« 久しぶりです | トップページ | 手前味噌とキャンピング »

春休み

 ブリスベンはいま春休み。春と言ってもう立派な夏の陽気である。この間まで寒の戻りのような寒さで震えていたのが嘘のよう。袖なしトップと短パンで散歩を開始。キッズは水着になって水鉄砲バトル。デックのドアを全開してずっと冬の間使ってなかった床を掃除してデック開き(Q州男児BBQ奉行僕ちゃんの仕事)。

 「 I love you Sweetheart 」 僕ちゃんが突然背後からこう言った。とうとうプロポーズされたのかと思って振り向いたら、ニコニコしながら大きなパウダーパフ・リリー・ピリーの花を持っていた。裏庭の奥で咲いていたのを見つけて採って来てくれたのだ。そうかまた1年が巡ってきたんだね。今年も会えて嬉しい。生きてるって素晴らしい。しかし去年のよりも一回りも大きいのにはびっくり。

 

 P1100822

 糀作りはおっかなびっくり、まるで初めての赤ちゃんを扱うみたいだった。手で優しくよしよしして、3時間ごとに世話をして、布巾を取り替えて、暖かくしてあげてたら、自分から熱を出すようになって、そのうちふわふわの産毛がでてきた。48時間、途中で冷やしてしまったのでさらにプラス数時間、甘い香りの糀が育ってくれた。全部オーストラリア産の材料を使ってどんなお味噌が出来るか本当に楽しみだ。

Imgp1986

Imgp1994

P1100735

 はったい粉と米飴ときな粉のだんごを作った。ふるさとの懐かしい味。他の家族にも大好評。名古屋でははったい粉とは呼ばず麦こうせんと呼んだっけ。オーガニックのバーリー・フラワーをお鍋で煎って、色が変わっていい香りがしてきたらはったい粉の出来上がり。だから麦焦がしとも呼ぶんだよね。

P1100742

 3.11から半年。この悪夢は一体いつ覚めるのだろう。本当を語らないメディア、知れば知るほど血の気の引く報道されない事実の数々。

 このブログを始めて間もない頃書いた「ゴーストタウン・チェルノブイリ」で、「このチェルノブイリの災いが、私達の国では起こらないって誰が言えるのだろう?」とつぶやいた自分の言葉が、福島事故以来ずっと空回りしていた。予想できたが予想したくない。近代文明に慣らされてしまった人間の弱さを自分の中にも見つけた。先日鶴田静さんがこのエレナのバイク旅が最近本になって出版されたとツイートしていらした。ゴーストタウン チェルノブイリを走る

 ツイッターを始めてよかった。勇気ある美しい日本の人々の姿を見つけて、私は生きる勇気をもらっている(と言いながら、2日チェックしていない・・・)。

 戦前生まれ78歳老人が「大本営発表を信じるな」
多くの人々がそう思っていても、声を大にしていえなかったことを、彼女はツイッターで発信した。私たちのささやかな生きる権利を束縛し、右へ倣えが正しくて、自分の頭で考え行動することを良しとしない社会。また戦争時代に逆戻りしているかのようだ。

 福島の高校生の発言にも心を打たれた。
 ある高校生の葛藤/福島原発事故と私。そして、日本のこれから…(自由の森学園H3 M.U)

 9.19「さようなら原発集会」~6万人が参加 
 福島の武藤類子さんのスピーチにはただただ胸を打たれた。

 ・・・人類は、地球に生きるただ一種類の生き物にすぎません。

 自らの種族の未来を奪う生き物がほかにいるでしょうか。 

 私はこの地球という美しい星と調和したまっとうな生き物として生きたいです。ささやかでも、エネルギーを大事に使い、工夫に満ちた、豊かで創造的な暮らしを紡いでいきたいです。

 どうしたら原発と対極にある新しい世界を作っていけるのか。 誰にも明確な答えはわかりません。できうることは、誰かが決めた事に従うのではなく、ひとりひとりが、本当に本当に本気で、自分の頭で考え、確かに目を見開き、自分ができることを決断し、行動することだと思うのです。ひとりひとりにその力があることを思いだしましょう。  

 私たちは誰でも変わる勇気を持っています。奪われてきた自信を取り戻しましょう。 そして、つながること。原発をなお進めようとする力が、垂直にそびえる壁ならば、限りなく横にひろがり、つながり続けていくことが、私たちの力です。

 たったいま、隣にいる人と、そっと手をつないでみてください。見つめあい、互いのつらさを聞きあいましょう。怒りと涙を許しあいましょう。今つないでいるその手のぬくもりを、日本中に、世界中に広げていきましょう。

 私たちひとりひとりの、背負っていかなくてはならない荷物が途方もなく重く、道のりがどんなに過酷であっても、目をそらさずに支えあい、軽やかにほがらかに生き延びていきましょう。

 全文はこちらで読むことが出来ます。

 日曜日の朝(今日)、久しぶりのキャンピングに出発。木曜日に帰ってくる予定。目標は、ジョージ・オーウェル「1984年」読了。1983年に買って(!)今まで積読だったとは全く情けないのだ。僕ちゃんに読めー!と命令されている。そうなのだ。今読まなかったら一体いつ読む?でも字が小さいのが辛いなあ。

« 久しぶりです | トップページ | 手前味噌とキャンピング »

オーガニックのお菓子」カテゴリの記事

手作りを味わう」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree」カテゴリの記事

鶴田静」カテゴリの記事

コメント

嗚呼、布巾がとても可愛い。

いつくらさん

日本からコメントありがとう!
定期購読でもらった、クウネルくんのワンポイントのリネンをちらりとさせてみました。
お味噌を仕込んで一ヶ月が経って、昨日天地返しというのをやりました。
既にお味噌になっていて感動!
そちらは秋が深まってる?
ここはちらほらジャカランダが咲き始めてきましたよ。
良い滞在を。

お陰様で昨日戻って、自宅からのコメントでした。
大阪の箕面でずっとお世話になり、
肌に染み入る秋の涼気と
キンモクセイの香る散歩と
ぷりっぷりの秋刀魚を
うっとりとたっぷりと堪能して帰豪しました。
ほんとね、戻ったらジャカランダ。
半球から半球へ行き来させて貰えるとは…贅沢なことです。

おお、お味噌の天地返し!ですか…。
日本人の胸にがつんと興味が湧いてくる響きでござるなあ。

いつくらさん

失礼しました。てっきり日本からだと思ってました。
お帰りなさい!
昨夜お味噌汁を出来たてのお味噌で作ってみました。
まだ色は白くて甘めですがすごく美味しかったです。
家族にも大好評。
きゅうりに付けて食べたらまた最高。
1年の熟成が待てずに食べきらないようにしなければ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりです | トップページ | 手前味噌とキャンピング »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ