« 小豆を炊いて日本のうたを聴く | トップページ | マウント・クーサ植物園スクール・ホリデイ・アクティヴィティと雑穀お菓子 »

遺伝子組み換え認めません。

 農林水産省は、遺伝子組換え農作物の隔離ほ場での栽培や、食用又は飼料用のための使用等に関する承認申請(セイヨウナタネ1件、トウモロコシ2件及びワタ1件)を受け、生物多様性影響評価を行いました。学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。

これらの結果に基づいて生物多様性影響が生ずるおそれはないと判断しました。 これら遺伝子組換え農作物を承認するに先立って国民の皆様からのご意見をいただくため、平成23年5月23日(月曜日)から平成23年6月21日(火曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。

 上記は農林水産省のサイトから。

 日本でもとうとう遺伝子組み換え作物が認可されようとしている。この震災と原発事故のどさくさにまぎれて、何が民主主義の国だろう。意見を募集しているということを知っているのは国民のどのくらい?募集期間は一ヶ月というのもあまりにも短すぎやしない?私はツイッターでONC(有機農業ニュース)をフォローしてリツイートしてきたけれど、お友達の彼女彼女がそれぞれのブログに記事にしてくれているので読んでみてほしい(パチパチ)。締め切りは明日

 6月17日朝日新聞にプレスリリースとして生活クラブ連合会(ピーター・バラカンがテレビ広告に出てるんだね)からのパブリックコメントの提出内容が発表されていました。全くその通り!

 

========================================================

遺伝子組み換えナタネなど第一種使用の「承認を見合わせてください」--農水省にパブコメ提出しました

PR TIMES

 農林水産省は「遺伝子組み換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について」のパブリック・コメントを募集しています(6月21日〆切)。 https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html  

 この中で特にモンサント社が申請者となっているセイヨウナタネ(圃場として申請されているのは、茨城県稲敷郡河内町にある日本モンサント株式会社隔離圃場)については、福島第一原子力発電所の事故による放射性物質による土壌の汚染を菜の花を育てることで除去することが政府レベルでも検討されている最中での申請であり、懸念すべき案件です。モンサント社が被災地への支援として遺伝子組み換えナタネの寄付を申し出るということは、同社のこれまでの行動を考えると、十分にあり得ることです。
 被災地だから、バイオディーゼル燃料の原料だから、と遺伝子組み換えナタネの栽培が安易に認められることは、あってはなりません。

 6月6日、生活クラブ連合会は上記の趣旨からパブリック・コメントを提出しました。

****************************************

「遺伝子組換え生物等の第一種使用規定の承認申請案件」に対する意見・情報の募集についてのパブリック・コメント

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

今回出された、遺伝子組換え生物等の第一種使用規定の承認申請案件に対して以下のように考える。 

1.カルタヘナ国内法は、参議院での付帯決議にみられるように問題点が多く、見直しや強化が求められている。その点をふまえて評価すべである。

2.GM技術は、生物多様性の基盤である種の壁を壊すことから、その応用はもとより、研究・開発も慎重さが求められる。バイオテクノロジーについて、規制を強化するなど抜本的に検討を加えるべき時期にきている。

3.この間、日本全国でGMナタネの自生が確認されており、GMナタネ同士の交雑やカラシナ、ブロッコリー、ハタザオガラシなどとの交雑も起きている。このような状況を踏まえた時、現行のカルタヘナ国内法の在り方自体を問い直す必要があり、一時承認を見合わせるべきである。

4.この意見・情報の募集は、生物の多様性を確保し、生態系を守ることを目的としているはずである。しかし、申請された作物で行われた評価試験は、そのような内容になっておらず、このまま承認する自体問題である。
以下、その詳細を述べる。

                   記

1.生物多様性条約では「生物の多様性」とは、すべての生物間の変異性と定義されている。現在の評価は、野鳥や昆虫、農作物などへの影響が入っておらず、すべての生物間の変異性に対する影響評価になっていない。

2.通常の農作物の一般的な栽培と、遺伝子組み換え農作物の栽培との間で、使用する農薬などの違いによる影響も含めて、どれだけ生物多様性への影響で差が出るのか、標準化した方法が確立されておらず、このような段階では承認すべきではない。

3.毎回パブリック・コメントが求められているが、そのコメントが反映されたことがなく、このようなことが繰り返されれば、環境行政に対する不信は募る一方であるため、パブリック・コメントの取り方自体を改める必要がある。

4.現在、日本では港だけでなく、内陸部のさまざまな地点でGMナタネの自生が確認されている。このGMナタネの侵入は、生態系に取り返しがつかない事態を引き起こすことが考えられる。徹底した調査とカルタヘナ国内法の見直しを優先すべきである。

(提供:PR TIMES)

========================================================

  それから、以前記事にした事のある安田節子さんのサイトでも彼女のパブリックコメントを読むことが出来ました。

Sany0674


 私たちが知らない間に、事は動いている。手遅れになる前に「NO!」と言わなくては。

 写真はもう花が散っちゃったけど、先月の裏庭のユーカリでディナー中のレインボー・ロリキート。

 最後に今日のツイッターから動画2本。

 「宮崎駿氏から首相へのメッセージ」 22秒!

 「スティーブ・マーシュ 遺伝子組み換え汚染で有機認証を失う」

 オーストラリアの西オーストラリア州で8年間にわたって有機農業を営んでいるスティーブ・マーシュさん。昨年、彼の農場のとなりの農場で、遺伝子組み換えナタネが栽培され­た。そのナタネによって、スティーブさんの畑が汚染し、昨年12月24日、畑の70%について有機認証を失った。どうしてそのようなことが起こったのか。スティーブさんの­インタビュー。

 追記:スタジオジブリに出た横断幕も忘れないように。http://ow.ly/5k1xF

Dbxsv_2

« 小豆を炊いて日本のうたを聴く | トップページ | マウント・クーサ植物園スクール・ホリデイ・アクティヴィティと雑穀お菓子 »

宮崎駿」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

遺伝子組み換え」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

さすが容子さん 充実の記事ですね。私はいろいろ書こうと思ったけど、結局シンプルにパブコメと映像の紹介のみで終わってしまいました。遺伝子組み換えというアイディアに違和感があり、自然や人体に有害なんでは?という不安もありますが、それよりモンサントという会社のやり口に一番抵抗を感じています。何だろう、あれは。

そもそもバイオ化学メーカーが作物や食品を作るってことが妙というか、そもそもがバイオ化学メーカーだから、こういう自然からかけ離れた、効率と合理性だけを優先した人工的な発想になるのかな?誰も遺伝子組み換えなんて食べたくないと思うんだけどな。 

あ、あと、ユーカリの花きれいですね。といいたかった。絵にも描いてる種類かな。
これは容子さん家にある? 名前知ってたら教えてください。

ユーカリって何しろ600種類くらいあるみたいですね。たまにすごくいい匂いのユーカリの木がって、レモンユーカリかな?と思うのだけど、確信が持てません。

aromariposa さん

いえいえ、充実だなんてとんでもない。
まさかパブリックコメントの締め切りが募集を始めて一ヶ月だとは知らなかったので、正直焦りました。
モンサントのことは昔広瀬隆さんの本で知ったけれど、この世の中には本当に信じられないからくりが隠されていると教えられかなりショックを受けました。
私たち、無駄な抵抗をしているだけなんでしょうか?
いかんちょっとまた弱気になってきた・・・。

その通り、私の描くのはこの花です。
小さな苗を植えてもう11年くらいになるのかな。
今では大木になってしまいました。
しかし名前を控えておくことをしてこなかったんです。
また植物園ライブラリーでで調べてこよう。
レモン・センテッド・ユーカリプタスは25mくらいまでの高さにまでなって、冬にクリーム色の小さな花をつけると私の本に出てます。
ああまた夜更かししてしまった。
ツイッターのチェックが・・・。

>小さな苗を植えてもう11年くらいになるのかな。
>今では大木になってしまいました。

11年で大木ってすごいですねー。成長が早いのかな。太陽いっぱいだし。

あ、私もまた夜更かし。今晩、最後のツイッターチェックして寝ます。
明日のもんじゅの作業が無事に済むことを祈って。

そういえば、先週だったか、ダライラマ様がブリスベンにいらしてたのですってね。
ライブには行かれましたか?

aromariposa さん

今日植物園図書館からユーカリだけの専門書を3冊借りてきました。
たくさん種類がありすぎて見つけるのが難しかったけど、Dowerin rose という種類みたいです。
ネットで写真があるかどうかちょっと調べてみたらありました。Eucalyptus pyriformis http://www.flickr.com/photos/westflora/3927359550/in/photostream/  
写真を撮ってる Ivan Hollidayという人、借りてきた本の中の一冊の著者でした。
植物の研究って魅力的だよね。

もんじゅの回収作業無事に終わったんだね。ふう~。。。


りんごさん

残念ながらダライラマ様には会いにいけなかったの。
私のお友達二人はお話を聞き行ったそうです。
無理をしてでも行けば良かったな。
スクールホリデイの初日、ぽかぽかのお日様で幸せです。
お天道様に合掌。

Dowerin roseって、ハチミツできるみたいですね。
http://www.australianseed.com/product_info.php/pName/eucalyptus-pyriformis-dowerin-rose-or-pear-fruit-mallie

>植物の研究って魅力的だよね。
ほんとうに!植物学者にはなれずとも、木や花を見て、これは「○○」って言えるだけでもいいのだけど、それすら難しいですねー。アメリカでは、簡単な植物ガイド買って、葉っぱとか拾ってはこれは何の木かと探り当てたりしてました。

>もんじゅの回収作業無事に終わったんだね。ふう~。。。
ほんとにドキドキでした。東京の友達ですら、あの晩はかなり心配だった模様。爆発したら東京でも……ということらしいです。稼動を諦めて廃炉にしてくれないと、いつまでも心配の種ですね。

aromariposa さん

Super Bee っていうツーリスト向けの蜂蜜屋さん知ってる?
http://www.superbee.com.au/
私は何年も前になんですが、一度だけサンシャインコーストのSuper Bee に行ったことがあります。
ちょっと寂れた土産物屋風なんだけど、入場無料でたくさんの種類の蜂蜜をテイスティングさせてくれます。
ファクトリーじゃないけれど、蜂蜜の出来るまでを展示してありました。
それからハニーコムで出来た蜜蝋キャンドルが割と安価で買えました。
動画観てたら(Tourismのところをクリックしてください)ハニーテイスティング・バーまた行きたくなってきた。
味見のしすぎで頭がくらくらしたのを思い出した!

Super BeeのHP見てみました。ここのハニーをもしかしてブリスベン一年目にのぞいたekkaで買ったかも。そのときちょっとtastingしたような。私もいっぱいtastingして、ハチミツのパワーにやられそうになった気がします。

そういえば、栄養学の先生にハチミツ食べるなら、栄養学的にはraw honeyがいいと言われて、最近はfundiesの量り売りでraw honeyを買ってます。honey combの形だったら火入れてないし、rawですね。

でも、raw honeyは固まりやすいのがちょっと扱いにくいけど。fundiesでもこの前は固まってて量り売りの容器から何も出てきませんでした。

aromariposa さん

Fundiesの量り売りのハニーは試したことないなあ。
気温が下がるとロウハニーは固まっちゃうね。
容器の中どうなってるんだろう。
お醤油とハルド・タヒニはうまく出てきます。
私はK.Gのマーケットのブライビー島から来てるオーガニックファーマーのところでロウ・ハニーを買ってます。
美声の卵売り娘(彼女、W.Eのマーケットのオーガニック卵売りの娘さん)の隣。
Godwin Beach (ブライビー島の手前)の養蜂家からで、採ったばかりのを空き瓶に詰めてあるの。
これがBlue Gum/ Iron Bark でまさしくユーカリの花。
すごく美味しいのです。
この間のソイ・チャイとカスタードハニー・パイにはちょうど切らしてて某スーパーのオーガニックハニーだったんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小豆を炊いて日本のうたを聴く | トップページ | マウント・クーサ植物園スクール・ホリデイ・アクティヴィティと雑穀お菓子 »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ