« 嬉しいイースター休み | トップページ | エリンとカースティーを想う »

ホリデイにトラブルもあるさ

 イースター。金曜日から月曜日までの長い週末(タスマニアでは火曜日も祝日だとカレンダーを見て知った)。町はクリスマスのように静かだ。金曜日のお月様。

P1120083
 満月は土曜だったんだね。金曜日だと勘違いしてた。クールで静かなお月様がお隣の大きな水溜り(プールのことだが)に映って美しかった。

P1120094
 ボクちゃんが土曜日の早朝トンカと散歩していたら、近所の民家の庭で前の晩から大きなパーティーがあったらしく、驚いたことにまだ飲んでいる人達がいたそうだ。「大きな夜だったんだね」と声をかけると、「いや、これから始めるのさ」と笑って応えたそうで、いやはや、さすがのオジーである。

 さて、前回のエントリーでリラックスしたホリデイと書いた。確かにそんな感じで始まった。ところが数日前に事件が起こった。事件と言うか事故である。ボクちゃんがピッピを連れてボートを引っ張って釣りに行った帰りに思わぬ追突をされてしまったのだった。乗っていた2人は車から降りてみるまで何が起こったかが全くわからなかったそうだ。それほど大きな衝撃は感じなかったにも拘わらず、車の後部とボートとトレーラー(ぐにゃりと直角に曲がった)が見事にダメージを受けてしまった。

 ボクちゃんはしばらくかなり落ち込んでいた。相手の保険会社がきちんとカヴァーしてくれたらいいんだけど。そういうわけでしばらく私の車がないのだけど、どういうわけか気が楽なのである。自分の起こした事故じゃないだけでこんなに気分が違うのは面白いと思う。2年前に私がちょっぴりへこませた時は相当落ち込んだ。まだ直してなくてよかった。

 昨日はマーケットにボクちゃんのビートルで落としてもらって、買い物の後久しぶりに会う友達も交えてカフェでゆっくりお茶して、また迎えに来てもらってストレスなし。ああ楽しかった。ホリデイはいいね。

 さて、外出してない我が家の今回のホリデイのお楽しみはこれ。

P1120137

 

 ホームシアター!うちにはプラズマ・フラットスクリーンTVはない。でもボクちゃんが職場からプロジェクターを借りてきたので、PCに繋いでついでにステレオにも繋いでみた。スクリーンはシングルサイズ(長さ2mくらい)のシーツで代用。暗幕がないので夜しか観られないけど、迫力の大画面とサウンドですっかり気分はシネマである。

 
 まずはU2の「360 アット・ザ・ローズ・ボール」 と「ヴァーティゴ:ライヴ・フロム・シカゴ」を2本観た。ブリスベンで観た2つのコンサートを再体験したかというくらい思いがけず盛り上がってしまった。「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネーム(約束の地) 」ではもう立ち上がって両腕を振り上げて歌って踊らずにはいられなくなるほど。ストレス発散にすごくいい!

 そういえば(ひとりごとになるけど)、昔ファンクラブの会員だった時、ヴィデオコンサートのオーガナイズを買って出て(若かったなあ)、プロジェクターを借りたことがあった。2日くらい借りて7万円くらいした(ヴィデオデッキが一台10万円位した時代だったからなあ。もちろん代金はレコード会社もち)。それにしても、84年当時リリースされたばかりのキング牧師を歌った「プライド(イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ)」のプロモ・ヴィデオ・テープを再生して、最初にスクリーンに投影した時は本当に鳥肌が立った。ああ昔話。このイヴェントで生涯の友と呼べる人との運命的な出会いもあった。人生が大きく変わる瞬間て、その時にはまるで何も気づいていないものなんだ。

             (追記)2枚組みEPまだ持ってた。

P1120208

 

 最初に観たのは昨年公開されたオーストラリア映画Red Dog。いい映画だった。いちいち登場人物の名前が画面に出てくるところが、「トレイン・スポッティング」(随分前の映画になってしまったな)を思い出させた。笑いあり涙あり(2回は泣いた)犬好きには特にお勧め。実話をベースにしていて原作はイギリスのルイ・ド・ベルニエール(Louis de Bernières)だそうだ。ボクちゃんの大好きな作家で、代表作「コレリ大尉のマンドリン」は私も泣きながら読んだなあ(ニコラス・ケイジ主演の映画はまだ観たことがないが)。

P1120079

 
 

 そして金曜夜からスターウォーズ・マラソン。どれから始めるかと相談して、やっぱり三部作のニューホープから出発。私は途中で睡魔がやってきて棄権しました。

P1120116

 プロジェクター欲しくなってきた。でもヒーターみたいに熱を出すから電気代かかりそう。ちょっと調べたらLEDのプロジェクターというのもあるそうだ。ふうん。まあ、いつか、ね。

« 嬉しいイースター休み | トップページ | エリンとカースティーを想う »

U2」カテゴリの記事

映画・TV」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 おお、ご主人災難でしたね。体は本当に大丈夫でしょうか。ボートとトレーラーが衝撃を吸収してくれたのでしょう。
 車の事故は本当に落ち込みますよね。私も過去の日記に書いていますが、イヤな経験があります。
 ところで、実は私も「訳ありのプロジェクター」を持っています。しかし1回も使っていません。
 Yokoちゃんのところが「ぜいたく」と思うのは、プロジェクターを投影する距離と大音響で鳴らすことができるぐらい隣家から離れていることです。
 日本のほとんどの家庭ではそうはいかないです。ウチはガンガン鳴らしていましたけど。sweat01

 

suikaさん
心配してくださってありがとうございます。
本当に2人とも大した衝撃も感じなかったらしく全くの無傷です。
そうですね、トレーラーの破壊度をみるとそこに衝撃が吸収されたんだと思います。
車の事故で落ち込んだ時は、傷ついたのはたかが鉄の塊なんだからと思うことで気を楽にしてます。
suikaさんの事故では怪我はなかったですか?

壁に画鋲で貼ったベッドシーツを見て贅沢だとは感じないですが、オーストラリアの住宅事情は確かに日本に比べたら恵まれているんでしょうね。
子供達の友達の家には専用のホームシネマの部屋があって映画館と同じ椅子も並んでるんだそうです(プールやテニスコート、サウナやジムなんかまである・・・)。
いつか田舎に住みたいと思っているので、その時にはプロジェクターは手に入れたいなと思いますね。
多分その町には映画館などなさそうだから、近所の人たちを呼んで映画鑑賞会とか楽しそうです。
もちろん電気は太陽光発電。
夢ですけどね。

 もちろんケガしました。当初は痛くなかったのですが、肋骨の亀裂骨折でした。2カ月ほど笑ってもクシャミしても痛かったです。
 2006年12月12日の日記に書いています。
 事故直後は気が張っているので、血が出ないと大したことないと思いがちです。

 プロジェクターのことですが、今は普及品はほとんど液晶だと思います。
 3原色の光源を持つCRT型は持ち運びできないので、マニアしか使ってないでしょう。
 少し高いのがDLP型です。

suikaさん
事故の日記読みました。
酷い話ですね。
命があってよかったです。
今夜のスターウォーズ・マラソン、第五夜のアタック・オブ・ザ・クローンズ。
ずっと棄権してましたが今夜は全部観ました。
映画はやっぱり大画面がいいですね。

大事(おおごと)です、それは。
でもボク氏とピッピちゃんの身が無事で何より中の何より。
本当に大事(だいじ)なもの(家族)が無事だったからよかった。
ボク氏にとって何番目かに大事(だいじ)だったでしょうボートとトレーラーも可愛そうですが。

何曜日の夕方だったかな、あ…土曜日だ、
街の間から出てきたばかりの月が
オレンジ色の大きな真ん丸満月でした。
月はいいな。

いつくらさん
イースターはオーストラリアでは交通事故が一番多い時期だそうです。
保険屋の一番忙しい時なのか、何の音沙汰もありません。
そう、これだけのダメージで済んでむしろほっとしているくらい。
もし、トレーラーから外れたボートが反対車線を走っていた車に当たってたりしてたらおおごとでした。
いろんなシチュエーションを考え始めると、もう怖くて車なんか運転できなくなりますが、注意一生、怪我一秒(春樹さん作)でね。
私もオレンジの満月拝みました。
神秘的でしたね。

yokoさん、事故僕さんも、ピッピちゃんも相手の人も本当に何ともなくてよかったです。
イースターや、大晦日、スクールホリデーなどは私も
あまり車を運転する気になりません。
いくら、自分たちが気をつけていても巻き込まれるということもあるし
そう思うと本当に、怖いですね。車...。
日本では、凍結した高速を飛ばしたりしていたけれど今思うとよくあんな
運転ができたものだと思います。
(滑ってブレーキが聞かなかった事も何度かある)
子供が生まれてから、特にすごく運転に慎重になりました。
おつきさま、とってもまるまるしていて、きれいでしたね。
プロジェクター、すごくナイス!
コデさん、ヨダレ垂らしてしまいます 笑

panimoさん
私も今までの経験で、車の運転に慣れてきた頃に事故は起こしやすいから注意しなくちゃと言い聞かせているけどね。
目もどんどん悪くなって、夜の運転はほんとに怖い。
さて、ホリデイ中は一台車がなくてもやっていけたけど、いざ2学期が始まったら子供達の習い事の送り迎えとかあって困ったことになりました。

プロジェクターがあったら、旧作も映画館で観てるような気分です(ツイン・ピークス観たいね)。
あ、でも今は3Dの時代なのかな。
一度も体験したことないけれど。

あ、私も夜の運転が怖くなって来ました。
夢路の散歩でも、少し暗くなるだけで眼鏡がないとよく見えない..。
車いつごろ戻って来ますか?
近くだし、何かできることあったら言ってください。

ツインピークス、素敵。
旧作を上映するトライバルシアター(昔のデンディーズ)は
コデさんのお気に入りの映画館で
リンチ作品、タランティーノなど、ほっぷ、すきっぷで観に行ってましたが
クローズダウンするとかで、とても残念がっていました。
3Dは、電気屋さんに行く時、コデとチビタは3Dプラスマコーナーでしております。
でも視覚がとても戸惑ってしまっている感覚がいつもしますが..。
オールドファッションで、プロジェクターがやっぱり良いなぁ。

panimoさん
ありがとう。
義理母から車を借りてなんとか乗り切ります。
今日修理屋に訊いたら、あと2週間もかからないということだったので少し安心しました。
ボートとトレーラーはやっぱり新しいのに買い換えることになりそうです。
デンディー、レトロでいい雰囲気の映画館だったよね。
国内外のアートシネマをよく上映してたけど、今はどうなんだろう?
ハミルトンの港の商業開発地区に移ったんだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬉しいイースター休み | トップページ | エリンとカースティーを想う »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ