« 2014年6月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年8月

Lost my voice

 Lost my voice.

 直訳だと声を失うだけど、英語の意味はしゃがれ声になること。日本語の驚いて絶句するという意味にはならない。

 体調を崩して仕事を休んだのは仕事を始めてから今日が初めてだ。先週末のどが痛いなあと気になっていて、酷くなる前に予防しなきゃとうがいを徹底ヴィタミンCも摂っていたんだけどなあ。でも数週間前から金曜日も仕事が入って(先週は今迄で一番忙しい週で26時間働いた!)疲れが溜まってたかもしれないし、早くも今年は花粉症の兆しが現れてきていて免疫系が弱っていたとも考えられる。昨日の月曜日はさあ今週も働くぞと5時半起床で8時に出勤したはいいが、挨拶しようと口を開くとなんと声が出ないのだった。家ではなんともなかったのに!?でも体は元気だったし、ただお客さんと会話が出来ないのでサラダのサーヴィングは他のスタッフに代わって貰って、トースティー12個、ラップ20個、ライスペーパーロール62個、玄米パーソル(これおすすめ!)26個を作った後、10分休憩してビートルートのチョコレートケーキをダブル・バッチ(2個)焼いて1時に仕事を上がった。

 帰りがてらのどの痛みが尋常じゃないのでのど飴(ヴィックスのバター・メンソールが好き。なんだか恐ろしい画像もあるな)を大量買いしてバスに乗った途端に寒気が襲ってきた。そして家に辿り着いた時には体中が痛くて熱があるなとすぐに分かった。寝込むなんて何年ぶりだろう。このブログを始めたころに酷い風邪を一回引いたっきりだったと思うから8年ぶりくらいかな。翌日のゴミ出しのためのトンカのプーパトロール(日々の落し物回収)も出きず、ただロッタのヴァイオリンレッスンの送り迎えはしなくてはならず、ベッドから這い出して38.8℃の熱でふらふらになりながら車の運転をした(片道10分だけど)。うちではお母さんが病気になるなんてめったにあることじゃないから、みんなご飯を用意してくれるし、洗い物もしてくれるし、翌朝弁当も各自作って持って行った。ああ、毎日こうしてもらえたらいいんだけどなあ。。。

 前の日のレッドレンティルと野菜のスープは生姜とにんにくの塊をおろしてターメリック(ここではチューマリックって発音するの最近知った)、クローヴ、ドライジンジャーとチリペッパーを好きなだけ入れて煮てスパーシーホットなスープを昼ごはん。のどに効いた~!

 

P1040329

続きを読む "Lost my voice" »

The Sound of Crying

 ブライアン・イーノがデイヴィッド・バーン(トーキング・ヘッズ)に問いかけた公開書簡をツイッターで見つけた。

 私も今この地球の上で実際に行われている殺戮がなぜ止められないのかただただ疑問に思ってきた。
 兵士たちは自分の生活(家族)のために人殺しをする。
 国家は金をもうけるために武器を製造し他国に売る。
 新型兵器があればさらに大繁盛。
 平和のために人を殺してもいいなんて私たちはそんなことどこで教わった?
 政治家も大企業も利益のためなら平気で嘘をつく。
 人間の尊厳はどこにあるのだろう。
 ただ悲しんでいると自分を消耗してしまう。
 私には守らなくてはならない家族があるのだ。
 でも、だからこそこの問題の深さを想わずにはいられない。

「今日ぼくはパレスチナ人男性が泣きながら肉片の入ったポリ袋を掲げている写真を見かけたんだ。袋の中身の肉は男性の息子の身体だった。この少年の身体は明らかにフレシェット弾を使っていたイスラエルのミサイル攻撃を受けて、ばらばらに切り刻まれることになった(と病院は説明している)。フレシェット弾とはなにかもうご存知だと思うが、これは小さな鉄製の矢じりを数百個爆薬の周囲に固めた爆弾で、これが爆発すると人間の皮膚を切り刻んで剥がしていくことになるんだ。少年は名前をモハメド・カラフ・アル=ナワスラといったそうだよ。5歳だったそうだ。

ぼくはふと、この男性の袋に入っていた少年の肉片が自分の息子でもおかしくなかったのだと気づいて、その思いにもう何年も感じたことのない腹立たしさに捉われることになったんだ。
その後、国連がガザ問題についてイスラエル側に戦争犯罪を犯している嫌疑があるとして調査委員会を設立したいと表明していることを読んだんだ。でも、アメリカはこれに同意しないというんだよ。

一体、アメリカではなにが起きているんだ? アメリカのニュースがいかに偏向しているか、ある事件についての報道があったらそれについての別な見方をほとんど誰も提供しようとしないということもぼくは自分の経験から知っている。でも、本気で調べようと思ったら、実はすぐにでもわかることじゃないか。このあまりにも一方的な、ほとんど民族浄化のような行いをなぜアメリカは盲目的に支持しているんだ? どうしてなんだ? ぼくにはどうしてもわからない。これが単純にAIPAC(アメリカ・イスラエル公共問題委員会。親イスラエル政策を政府に推すアメリカのユダヤ系政治団体)の影響だけでそうなっているんだとぼくは思いたくない。もし本当にそういうことなら、アメリカ政府は基本的に腐敗しきっているということになるからだよ。いや、これだけが原因だとは考えられない……けれども、ほかにどんな原因があるのかぼくには思い当たらないんだ」

「こうしたさまざまな問題をふっかけてしまって申し訳ないと思う。きみがいろんな意味で政治アレルギーだということもぼくはわかっているつもりだけど、これは政治を越えた問題なんだ。いくつもの世代にわたって人類が蓄積してきた文明の資本を今現在浪費して使い尽くそうとしているのはぼくたちなんだよ。ここでの問いかけに大袈裟なものなど一つもないんだ。ぼくにはまったくわからないし、わかれば楽なのにとも思うよ」

x

x

x

x

once more the sound of crying

is number one across the earth

           またしても嘆きの声が

           世界中でナンバーワンになる

 昔大好きだったプリファブ・スプラウト。今になってまた彼らの「サウンド・オブ・クライング」が頭の中で鳴り始めた。

Images

続きを読む "The Sound of Crying" »

« 2014年6月 | トップページ | 2015年2月 »

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ