« We Love Japan | トップページ | スターフルーツ・ソイヨーグルト・カスタード・パイ »

アガヴェ、煮豆、納豆、日本。

 秋の収穫。パッション・フルーツ

P1090698
 瑞々しくて甘い。私はじゃりじゃりと食べちゃうけど。

P1090700

 キッズお弁当用には上の部分(下よりも上のほうが皮が少し薄いから)をナイフでくり抜いて(全部落とさないでちょっとだけ残すのがポイント)、マスキングテープを貼ってこのままランチボックスへポトン。

 P1090715

 私がこの家に住み始めてすぐのころ、隣との境のフェンスのキャッツ・クロウ(Cat's Clow Creeper)をがんばって抜いたら(ひたすら掘って抜いた)、お隣さんがお礼にパッションフルーツを植えてくれたのだ。オーストラリアではフェンスを越えて育った実や花を採ることができるという法律があるので、遠慮なくフルーツを収穫できる。

 ちなみにキャッツ・クロウはオーストラリアでは駆除すべき悪い雑草に指定されている。乾燥に強く、蔓科で他の木にどんどんからんでいってしまう。しかも根っこは球状になって地中で大きく育つから、ちょっとやそっとでは抜けない。皮膚に付くと痒くなるような成分を持っているので取り除こうとする時は注意が必要。とてつもない繁殖力に意志を持っているのではないかとさえ思ってしまう。

 サプリメントとして使われるキャッツ・クロウとは全く違うものみたいだ。調べたら、日本では同じものがネコノツメと呼ばれて観葉植物として扱われているのには驚いた。

 先週マウント・クーサの植物園で7月にあるワークショップ(また今度お知らせするね)のことでミーティングがあったので、ついでにあの大きなおばけプラントの名前を教えてもらおうと植物園のライブラリーに行ってきた。

 名前は Agave attenuata といい、リュウゼツランの仲間だそうだ。日本でもあるんだね。アガヴェ・アテヌアータ(シロフクリン)。偶然見つけたこのサイト、タイトルといい内容といいとてもユニークで面白い。ここでちょっと勉強しよう。まずは多肉植物図鑑

029 

 植物園の図書館の女性はすぐには名前が分からなかったのだが、「これはアガヴェね」と言って親切に本を何冊か出してきてくれて見つかった。アガヴェといえば、最近ヘルスフード・ショップで見かけるようになったアガヴェ・シロップをすぐに思い浮かべたのだが。

 彼女は他にオーストラリアでとても有名だというランドスケープ・デザイナー(造園デザイナー)のジェイミー・デューリーの本も出してくれた。彼のモダンな感覚の庭によくこのアガヴェが植えられるので、最近とても人気のある植物なんだそうだ。彼のことを全く知らなかったけど、サイトを見たらまるでセレブリティ。TVや雑誌でひっぱりだこなんだね。ちなみにこの植物のお値段。50cmのポットで250ドルもするんだそうで。。。

 不思議なもので、彼女(アテヌアータ)と顔見知りになってからというもの、毎朝会うたびに好感を持つようになり、今ではこの丸みを帯びた曲線とやわらかな緑色にとても平和的な美しさを感じるようになってしまった。

 それではまた植物園。わ~お。これもアガヴェ。

030
 花が空に届きそう。

031

 別の惑星に来たみたい。
032

 これはどんな花が咲くのだろう。
036
 真ん中のはバオバブ

037
 これはパピルス

043
 脳に刺激的な素敵な植物園散歩。

044
 

 さて。おなかが空いた。気温が下がると、煮豆の出番が多くなる。キドニー・ビーンズはいつもたっぷり茹でておく。トマト、玉ねぎ、にんにく、スパイスやハーブと一緒に味付けしてチーズを載せてメキシカン風に食べるのが多いけど、残りを甘く煮るのも忘れずに。これは米飴で甘みを付けた。日本茶のお友達。

P1090628

 久しぶりに納豆も作った。今までで一番上手くできたかもしれない。ピッピから毎日食べたいからもっと作ってよ~とリクエストまで来た。僕ちゃんの怪訝そうな顔。残り物パスタを炒めて紫蘇と納豆にお醤油かけて食べたら涙がでそうだった。

 

 P1090653 

 3・11の3日前に予約した日本行きのフライトは結局キャンセルした。本当だったら今頃日本に行っていたはずだった。ロッタがこの頃よくご飯と味噌汁を食べたいというようになってきた。今まで晩御飯にご飯と味噌汁というと必ず文句を言ってたのに。そしていつも「おかあさん日本に行きたいね」と言う。

 

 昨夜ツイッターで和合亮一さんの「詩の礫(つぶて)決着」を読みながらまた泣いてしまった。
 
 魂の木を想う、魂が転がる闇を想う、魂は夜を明かす、魂は言葉を呟く、魂を生きよ、魂を生きている、あなた 

 それともうひとつ。先日の小出裕章さんの参議院での証言も心を揺さぶられた。小出裕章 (京大助教) 非公式まとめより。

 
ガンジーが七つの社会的罪ということを言い、それが墓の碑文として残っている。理念なき政治。労働なき富。良心なき快楽。人格なき知識。道徳なき商業。人間性なき科学。献身なき崇拝。それぞれ噛み締めてほしいと思う。

« We Love Japan | トップページ | スターフルーツ・ソイヨーグルト・カスタード・パイ »

こども」カテゴリの記事

ヴェジ料理」カテゴリの記事

和合亮一」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

手作りを味わう」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

いいなあ!
写真もきれいだなあ!
パッション・フルーツも初めて見ました。

スパム判定されませんよーに。sweat01

suikaさん

ブリスベンは、散歩や植物園やピクニックに最高の季節です。
suikaさんがあの植物は何?と訊いてくれたお陰で一つ賢くなりました。
またスパム扱いされてもめげないでください。
日本の台風が心配・・・。typhoon

suikaさん

>スパム判定されませんよーに。

ごめん~10日前に同じコメントが3つも入ってたんですね。coldsweats02
今さっき、スパムコメントのフィルターの掃除をしばらくしてなかったなあと気がついて開けてみたらやっぱり!
公開したので確認のほどを~。
すみませんまためげてたでしょうか。

suikaさん

この日本のリュウゼツランはちょうど去年開花したんですね。
ブログにアップされた方の写真がまた良いです。
私が写真に撮った植物園の巨大リュウゼツラン(アガヴェ)の花は、盛りをすぎてしまったようで少し残念。

納豆美しいです。私はこんなにきれいにできたことないなー。あと煮豆もつやつやでおいしそう。アガベシロップ、私も最近よく使います。あれ、かなり甘みがあるから、ちょっと使えばいいし、経済的。砂糖はもっぱらお菓子作るときのみ使用。米飴も今度使ってみよう。

aromariposaさん

今日また出来上がった納豆で、夕飯の納豆手巻き寿司食べ過ぎてちょっと胸焼けです。
オーストラリア育ちのオーガニックの大豆安いから嬉しいよね。
虫食いも大目に見てやることにして。
アガヴェシロップ、すごく甘いですよね。
テキーラもアガヴェの糖液が原料なんだって知らなかった。
アミーゴ!(これしかスペイン語知らない)

 昔は晩ご飯にはお味噌汁を食べなかったけど今はふつーですね。
 マスキングテープのアイデアいいっす!

suikaさん

>昔は晩ご飯にはお味噌汁を食べなかったけど

へえそうですか。知らなかった。昔というのはいつ頃のこと?
私は子供の頃から朝はシリアル(当時はケロッグと言っていたけどコーンフレークのこと)かトーストだったので、家でご飯と味噌汁を食べるとしたら夕飯の時でした。納豆も夕飯に食べてましたね。

 食べなかったというより「作らなかった」というのが正しいです。
 朝は味噌汁だけど、夜は汁物は澄まし汁でしたね。

suikaさん

そうなんですか。地域によっても色々な習慣があるんでしょうね。
澄まし汁はうな丼とか、お寿司とかだけに頂くものと思ってました。
うちは名古屋でしたが、祖母が新潟、母親が長野だったので、味噌といったら信州味噌のことで、赤だし(名古屋の味噌汁のこと)は家の外で頂くものでした。
あ~、なんだか無性にうな丼食べたくなってきた・・・。
日本の大雨心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« We Love Japan | トップページ | スターフルーツ・ソイヨーグルト・カスタード・パイ »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ