« 清志郎は今も生きている | トップページ | 海よ、私を飲み込んで »

紫蘇の実佃煮 / 海へ行った日

 数日前近所に住む日本人のお友達から、佃煮にしたらいいよと紫蘇の実を袋いっぱいいただいた。紫蘇の穂から実を取り出すのは結構面白いのだが、思いのほか時間がかかった。指を真っ黒にしながら、「猫の恩返し」(レンタルはよくないね。傷だらけでまともに再生できない)を観ながら2時間くらいかかっただろうか。強い香りに頭がくらくらしそうだった。

P1090337_2  
 

 お醤油を全て使いきり(ファンディーズの量り売りで今度忘れずに買ってこなくちゃ。瓶入りよりも格安で手に入るのはうれしい)、お水とライスシロップ、ちょっぴりのお砂糖を足して煮汁がなくなるまで煮た。オーガニック佃煮。だけど贅沢じゃないぞ。う~ん美味。

 家族のみんなは私が紫蘇をおいしそうに食べているのを見ては顔を引きつらせるけどね。でも生姜付けと共に、これは私の冷蔵庫の中の小確幸なんだ。食べる度にしみじみと日本を想う。

P1090343_2  
 

 久しぶりに晴天の木曜日。久しぶりに釣りに行こう。僕ちゃんは早朝からボートの準備。犬の散歩で通りがかった見知らぬ女性が、「あ~ホリデイ・シャツ、あ~フィッシング、よいホリデイをね」と声をかけてくれたそうだ。いつも思うことだけど、オーストラリアの人々はほんとうにユーモアのセンスに長けている。時と場所を選ばずに、出会いがしらで相互にいい雰囲気を作ってしまえる温かいハートがあるのだ。さて行き先はブライビー島。そうだ、あのリヴァース事故以来。まだぶつけた所は修理してない。

 橋を渡ってすぐ左折。ボートランプがある Sylvan Beach

Imgp1582_2

Imgp1575_2

 ボートランプ付近で釣りをする人々も良く見かける。このおじさんは釣り道具搭載の三輪自転車で来ていた(この辺りでなぜか人々がよく乗っているのをみかけた。レンタル?)。

Imgp1583_2

 オーストラリアでは自然保護のために釣り上げられる魚のサイズや数が州ごとに定められている。週末やホリデイ期間は結構水の上を取り締まりの船が行き来しているのだ。釣った魚だけではなく、ボートの免許、ライフジャケットの有無、乗員数の違反などないかを調べられる。違反した場合は罰金。クィーンズランド州は無料で釣りができるが、お隣のニュー・サウス・ウェールズ州ではお金を払って釣り許可証をもらわなくてはならない。

 そういうことなので、結構釣った魚を海に戻すということはよくある。1時間くらい船に乗ってた頃、釣れた魚のサイズを調べるためにフィッシング手帳を開いたら瞬く間に船酔いしてしまった。すぐさま陸に降ろしてもらって、私とピッピはビーチの木陰と日向のちょうどいい場所でピクニック。ほんとはこれが一番の楽しみであったりする。熱い番茶をすすりながら読書と昼寝付き。ぽかぽかと膝から下をお日さまに暖められて、まるで温泉気分だった。思いがけぬネイチャーズ・ギフトを満喫。

Imgp1600

 
 ボートランプ横にあるフィッシュ&チップス屋で熱々揚げたてのチップスを食べるのがお約束。一抱えのチップスがなんと2ドル。ピッピが私と船を下りた一番の理由がこれ。魚は買わない。潮の香りと一緒にチップスを食べる。夕飯の魚を待ちながら。

Imgp1602
 Imgp1622 
 

 三輪おじさんが帰っていった。なんだか楽しそうな後姿。釣れたのかな?

Imgp1606

Imgp1605

 
 ピッピのリップ・スティック乗り。

Imgp1610  
 

 ビーチに来ている家族は赤ちゃん用に簡易テントを設置。女の子達は自転車乗りとスイミング。お父さんは網でつり餌を獲っていたようだ。
Imgp1613

 ジムナスト・ロッタの逆立ちでござい。
Imgp1617

 ちびっ子自転車隊のお通りだい。人々の数だけそれぞれのホリデイの楽しみ方がある。

Imgp1616

 
 私たちがピクニックした場所が気に入らないらしく、この鳥(ノイジーマイナー Noisy Miner)にずっと嫌われていた。どうもこの木の上に巣があるみたいで何度も威嚇された。ごめんね。しかし君、こんなに木登りが上手いとは知らなかったよ。

Imgp1632

Imgp1633

Imgp1636

Imgp1642

 
 向こうに見えるのはグラス・ハウス・マウンテンズ(Glass House Mountains)。さて肝心のキャッチ・オブ・ザ・デイはというと、中くらいの魚が2匹(大物を逃がしてしまったというのはよくある話)。でもお刺身美味しかった。

Imgp1645

 Happy Easter!

« 清志郎は今も生きている | トップページ | 海よ、私を飲み込んで »

手作りを味わう」カテゴリの記事

海、川、湖」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

で、何が釣れたの?

suikaさん

調べるのを怠けてすみません。sweat02
釣れたのはきす (Whiting)と Long Tom という魚。 
http://www.sea-ex.com/fishphotos/longtom.htm 
日本ではだつと呼ばれるのかな。
http://www.izugurashi.com/sakana/datsu/datsu.html
やたら長くて(40cm以上あった)、骨がほねでした。でも美味しかったです。
実は昨日も僕ちゃんと娘が行ってきて、ヒラメ (Sole Fish) 2匹ときすを4匹釣って来ました。
ぺトロール代(車+ボート)を考えると決して安くはないけれど、まあ休暇の愉しみということで。fish

それはよかったですね。
でもダツは危ないんで気をつけて下さい。
似た魚でヤガラ(アカヤガラ)ってのがいるんですが、この魚は美味しいです。
砂浜みたいだからカレイもいるんじゃないでしょうか。季節的には秋口から春なんだけど。

suika さん

危ないそうですね。調べてて初めて知りました。 
確かにすごい歯を持ってました。
釣り上げた後、きすと一緒にしたらいきなり噛み付いていったそうです。sweat02

歯とかとげも危ないけど、くちばしが要注意です。
飛び込んできて、足の動脈を切られて失血死した漁師もいます。
サーフからは、あまり釣れないんだけど、珍しいことですね。

suikaさん

>飛び込んできて、足の動脈を切られて失血死した漁師もいます。
怖いですね。
前にも一度釣れたらしいんですが、食べたことないし放したそうです。
で今回も決して捕まえたくなかったんですが、釣り針が外せなくて(そりゃそうだ)しかたなく持ってきたんですって。

こっちの海はきれいそうに見えますが、2年ほど前にサンシャイン・コーストのヌーサ・リヴァー(よくキャンピングに行くところなんですよねsweat02)では大量の奇形魚(頭が2つある)が見つかったりしています。付近のマカダミアナッツ農園で使う農薬がたくさん川に流れ込んでいるからだそうです。ほんとに悲しくなりますね。
http://www.abc.net.au/news/stories/2009/01/12/2463806.htm

リンク見ました。
成魚じゃなく卵なんですね。
通常農薬の被害なら死滅するはずなんですが、特別な農薬なんでしょうか。少し疑問に思いました。
でも地球上どこでも汚染の心配があるんでしょうね。

ところでyokoちゃんは逆光が好きなんですね。
私は上手く撮れません。

suikaさん

ホリデイ明けて寒い雨のブリスベンです。
新聞によると農薬はアメリカでは既に使用禁止になっているものらしいです。

そうです逆光大好き。
この海に行った日の写真は全部ペンタックスのウォータープルーフで丈夫なコンデジOptio で撮りました。
終わりの2枚は、日の出モードでシャッターを押しただけなんですが。

マクロで船を入れて撮れるぐらい近寄らせてくれるんですね。この鳥ちゃん。

これズームです。しかも船が写ってるのも狙ったわけではなく偶然(ほんとに)。
そういう面白さも機敏なコンパクトカメラならではかも。coldsweats01

書いてからマクロじゃないって気づきました。sweat01
お日様モードとかあるの?
オレのはシンプルだから光学ズームも付いてません。

suikaさん

すみません。dash
今日上のコメントをスパムコメントの中から見つけました。
どうしてでしょうね?

>お日様モードとかあるの?
日の出モードじゃなくて、夕景モードでした。
他に、夜景、風景、花、ポートレート、海中、海雪山、スポーツ、ペット、キャンドルライト、キッズ、花火、料理、テキスト、美術館、美肌・・・とか色々選べます。
柳生真吾さんがリコーでいい写真撮ってますよね。
昔読んだ記事・・・、あったあった。
http://doraku.asahi.com/kiwameru/camera/090511.html
今偶然見つけた!ポリスのアンディー・サマーズはライカを愛用してるそう。
http://doraku.asahi.com/kiwameru/camera/090914.html
いい写真です。いつか私のルミックスにライカのレンズ欲しいなあ。
彼はフィルムカメラ派のようですが。

GX200ですね。私のはGRです。以前はキヤノンを使っていました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=264931202&owner_id=6655875
リコーはホントにお利口さんです。sweat01
ただ私のはCCDにカビが生えてるのよ。sweat01

suikaさん

スパムのフィルターの3つの同じコメントを見つけたとき、困ってるsuikaさんの姿を想像して思わず笑ってしまった。smile
9年前のIXY初めて見ました。高かったんですね。

このーrock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清志郎は今も生きている | トップページ | 海よ、私を飲み込んで »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ