« 福島の子供たちを守ろう | トップページ | Ship of Fools »

生きているもの・死んでいるもの

生きているもの・死んでいるもの

生きている林檎 死んでいる林檎
それをどうして区別しよう
籠を下げて 明るい店さきに立って

生きている料理 死んでいる料理
それをどうして味わけよう
ろばたで 峠で レストランで

生きている心 死んでいる心
それをどうして聴きわけよう
はばたく気配や 深い沈黙 ひびかぬ暗さを

生きている心 死んでいる心 それをどうしてつきとめよう
二人が仲よく酔いどれて もつれて行くのを

生きている国 死んでいる国
それをどうして見破ろう
似たりよったりの虐殺の今日から

生きているもの 死んでいるもの
ふたつは寄り添い 一緒に並ぶ
いつでも どこででも 姿をくらまし

姿をくらまし

   茨木のり子 詩集「対話」(1955年)から

P1090427  
雨の朝、お風呂場の窓からパッション・フルーツ(時計草)の花と挨拶。

  

内部からくさる桃

単調なくらしに耐えること
雨だれのように単調な・・・・・・

恋人どうしのキスを
こころして成熟させること
一生を賭けても食べ飽きない
おいしい南の果物のように

禿鷹の闘争心を見えないものに挑むこと
つねにつねにしりもちをつきながら

ひとびとは
怒りの火薬をしめらせてはならない
まことに自己の名において立つ日のために

ひとびとは盗まなければならない
恒星と恒星の間に光る友情の秘伝を

ひとびとは探索しなければならない
山師のように 執拗に
<埋没されてあるもの>を
ひとりにだけふさわしく用意された
<生の意味>を

それらはたぶん
おそろしいものを含んでいるだろう
酩酊の銃を取るよりはるかに!

耐えきれず人は攫む
贋金をつかむように
むなしく流通するものを攫む

内部からいつもくさってくる桃 平和

日々に失格し
日々に脱落する悪たれによって
世界は
壊滅の夢にさらされてやまない

   茨木のり子 詩集「見えない配達夫」(1958年)から

P1090457

昨日の夕方。雨と雷と雹(少し)のストームの後に現れたピンクの雲。

 福島からツイッターで詩を発信している和合亮一さんの「福島・南相馬市 詩人が見た故郷の惨状」が、YouTubeに上がっています。「詩の礫」(大竹しのぶさん朗読)が聴けます。

« 福島の子供たちを守ろう | トップページ | Ship of Fools »

和合亮一」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

茨木のり子」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

アレ?この花あったけ?

suikaさん

はいありました。

これがパッション・フルーツの花ですか。情熱じゃなくて受難の意味ですよね。

suika さん

正確にはパッション・フルーツの和名はクダモノトケイソウ(果物時計草)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84
トケイソウの方をパッション・フラワーと言うんですね。
キリストの受難の形を象徴しているとか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6#.E5.90.8D.E5.89.8D
うちのパッションフルーツ(引っ越して行ったお隣さんが植えたんだけどsweat01)甘くておいしいです。

yokoちゃんも汗かくようになったのね。sweat01

suika さん

たまにはね。
ところで例のあのバケモノ植物の名前が分かりました。
今朝植物園のライブラリアンに調べてもらったんです。
メキシコ原産のアガヴェ(リュウゼツラン)で、正確にはAgave attenuata 
http://en.wikipedia.org/wiki/Agave_attenuata
植物園で撮ってきた写真と共にまた今度の記事に書いてみます。

ご苦労様でした。
オレね、実は竜舌蘭かと思って画像を調べてみたんだけど、似てないので違うと思いました。よく考えたら、花が咲いている時と咲いてない時では全く印象が違うよね。大体花が咲いている画像なんてないのよ。

suikaさん

またスパムのお部屋に10日も監禁してました。coldsweats02

リュウゼツランの花の画像ネットにいっぱいありますよ。すごいです。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%84%E3%83%A9%E3%83%B3&hl=ja&biw=1204&bih=628&prmd=ivns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=iyriTaqECIySuwP694CGBw&ved=0CDgQsAQ
花茎はディジュリドゥ(アボリジニの楽器)のよい材料になるということも初めて知りました。

でも、あの花が咲く前のとがったヤツはなかったでしょう?

スパム判定されませんよーに。sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島の子供たちを守ろう | トップページ | Ship of Fools »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ