことを書いておこうと思う。

住む家や生活の基盤はもちろんのこと、 父親、母親、一家の働き手を失ってしまった子どもたちが 夢をあきらめることのないように、 一時的にではなく、長期的に援助していくべく、 「びっきこども基金」を設立いたします。

 代表はさとう宗幸さん。みやぎびっきの会というのは宮城のミュージシャン(遊佐未森、かの香織、稲垣純一、中村雅俊ほか)が、将来ある子供たちのために行ってきたチャリティー・コンサート活動のことだそう。このこども基金は各県の教育委員会を通じて、宮城県だけに留まらず、東日本大震災で被災した子供たちの教育に役立てられるということだ。 

 今日はリンクだらけで、あっち行ったりこっち行ったりになってしまった。右脳と左脳が右往左往の毎日だけど、世界のみんなの愛が日本を包んでいると想像して、今日も一日ありがとうと感謝したい。

51d3itnts6l__sl500_aa300_

 ミホウル・オ・ドーナル「ロード・フランクリン」

 このYouTubeの曲は多分ボシー・バンドのフィドラー、ケヴィン・バークと一緒に作った79年のアルバム Promenade のヴァージョンじゃないかと思う。ロード・フランクリンは19世紀半ば、カナダの海で遭難した探検家だそうだ。

 ミホウルさんへ合掌。

« BOTANIQUE BAZAAR | トップページ | 原発のない日本へ!宣言文を菅首相へ送ろう »

Bothy Band」カテゴリの記事

Luka Bloom」カテゴリの記事

Micheál O'Domhnaill」カテゴリの記事

Nightnoise」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree」カテゴリの記事

鶴田静」カテゴリの記事

コメント

yokoさん、こんにちは。
絵の露草をみていて、小さな頃を思い出しました。
露草も、シロツメクサも、ただそこに咲いていて
誰にも手にかけてもらわないけれど、強く美しくさいていて
いつも目にとまります。
あの青さが生まれるここが大好きだなとおもいます。

なるほど、ムラサキツユクサをつかう研究があったのですね。
何千年以上たってやっと半減期という放射物質のことを思うと
とても胸が痛いです。

nightnoiseを調べてみて、聴いてみました。
なんて素敵な曲なんだろう。
空気がおいしくなりそうです ^^
目を閉じると色々な世界に連れて行ってくれる音楽の魔法。はぁ。ため息です。
少し前に、how to train your dragonというアニメをみました。
その時に、ドラゴンと心が通う場面の音楽がとても心にきゅーん!ときて
その感じにも似ていました。
素敵な出会いをどうもありがとうございます。

そして、私もパリステキサス好きです。
男の子がママとパパのビーチでの映像を見ている時に
すこしずつ、距離を縮めていって、終わった時に隣りにいたシーンが大好きです。

パニモさん

お早うございます。
雨上がりのひんやりとした秋らしい朝、いかがお過ごしですか。
イマジネーションをかきたてる音楽は人生になくてはならないものですね。
ライ・クーダーのパリテキサスのサントラ盤も何度繰り返し聴いたことか。
今度ナイトノイズを聴きながらお茶でもしましょう。
「Shuan」 ミホウルのオリジナル曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=eZq6Nbw75Xw&feature=related

おはようございます。
こちらは雨です。
高木氏が作った原子力情報室はなぜか今回は沈黙しています。サイトでもニュースにはアクセスできません。今や変質してしまったのでしょうか。
高木氏が存命ならこういうことはなかったと思います。
きのう斉藤和義さんの「ずっとウソだった」を聞きました。
メッセージソングさえ珍しい日本のミュージックシーンに於いて、ストレートなプロテストソングです。
http://www.youtube.com/watch?v=FZ2-vE6PqAg
忌野清志郎さんを継ぐ若者が現れました。
チャリティーさえ動きが鈍かった日本の芸能界音楽界。反原発反核に理屈は不要だと思います。
私たちが立ち上がらないから音楽界が立ち上がらないのか。音楽界が立ち上がらないから私たちが立ち上がらないのか。
私たち日本人は反核を世界に訴えるべきなのに、どうしてこういう有様なんでしょうか。

suikaさん

まだ余震が続いているようですね。
新たな女川原発の事故でまた血の気が引きそうです。
そちらは大丈夫ですか?

>高木氏が作った原子力情報室はなぜか今回は沈黙しています。
故高木氏は原子力資料情報室の前代表だと高木学校のサイトにでていましたが。
原子力情報室というのもあるんですか?

>きのう斉藤和義さんの「ずっとウソだった」を聞きました。
私も友人からの知らせで昨日聴きました。
その時は誰だかわからなかったのですが、suikaさんの今日のミクシイで知りました。
坂本龍一さんは2日前にツイートしてました。
その時は彼も誰だか知らなかったのではと思います。
でもミクシイのニュースの日記にしている人々を見てみると、意外なほど非難が多くて驚きました。
もしかして操作してるんでしょうか?
私は、アーティストはこれでなくては!と思いましたね。
彼の勇気をとにかく称えたい。
他のミュージシャンや俳優も彼に続いて欲しいと思います。
原子力資料情報室のユーストリーム動画(4月3日)で孫正義さんの今後の原発に対する考え(国民が決めるべき)に共感しました。

Yokoさんの露草すてきですね。こちらでもよく露草のような花を見ますね。ああいう小さい花を見ると癒されます。

>高木氏が作った原子力情報室はなぜか今回は沈黙しています。
故高木氏は原子力資料情報室の前代表だと高木学校のサイトにでていましたが。
原子力情報室というのもあるんですか?

横からですみませんが、原子力資料情報室は高木仁三郎さんが設立したもので、今も非常に活発に活動しています。http://cnic.jp/takagi/life/index.html
原子力情報室というのはちょっとわかりませんが。

斉藤和義の唄、私も聴きました。こういうことを歌ったり、デモに行くだけでも、大変なんですよね日本って。意見を表明しただけなのに、和を崩したことってなってしまう。日本では、反体制派に見られると、社会的なマイナスが大きいから、多くの人はそれを恐れているんだろうなと思います。

そんな中、ソフトバンクの孫さんもすごいですね。私もustream中継見ました。
残念なこともあるけれど、いい流れも確実にありますね。

そうです。原子力資料情報室です。
高木氏が存命だったら、もっとこの危機を日本と世界に発信していたと思います。メディアへの露出が少ないと思います。
私は高木氏を通じて原発問題や原発ジプシーを知りました。
ムラサキツユクサを手に入れようと思っています。

aromariposaさん

昨日aromariposaさんが教えてくれた、ETV特集「原発災害の地にて~対談 玄侑宗久・吉岡忍」http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=bpD4an0Yfmsで、初めて汚染地区の映像を目の当たりにして、取り返しの付かないことをしてしまったという悲しみと悔しさでいっぱいになってしまいました。

このプロテストソングを受け容れない人は、まだ人間は自然を支配できるとででも思っているのかもしれません。
>残念なこともあるけれど、いい流れも確実にありますね。
希望を持ちつづけます。

suika さん

おっしゃるとおりですね。
オルタナティヴな科学者たちが立ち上がって世界に訴えてくれたらこれほど心強いことはないですよね。
私は今回の事故で初めて原子力資料情報室を知り、自分がずっと反核の姿勢でありながら結局何もせずに黙ってきたことを深く悔やみました。
人間はなんて弱くて愚かなんだろう。でも自分を責めたところで何もよいことはない。
今からでもできることはあると信じます。
自然と共存しなければ、私たちの未来はないのですから。

yokoさんの描かれたムラサキツユクサ、一目惚れしました。。

本の会、素敵なアイデアですね!!
早速、種から森へさんへメールの問い合わせをしてみました。

今日で地震から一ヶ月経つんですって。
福島あたりではまた大きな地震がありました。
日本が怯えているような気持ちがして、辛くなりました。

yokoさん、

大変興味深く拝見しました。
すごい情報量ですね。

それに、ムラサキツユクサの生命力を感じるいい絵です。
(家では犬がアレルギーを起こすので抜いてしまうのですが。。)

ひまわりもそうらしいのですが、
人間に出来ない事を植物がしてくれるのではないかと期待してしまいます。

Pandyさん

今日絵を搬入してきました。明日からアート・バザー始まります。
私の描いたのは普通の露草で紫露草とは花は似ているけれど、葉っぱの形が随分異なります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AF%E3%82%B5
露草は雑草だけど、ムラサキツユクサは観賞用にも良さそうですね。
余震がずっと続いてて日本の人々を何と慰めていいのかわかりません。
Pandyさんの実家は大丈夫ですか?

アート・バザー、
木曜か金曜に仕事を早めに終えて行きたいと思います!

明日、早速チームリーダーに聞いてみますね★

残業時間だいぶたまっているのです。

昨日妹に連絡をしました。実家は無事のようです。

今日も余震がありましたね。weep私だったら神経が参ってしまいそうです。。
容子さんのご家族は大丈夫ですか。

ムッチーさん

最初から一番恐れていたのは政府の情報隠し、責任逃れでした。
私たちが必要なのは気づくこと、知ることですよね。
なのに政府は今度は情報のコントロールをしようとしている。
これから先私たちが背負っていかねばならないいろいろのことを、「想定外」の言葉で片付けられるのではと暗い気持ちになりそうです。

>(家では犬がアレルギーを起こすので抜いてしまうのですが。。)
トンカはアレルギーないみたいです。今のところ。

Pandyさん

ご家族は大丈夫と聞いて安心しました。
私の実家の名古屋は全く普通だそうです。
もしアートバザー来れそうだったら、連絡ください。
私も時間に合わせて会場に行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BOTANIQUE BAZAAR | トップページ | 原発のない日本へ!宣言文を菅首相へ送ろう »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ