« バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。 | トップページ | 春休み »

久しぶりです

 しばらく振りのブログ更新。いいやまた明日にでもと思いながら、気持ちが浮いたり沈んだり、本を読み終わったり読み始めたり、どうも気持ちがまとまらなかった。まあどうせ読んでる人もあんまりいないだろうから、などと数日前に会った友人達にこぼしたら、皆に大きく否定されてしまった。またヨーコさん今日も更新してないのかあ、とがっかりさせているんだって!?・・・なんて、そんな嬉しいこと言われたら書かなきゃね。そうか、だからみんな、元気にしてる~?って訊いてくれるんだね(相変わらず鈍いぞ)。嬉しいなありがとう。私はおかげさまで風邪一つ引かず、全くもってすこぶる元気。ほんと、ばかみたいに(馬鹿なんですが)ワンダー・スタッフ聴きながら、初めての糀も2日半かけて育てあげお味噌も仕込んだ。そうそう、今週コメント数が1000を越えたのだ。半分は自分だとしても、それにしてもびっくり。

 まず最初の写真は、キッチンの窓越しにちょくちょく顔を出しに来るようになったお茶目なブッチャーバード。

P1100659

 

 昨日の朝はいつものようにトンカと散歩兼お買い物。帰ってきたら鍼灸師のジュディから留守電が。しまった!8週間ぶりの鍼治療の日だった。慌てて電話をすると、「今から来ても十分時間があるから大丈夫よ。ほっほっほ~」の相変わらずリラックス度100%の魔女の声に安心した。鍼とお灸をしてもらって1時間後にはすっかり体も軽くなり、帰ってきて洗濯と掃除機かけてビスケットを焼く。激しく雨が降ったりして、突然また寒さが戻ってきた。今日も晴れたのに風が強くてやたらに寒い。ヒーターはとっくの昔に片付けちゃったんだけど。それでは続きは、ワンダー・スタッフのコンサートとかルバーブのお菓子とかEkkaとかのてんこ盛りの大長編です。どうかクリックしないでね。

P1100660

 かれこれ3ヶ月以上ほぼ一日も欠かさず食べてる自家製豆乳ヨーグルト。チアシードを混ぜて冷蔵庫に入れておくとスプーンですくって食べるのにもいい感じになることも発見。ジャムは最近良く食べてるルバーブ。甘酸っぱい春の若草の風味がたまらなく素敵で美味しい。あっという間にジャムになるし、ケーキには細かく切ってそのまま入れて焼けるのもいい。

P1100727
 
P1100706
 紫蘇。こぼれ種から数え切れないほど芽吹いてきたと思ったら、あっという間に本葉が出てきた。早く何とかしなくては。

P1100713

 ワンダー・スタッフ。迷ったけど、やっぱり行くしかないと公演5日前に決意した。限定割引券が出たのをすかさず購入。僕ちゃんは興味がないだろうから、一人で行くつもりだったけど、結局付いてきてくれた。開演前はお決まりの中華街のヴィエトナミーズ・レストランで腹ごしらえ。ところがこんな肝心の夜にどうしてなんだ、10年に一度の胃痛に見舞われてしまった。もったいないからと無理に生春巻食べなきゃよかったかな。7時半開演。ゲストやオーストラリアのバンド、クラウドの演奏最中立っているのも辛かった。ところがワンダー・スタッフが9時頃姿を現した頃、痛みは奇跡のように瞬く間に消え、大音響の中で我を忘れること一時間。たたみ掛けるように続くビートと懐かしいメロディー。長年のファンで埋め尽くされた会場は、それぞれの過ぎ去った日々の想いが渦を巻くかのようなすごい熱気だった。ところが演奏が終わるとまた胃がきりきり痛み出し、休憩を挟んでトリのジーザス・ジョーンズの一曲目が終わった頃に会場を後にしたのだった(JJファンの方ごめんなさい)。

51zronbowtl__sl500_aa300_

 思えば彼らのラスト・アルバム(だと思っていた)「モダン・イディオット」が出た1993年は私の人生で忘れることの出来ない年だったのだ。消えてしまえと願った苦い思い出や束の間の幸せも、全て今こうして生きている私に起こったことだった。音楽は生きる力だった。そして今でも。しかし、18年後にこうやってまたこの音楽と向かい合ってみると、当時気が付かなかった新たな発見や感動があって驚く。マイルス・ハントは凄いアーティストだ。

 僕ちゃんはそれほどバンドに思い入れがなかった人だったけど、ノリのいい演奏と紅一点の美しいフィドラー、エリカ嬢(Erica Nockalls)にすっかり眼を奪われていて私の予想を反して楽しんだらしい。彼女のサイトを見ると、2006年からメンバーになったようだ。スコットランドの双子の兄弟フォーク・デュオ、プロクレイマーズ(彼らも伝説だったか)と一緒に演奏したりもしている。僕ちゃんときたらピッピにエリカのようなパンクなヘアスタイルを試させたいとか言っている。私はマイルスと同い年の彼に長髪とオーヴァーオールを試させたいんだけどな。きっとかわいい。ちなみに現在の髪型は15年続いてる丸刈り~た。余談だがマイルスとエリカは演奏中もワインのラッパ飲みですっかりいい気分だったみたい。そういえば彼女はオーストラリアのワインの美味しさに驚いたとツイートしてた。写真は僕ちゃん撮影。シドニー公演の素晴らしい写真はこちら

Photo0134

 動画は今年3月のグラスゴーでの演奏だそうだ。レヴェラーズ(おお、懐かしい!彼らも健在だったのね)のサポート。ロッタが好きな「オン・ザ・ロープス」それに名曲「ヒア・カムズ・エヴリワン」。2曲ともブリスベンでも聴けた。ピッピに彼らの歌の意味分かる?と訊いたら、「う~んそうだね、なんか混乱してるって感じ」と返ってきた。言えている。

 「モダン・イディオット」からのシングルに入ってた曲「ルーム512」が最近わけもなく胸キュン。リマスター盤にはこれとインディゴ・ガールズのカヴァーの私のお気に入り「クローサー・トウ・ファイン」も入ってるからやっぱり買いなおすべきなのかな。



 3年ぶりのEkka(3週間前のことです)。最終日、ピッピのクワイアのパフォーマンスが会場内であった(彼女の分の入場券は支給されたが、他の家族分は購入しなくてはならなかった)。彼女ひとりだけををドロップ・オフすることも出来たけど、ロッタがかわいそうなので(ピッピは学校の遠足でも行っていた)、迷ったけど結局家族全員で行くことに。

 土曜日だったのでスプリング・ヒルのグラマースクールの近くの路上に車を停めそこから10分歩いて会場へ。入り口で切符を買おうとしたら、TV局に勤めているという親切な男性が、「大人2人と子供2人の家族入場券が1枚余っているんだがいらないかい?」と信じられないようなタイミングで(まるで私たちを待っていたかのように)現れたのである。買えば60ドル。余ったピッピの子供用チケットは、それもまた偶然居合わせた、ちょうど子供と大人の2枚のチケットを買おうとしていた同じクワイアに子供を入れてる母親に譲ってあげた。

 帰ってから義理母にこのことを話すと、「よほどあなたたち貧乏に見えたのね」と、いつもながらのキツいジョークに顔が引きつった。う~ん、まったくもって否定できない。。。

Photo0696
 
 

 半日遊んだ後グラウンドへ移動。ショーが始まる1時間前には席を確保するのがいい。夜間用防寒対策は万全で。半額で買えたホットチップス(最終日にはいいことあるね)を食べながら、余興を楽しむ。

Photo0725
Photo0727
Photo0754 

 かわいい花火も、近くで観ればそう悪くないか。子供の乗り物代がちょっとかかったけど、入場無料の嬉しい誤算がそうさせたのか楽しい一日になった。

Photo0812
 Photo0809 

 Ekkaの帰り道の信号待ちでまた嬉しい見つけもの。電柱に剥がされずに残っていた、2日前に終わったコンサートのポスター。

P1100772


 3日前のパディントンの殺人事件は本当に信じたくないショッキングな出来事だった。今も考えるだけで苦しくなってくる。それにしてもオーストラリアのニュース報道も酷い。悲劇の家族の家の住所は公表されるし、ご丁寧にグーグルアースのリンクまで。知らなくていい事まで報道し、知らされるべきことは隠す。これはどこも同じなのか。

 ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそあるものなれ 飛翔せるタカの 虚空にこそ輝ける如くに

 
「影との戦い ゲド戦記1」 を読み終えた。

 3.11から半年。そして9.11から10年。

« バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。 | トップページ | 春休み »

Indigo Girls」カテゴリの記事

Wonder Stuff」カテゴリの記事

オーガニックのお菓子」カテゴリの記事

トンカ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

 為替レートで調べてみたんですが、60豪ドルは4890円。それに対して60米ドルは4665.9円。
 いつの間にか豪ドルの方が高くなっているんですね。
 楽しそうなお祭りですね。
 おなかは大丈夫ですか?
 内容てんこ盛りの日記なのでsweat01少しだけコメントしました。

suikaさん

おはようございます。
クリックするなと言ったのにクリックしましたね。bearing
豪ドル強くなってます。
でも60ドルはやっぱり私達には大金です。
胃痛は翌日にはすっかり良くなっていました。
しかしてんこ盛りで消化不良起こしそうですね。
まとまってなくてごめんなさい。
少しだけ上書きしました。
良い1日を!

yokoさん、更新ありがとうございます。
別にプレッシャーではありませんが、更新されているとワクワクし嬉しゅうございます。
ブッチャーバード、かわいいですねぇ。お尻フリフリする子ですよね?
きっとベランダ側は空からランディングし易い??かな??? 
今度ワンダースタッフのTシャツをお目にかかれること楽しみにしてます。
それからコンサートのポスターの後ろにチラリとこちらを向いているトンちゃんの表情ったら ぷぷっ。
ハンフリーボガートのようでかっこいい50%、面白い50% 笑
そして、怖そうな乗り物の写真アングル、素敵だなぁ。 
花火も、、、日本を思い出します。
ルバーブ、とても美味しかったです!コデさんに聞いてみたら
チャイルドフッド フードで、いつも育てて食べていたらしいです。
私もコデさんと日本にいたら、こんな風に思い出を説明したりすることが多いのだろうなぁ。
聞くのも楽しいし、その話しをするのも、宝箱を開く時みたいな気持ちで
いいのだろうなぁと思いました。

私もyokoさんのブログ、隠れファンの一人です。
チアシード入りヨーグルト・・・プチプチの感触の後にルバーブの甘ずっぱさが口の中にふんわり広がる様子が写真から伝わってきて、私も食べたくなってしまいました。豆乳ヨーグルト、挑戦したいな。

Ekkaの最初の写真も素敵。

うふふ、待っていましたよー更新!、の一人です。
糀、作ったんですねーそして味噌も!わわ、種森さんのやり方で?ヨーグルトと、納豆と、今度こちらも教えてください。発酵、少し暖かくなったこの頃は(また寒いですけど)私も熱くなってしましたよ。
PANIMOさんに同感。トンカちゃんの影からうらめしや~顔に噴出しちゃいました。大人しいのに、なんてキャラクターある子でしょう。可愛いなあ。

いいか、アレン、この世ではふたつのもの、相対立するふたつのものがひとつのものを作りあげているのだ。
万物と影。光と闇。天の両極。そして、生は死から、死は生から生まれている。
相対立しながら、両者はたがいを求め、たがいに命を与え合い、永遠によみがえりを続けていく。
すべてがそうだ。りんごの花も、星の光も・・・・・。

さいはての島へ ゲド戦記3より

↑こちらの巻は「エアの創造」の言葉にもっとぐぐっと入ってますよー「ゲド語り」しましょうよーbleah

panimoさん

お尻ふりふりの子はワグテイルっていうんじゃなかったかな?
http://www.pbase.com/wildlifeimages/white_wagtail
今たまたまWagtailでグーグルしてたら、アメリカの核ミサイルでワグテイルという名のものがあると知って悲しくなりました。
ブッチャーバードはマグパイよりも一回り小さいかな。
すごく歌がうまいよね。
スターウォーズのテーマを歌ってるのを聴いたことがある(ほんとだってば)。
名前の通りミータリアンでパンとかあまり食べてくれません。
煮豆も食べてくれなかった。
今度会う時Tシャツ着ていこうかな。
会場にはMサイズのシャツしかなくて、着れるかどうか迷っている大き目のオジー女性がいたな。
ルバーブってパイ・プランツって言うらしいですね。
コディさんの幸せそうに昔話をする姿が眼に浮かぶようです。

ごるふぃさん

ありがとう。嬉しいです。うっ、涙が。。。
豆乳ヨーグルト、本当に簡単で美味しいの。
10分で仕込む方法今度教えます。
Ekkaの乗り物は子供でも一回8ドルなんです。高すぎる!
でも入場料が浮いた分、少し余分に子供たちは楽しめたかな。
夜のショウはトヨタハイラックスの曲芸とか、モンスタートラックとか、ジェットエンジン搭載のバンとか、モトクロスバイクだの出てきて結構見ごたえがありました。

Rid* さん

ありがとう。また泣かせるコメントを。。。
糀は種森さんのような麹箱がないので、いつもの納豆作りのエスキーで育てたのです。
それにしても納豆菌がくっつかなくてよかった(・・・かなりいい加減sweat02)。
最初の夜は7時間くらい放置していて、朝温度を見たときに20℃しかなくてあせったけど大丈夫でした。
出来上がった糀は白くてふわふわで温かくて甘い!(途中から自分で熱を出すの)
本当に赤ちゃんみたいだな~と、うっとりしちゃった。
納豆とヨーグルトの仕込み今度こそ見に来てね。
ツイッターで「アースシーの言葉」を見つけたのです。
この間リツイートしたの見た?
https://twitter.com/#!/w_of_earthsea

Butcherbirdってモズですよね。
日本ではさまざまな鳴き声だから「百舌」ですが、獲物を串刺しにする「はやにえ」の習性があるから「Butcherbird」なんでしょうが、いかにも即物的ですね。

あ、そうでした、そうでした。ワグテール!(またいつものシッタカが..笑)
>アメリカの核ミサイルでワグテイルという名のものがある ←嫌ですねぇ。まったく。
いつだったか、核実験をどのくらいしているかという動画をみましたが
本当に私たち人間の愚かさに恥ずかしくて、申し訳なくて、苦しかったです。
yokoさん、yokoさん、、、スターウォーズのテーマを歌っていたって..うっはは 笑
でも確かに、かわいい声を出す鳥がいます。色々高い音から低い音まで器用に
使って。
コデさんは、鳩がぽーぽーぽっぽーっと鳴くと
「do you think im sexy?」と言ってるように聞こえて
そうすると、向こう側の鳩が必ずぽーっぽっぽーっと答えるのですがそれがまた
「not particularly-.」と答えてるように聞こえるらしいです 笑

suikaさん

調べたところによると、この白黒のブッチャーバードは正式名をPied Butcherbird と言って日本名はノドグロモズガラスだそうです。
フエカラス科Artamidaeのモズカラス属Cracticus 。
このブログに詳しく出ていました。http://oceanbirds.blog134.fc2.com/blog-category-6.html
英語のウィキ。http://en.wikipedia.org/wiki/Pied_Butcherbird
日本のモズはこのブッチャーバードよりも小さくてスズメに近くて英語ではShrikeと呼ばれるみたいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Shrike
動画を見つけたので歌声を聴いてみてください(スターウォーズのテーマではない)。
http://youtu.be/eVrLsGg6caw
そういえば、ダースベイダーのテーマを歌うオカメインコがいましたね!
貼っておこ。http://youtu.be/Yq5WGeDnnok

panimoさん

I'm sexy...ってロッド・スチュワートかっ、て。
今度鳴き声を聴いたらそういってるか聞き耳をたてておきます。
でも鳩って冗談が言える鳥だったんですね。
↑のオカメインコ見てね。

元ヨメからの着信音はダース・ベイダーのテーマでした。sweat01

coldsweats02

NHKBSでやっている「グッド・ワイフ」という番組を観ていたら、主人公のアリシアの着信音が「ミステリー・ゾーン」だったので笑いました。
http://www.youtube.com/watch?v=XVSRm80WzZk
日本では「ミステリー・ゾーン」なんですが、原題は「The Twilight Zone」というのもミステリーです。sweat01

suikaさん

「トワイライト・ゾーン」の ”たりらりたりらり” はよく会話にも使われるメロディーとして英語圏では定着しているようですよ。
日本では当初「ミステリーゾーン」っていうタイトルだったんですね。
私は観てなかったのですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3_(1959%E5%B9%B4)

余談ですが私が観てたのはこれ。
「宇宙家族ロビンソン」
http://www.dailymotion.com/video/x73k9b_yyyyyyyyy-yyy-yyyyy-yyyy_shortfilms
私が「ロスト・イン・スペース」という原題を知ったのはそんなに昔ではないかも。
最近図書館でTVシリーズのDVDセットを借りてきて少しだけ観ましたが、かなり変てこなドラマでしたね。しかしやっぱりドクター・スミスは熊倉一男じゃないと。
とは言っても、私は幼い頃観てたので、ただただドクター・スミスのトラブルを見ては歯軋りしてたのしか覚えていません。
それと、白黒の画面でロボットの「警告!警告!」と同時に流れる音楽 ”たらら~たらら~たらら~” で続きになるエンディングは本当に怖かったです。bearing

 私も宇宙家族ロビンソンの大ファンでした。
 イライラさせるスミスですが、ウィルとペニーはスミスが好きなんですよね。
 ロボットの名前はフライデーですが、これは日本だけの独自名で米国では当初名前はなかったそうです。ここにはB9と書いてありますね。
http://d.hatena.ne.jp/joho1960/20060421/1145639497
 まだロビンソンファミリーは宇宙をさまよっているんでしょうね。

suikaさん

B9(名前があったのか)はロボットの典型じゃないのかなあ。
殿堂入りを望みたいところです。
「宇宙家族ロビンソン」わくわくするようないいタイトルでした。昔は「宇宙」っていう言葉がよく付けられた様な?
思い出したところではアニメですが「宇宙少年ソラン」も好きだったな~。
http://www.youtube.com/watch?v=tfr-gij612o
どんどんオタク路線走ってます。

 流星号!流星号!応答せよ!sweat01

 スーパージェッターとソランがごっちゃになってます。
 ソランはチャッピーだったけ?sweat01

流星号(いい名前)はスーパージェッターです。
マッハ15のスピードです。
ソランはチャッピー。
さあ行くぞチャッピーみんなが待っている。
主題歌しか覚えてません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。 | トップページ | 春休み »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ