« 明日への祈り | トップページ | バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。 »

原子童話

 8月に読む石垣りんさんの詩。

Imgp1824

  子童話        

戦闘開始 二つの国から飛び立った飛行機は
同時刻に敵国上へ原子爆弾を落しました

二つの国は壊滅しました

生き残った者は世界中に               
二機の乗組員だけになりました

彼らがどんなにかなしく                  
またむつまじく暮したか――                

それは、ひょっとすると               
新しい神話になるかも知れません。            

             (1949年9月)

  


  挨拶
        ――原爆の写真によせて     

あ、  
この焼けただれた顔は  
一九四五年八月六日  
その時広島にいた人  
二五万の焼けただれのひとつ  

すでに此の世にないもの  

とはいえ  
友よ  
向き合つた互(たがい)の顔を  
も一度見直そう  
戦火の跡もとどめぬ  
すこやかな今日の顔  
すがすがしい朝の顔を
 
その顔の中に明日の表情をさがすとき  
私はりつぜんとするのだ  

地球が原爆を数百個所持して  
生と死のきわどい淵を歩くとき  
なぜそんなにも安らかに  
あなたは美しいのか  

しずかに耳を澄ませ  
何かが近づいてきはしないか  
見きわめなければならないものは目の前に  
えり分けなければならないものは  
手の中にある  
午前八時一五分は  
毎朝やってくる  

一九四五年八月六日の朝  
一瞬にして死んだ二五万人の人すべて  
いま在る  
あなたの如く 私の如く  
やすらかに 美しく 油断していた。              

            (1952年8月)

Imgp1819

 "1945-1998"by Isao Hashimoto
 数日前ツイッターで知った、核実験タイムラインを表現したマルチメディア・アートに戦慄を覚えた。世界中で行われた核実験を世界地図上に視覚化した映像作品で、作者は箱根ラリック美術館の学芸員橋本公氏。途中から背筋が凍りついて来る。どこまで人類は愚かなんだろう。

 
 

 それから、坂本さんのツイートで知った8月の歌を。
 「死んだ女の子」元ちとせ / 坂本龍一

 

« 明日への祈り | トップページ | バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。 »

元ちとせ」カテゴリの記事

坂本龍一」カテゴリの記事

平和と愛と」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

石垣りん」カテゴリの記事

脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree」カテゴリの記事

コメント

この前のクランブル、うちのホにも大好評でした。ぜひレシピをお願いしたいです。

橋本公氏の作品見ました。本当に途中から動けなくなりました。1998年までで2000回以上も核実験があったなんて。しかも、アメリカ南西部、パプアの上辺り、南太平洋、中央アジア、中国の砂漠といったエリアに集中している。
人間は一体何がしたいんだろう、自分の首を絞めてその先に何があるんだろうという気分になります。

そういえば、結局、和合さんのdommune fukushimaでの詩と音楽のパフォーマンスは見られましたか?私はダウンロード購入したのでi-podで聞くことだったらできます。また聞きたかったら、言って下さい。持ってきます。

石垣りんさんの詩の最後の部分、

一九四五年八月六日の朝  
一瞬にして死んだ二五万人の人すべて  
いま在る  
あなたの如く 私の如く  
やすらかに 美しく 油断していた。   

なんだかすごく印象に残ります。死者の数、25万人だったんですね。 
今回の東北の地震の約10倍くらいということになるんですね。。

それから、元ちとせの名前を見てうれしくなりました。
実は、彼女がまだ無名だったときにはじめて生で彼女の歌声を聞き、鳥肌がたち、その場で彼女のCD全部買いました。こっちにもいくつか持ってきています。
もしよければ。
8月の歌のもあるかも。探してみます。

aromariposaさん

長崎市長の平和宣言素晴らしかった。
和合さんのdommune fukushima観ていません。
ぜひぜひ聴かせて欲しいです。
昨日の和合さんの「詩ノ道行キ 01」も良かった。
バズビー博士(←あのベレー帽、最初キャプテン・センシブルかと思った!)の歌も良かった。wink
レシピはもうしばしのお待ちを。

 

種森さん

石垣りんさんの詩はどれを読んでもがつーんと頭を叩かれ、そのあと胸が熱くなってくるの。
8月に入ってから、朝昼晩毎日唯一持っている詩集「空をかついで」を開いています。
元ちとせ、私は初めて知ったんです。
すごいね彼女。
なんとも表現の仕様のない歌声。
演歌っぽいのに俗っぽくなく、沖縄的であるけど個性的。
アイルランドの伝統音楽グループ、チーフティンズ(会ったことあるんだよ)とも共演したことがあると聞いて興味津々です。
聴かせて欲しいな。

 オーストラリアでも英国が西オーストラリアの珊瑚礁とエミュー平原で計3回核実験をしてますね。
 日本では米国が広島と長崎で。
 そして事故は続いています。

suikaさん

ウィキの核実験の一覧 http://urx.nu/bJC が詳しいですね。
それから、「オーストラリアにおける核兵器実験」によると、52年から57年の間に12回もの実験があったと。http://www.antiatom.org/GSKY/jp/NDPM/WC/01wc/Intl/j01AU-White.html 
半世紀もの前の政府の横暴さには驚くばかりです。
しかし今この時代に、被曝者をどんどん増やしているとしか思えない日本政府の対応に私はもう言葉がないです。

yokoちゃん、リンク見ました。
豪州で12回も核実験があったんですね。
しかも障がい者や死産児も利用していたとは許し難い行為です。しかし、南極にも原子炉があった時代がのですから、人類には何でもありということなんでしょう。
福島の現状は日本人1億2000万人が人体実験されているようなものでしょう。おそらく各国は注意深く見ていると思います。

suikaさん

「福島と痛みを分かち合う」に絶句です。瓦礫を日本国中にばらまいて汚染させるのが環境大臣の仕事なのでしょうか。

 がれきを焼却しようという動きに驚いています。放射性物質が燃やして消えるわけではないということが分かっているのでしょうか。
 揮発性の強いセシウムを拡散させるだけのことです。
 「処理」という言葉に日本人は騙されています。
 封じ込めることはできても【処理】できないのが放射性物質です。

suikaさん

プルトニウム239だって6月の時点で32億ベクレルだったというニュースを最近知りました。
これから寒くなっていって、雪などに放射性物質が出てくるのではないかと心配になってきました。

yokoちゃん、私はヨウ素が心配です。ヨウ素が実は出ているのではないでしょうか。ヨウ素が出ていると臨界が続いているということになります。

そうでしたね。東京でヨウ素が高いレベルで見つかったんでしたね。
http://savechild.net/archives/8569.html
プルトニウムに話を戻すと、中村隆市さんは「プルトニウム4種類合計で、1兆2254億ベクレル」だと書いていて、もう頭が真っ白になりました。 http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-6314
そしてフランスの核爆発事故。恐ろしいことになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日への祈り | トップページ | バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。 »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ