映画・TV

1954年7月27日


 石垣りんさんは、社会問題を告発する詩をいくつか残している。これは59年前の今日の日記。彼女は今、雲の上からどんな想いで日本を見つめているだろうか。

 

日記より 

 

一九五四年七月二七日
これは歴史の上で何の特筆することもない
多くの人が黙って通りすぎた
さりげない一日である。

 

その日私たちは黄変米配給決定のことを知り
その日結核患者の都庁坐り込みを知る。

 

むしろや毛布を敷いた階段、廊下、庭いっぱいに横たわる患者ストの様相に
私は一度おおうた眼をかっきりと開いて見直す。

 

明日私たちの食膳に盛りこまれる毒性と
この夜を露にうたれる病者と
いずれしいたげられ、かえりみられぬ
弱い者のおなじ姿である。

 

空にはビキニ実験の余波がためらう夏の薄ぐもり
黄変米配給の決定は七月二四日であった、と 新聞記事にしては、いかにも残念な付けたりがある、

 

その間の三日よ
私はそれを忘れまい。

 

水がもれるように
秘密の謀りごとが、どこかを伝って流れ出た
この良心の潜伏期間に
わずかながら私たちの生きてゆく期待があるのだ。

 

親が子を道連れに死んだり
子が親をなぐり殺したり
毎夜のように運転手強盗事件が起り
三年前の殺人が発覚したり、する。
それら個々の罪科は明瞭であっても
五六、九五六トン
四八億円の毒米配給計画は
一国の政治で立派に通った。

 

この国の恥ずべき光栄を
無力だった国民の名において記憶しよう。

 

消毒液の匂いと、汗と、痰と、咳と
骨と皮と、貧乏と
それらひしめくむしろの上で
人ひとり死んだ日を記憶しよう。

 

黄変米配給の決定されたのは
残念ながら国民の知る三日前だった、と
いきどおる日の悲しみを
私たちはいくたび繰り返さなければならないだろうか。

 

黄変米はわずか二・五パーセントの混入率に
すぎない、
と政府はいう。

 

死んだ結核患者は
あり余る程いる人間のただ一人にすぎず
七月二七日はへんてつもない夏の一日である、
すべて、無害なことのように。

 

  (現代詩文庫46 「石垣りん詩集」思潮社より)

 黄変米(おうへんまい)事件についてはここで詳しく読める。当時の厚生大臣が試食して安全性をアピールするなんて、まるで原発事故後の今日の政府の対応そのものだ。


P1020636

 

続きを読む "1954年7月27日" »

8月15日

 51v1pvfe8el

 
 

 LOTRのイヴェントは大成功を収めた。2日間で3回も同じ映画を観た子供たちは、続きが観たくて観たくてさっき完結編を借りてきたDVDで観終わったところだ(今日はブリスベンは祝日だった)。大きなスクリーンの迫力には劣るけどね。

 それにしても生のオーケストラが奏でる演奏と生の合唱が、指揮者の腕でスクリーンのフィルムと同時に進行していくなんて本当に凄い、もう夢のようなコンサートだった。

 プログラムの紹介ページによると指揮者のルードヴィッヒ・ヴィッキはスイスローザンヌ出身で音楽好き一家に生まれ、毎日歌ったり演奏したりして育ったそうだ。特に影響を受けたのがモリコーネなどの映画音楽だったというのが興味深い。なるほどそれだけ映画音楽に対する憧憬が深いと知ると、彼のこの神業のような指揮にも納得がいく。この上のアルバムは彼の指揮で昨年リリースされたそうだ。

 最終公演では演奏が終わってなんとうちのロッタがステージの指揮者のところまで下りていってコアラのぬいぐるみ(!)をプレゼントするという大役を果たした。私達は昼間の公演に行ったのでこの目で見ることができなかった。指揮者と握手したロッタの姿見たかった。でもほんとに合唱団の子供たちみんながんばった。中にはこっくりこっくりしてた子も居たんだって。かわいいなあ。

P1130076_2

 

 

 8月15日。

 今日は義理の父母の58回目の結婚記念日。昨日は義理母がグループ会食があって出かけなくてはならないというので、昼間の3時間義理父を残した家の留守番を頼まれた(最近こういうのがよくある)。彼らの家はここから車で10分ほど。介護のような責任は任されていない。シャワーの手伝いは毎日やってくる訪問介護員の役目である。私が手伝うのは留守番と食事の世話くらい。彼が寝ているほとんどの時間は、義理母のアンリミテッドのインターネットを利用してうちでは観られないYouTube三昧なので退屈しない。

 毎週日曜日は彼らに遅いブレックファストを作ってあげて(作るのはボクちゃん)一緒に食べるようになってもう2年くらいになった。医者から義理父がもう長く生きられないと告げられて以来ずっとである。86歳の彼はもう何も残っていないかのようにほとんど一日中静かに寝ている。それでも若い頃の、戦争時代の記憶だけは昨日のことのようにしっかり憶えているから驚きだ。というか、昨日のことだと彼は思っているのだ。第二次大戦が終わった時彼は19歳。空軍の看護士として働いていて、日本軍の爆撃で負傷した兵士の手当てをしたそうだ。

 

 

続きを読む "8月15日" »

オーケストラで観るロード・オブ・ザ・リングス

Qso_gala2_lord_12_event

        写真はQPACのサイトから。

 今週末のイヴェントはQPACのクイーンズランド・シンフォニー・オーケストラの演奏で観る、ロード・オブ・ザ・リングス フェローシップ・オブ・ザ・リング。

 うちのピッピとロッタが合唱団で参加。今週はリハーサルの追い込みで忙しい子供達。金曜夜と、土曜日は昼夜2回公演。映画は一本3時間。大丈夫かなあ。居眠り禁止だよ。

 この映画、ピッピがお腹に居た時に映画館で観た。映画の突然の大きな音に彼女がびっくりしてお腹を蹴られた思い出が懐かしい。

 

P1120965_2
 

ホリデイにトラブルもあるさ

 イースター。金曜日から月曜日までの長い週末(タスマニアでは火曜日も祝日だとカレンダーを見て知った)。町はクリスマスのように静かだ。金曜日のお月様。

P1120083
 満月は土曜だったんだね。金曜日だと勘違いしてた。クールで静かなお月様がお隣の大きな水溜り(プールのことだが)に映って美しかった。

P1120094
 ボクちゃんが土曜日の早朝トンカと散歩していたら、近所の民家の庭で前の晩から大きなパーティーがあったらしく、驚いたことにまだ飲んでいる人達がいたそうだ。「大きな夜だったんだね」と声をかけると、「いや、これから始めるのさ」と笑って応えたそうで、いやはや、さすがのオジーである。

 さて、前回のエントリーでリラックスしたホリデイと書いた。確かにそんな感じで始まった。ところが数日前に事件が起こった。事件と言うか事故である。ボクちゃんがピッピを連れてボートを引っ張って釣りに行った帰りに思わぬ追突をされてしまったのだった。乗っていた2人は車から降りてみるまで何が起こったかが全くわからなかったそうだ。それほど大きな衝撃は感じなかったにも拘わらず、車の後部とボートとトレーラー(ぐにゃりと直角に曲がった)が見事にダメージを受けてしまった。

 ボクちゃんはしばらくかなり落ち込んでいた。相手の保険会社がきちんとカヴァーしてくれたらいいんだけど。そういうわけでしばらく私の車がないのだけど、どういうわけか気が楽なのである。自分の起こした事故じゃないだけでこんなに気分が違うのは面白いと思う。2年前に私がちょっぴりへこませた時は相当落ち込んだ。まだ直してなくてよかった。

 昨日はマーケットにボクちゃんのビートルで落としてもらって、買い物の後久しぶりに会う友達も交えてカフェでゆっくりお茶して、また迎えに来てもらってストレスなし。ああ楽しかった。ホリデイはいいね。

 さて、外出してない我が家の今回のホリデイのお楽しみはこれ。

P1120137

続きを読む "ホリデイにトラブルもあるさ" »

Friends After 3.11

  ツイッターを始めて一年が経った。著名人、無名の見知らぬ人、老若男女問わず、分刻みで届けられるたくさんのつぶやき。この事実は知っておかなくては。この人いいこと言ってるな。ほんとにそうだなあと思うと、誰かにそれを伝えようとリツイート(届いたツイートをまたそのままツイートしてフォロワーに届けられるしくみ)してきた。私の場合はあまりつぶやきはせず、ほとんどはリツイートだけど気がついたら既に2500もツイートしていた。驚きだ。私のツイートもフォロワーや見知らぬ誰かがリツイートしてくれることがある。これも驚きだ。

 女優の松田美由紀さんがジャーナリストの岩上安身氏と意気投合したのがきっかけとなって結成したロックの会というサロンがある。すぐにツイッターで知ったのだが、メンバーである岩井俊二という映画監督のコメントに特に共感するものがあった。

 その岩井俊二監督がBS番組の放送用(昨年放映)に撮ったドキュメンタリー・フィルム「Friends After 3.11」が、劇場用に再編集されて現在日本各地で公開中だそうだ。

 出演者は、飯田哲也(認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所)、岩上安身(ジャーナリスト)、上杉隆(社団法人自由報道協会代表)、鎌仲ひとみ(映画監督)、小出裕章(京都大大学原子炉実験所助教)、後藤政志(元原子力プラント設計技術者)、小林武史(音楽プロデューサー)、清水康之(NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表)、武田邦彦(中部大学総合工学研究所教授)、田中優(環境活動家)、タン・チュイムイ(映画監督)、藤波心(アイドル)、松田美由紀(女優・写真家)、山本太郎(俳優)、吉原毅(城南信用金庫理事長)。劇場用ではさらにフライング・ダッチマン(ロック・バンド)も追加された。

Main_image

3.11 
東日本大震災。
あの日以来、いろんなことがあった。
遺憾なことばかりではあったが、
不思議なことに 
友達が増えた。
新しい友達、
懐かしい友達、
ネットの世界で知った、
まだ会ったことのない友達、
まだ言葉を交わしたことさえない友達、
彼らの言葉は、
僕らにたくさんの勇気をくれた。
そんな友達の何人かに会ってみることにした。
 

    岩井俊二 「Friends After 3.11」 冒頭のキャプションから

続きを読む "Friends After 3.11" »

BBCドキュメンタリー 「津波の子供たち」

 昨日観た衝撃的なBBCドキュメンタリー "This World 2012 Inside the Meltdown" は、日本のメディアが今までどれほどまで真実を隠し通してきたかということがはっきり映し出されていて衝撃的だった。それに次いでまた今夜もBBCドキュメンタリーを観た。"Japan's children of the tsunami " 「津波の子供たち」。

 3月1日にBBCで放映されたばかりのこの番組は、地震と津波と放射能に無残に痛めつけられても美しい日本の風景と子供達を土足で踏みにじることなく静かに映し出していて、それが悲しみを一掃深くしてしまう。

 残酷な自然の仕打ちに遭い、多くの大切なものを一瞬にして奪われ、そのうえ原発事故によっていまだに理不尽な放射線との背中合わせの生活を強いられている被災地の子供達の純粋なまでの美しさ。何故この子達がこんな酷い目に遭わなくてはならなかったのか?大きくなったら世の中の役に立つ人間になりたいと希望を持っている子供達の姿に強く胸を打たれた。

 あれから一年になろうとしている。

続きを読む " BBCドキュメンタリー 「津波の子供たち」" »

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

 映画の話題がまた続く。日本映画祭が先週あって、家族4人でジブリの「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。どうもオーストラリアでは初公開らしい。入場料タダ。ブリスベンは日本領事館がチケットを無料で出してくれたのだ。13年も住んでいてこんなイヴェントがあるなんて知らなかった。サイトを見てみると、有料の都市もあって上映フィルムも違うみたい。しかし領事館の催しと言うことは日本の税金が使われていることだから、ちょっと罪悪感。でも日本の文化と芸術を知ってもらうお祭りなんだからね。

 いい映画だった。子どもたちはもう100%大満足。ボクちゃんも楽しめたって。しかし、字幕のhuman beanってhuman being の間違い?当然字幕を読んでる人々はみんな笑ってた。あれはわざとなのかな。オーストラリアでは来年1月に封切の予定だ。その時には英語吹き替えになるのかな。そうそう、スピラーという弓矢を持った小人の男の子がジムシー(「未来少年コナン」に出てくる野生児)にそっくりでおかしかった。

 アリエッテイの床下の住処はうっとりするほど素敵だった。やっぱり劇場で観るのはいい。よく考えたら、ジブリのアニメをシネマで見たのはナウシカ以来(それって84年のことだから27年前!?でも今でもよく覚えてる)・・・絶句。。。公式サイトによると、もともと宮崎駿と高畑勲が40年前に考えてた企画だったそうだ。宮崎駿が子供の頃読んで感銘を覚えた原作本メアリー・ノートン「床下の小人たち」機会があったら読んでみたい。

 上映後ロビーでオーストラリアでジブリ作品(日本の名画も)を配給しているMadmanの人たち(マッド・メン?)が待ち構えていて、ヴィデオカメラ持って、「インタヴューに答えてくれたらポスターをあげるよ~」と言うので、迷わずピッピの背中を押す。普段恥ずかしがりやの彼女もこの時ばかりは特大ポスターにつられた。頂いてきたのがこれ。

P1110081


続きを読む "ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず" »

ビクトル・エリセ「アナ、3分」

 スペインのビクトル・エリセ の映画「エル・スール」が初めて85年に日本で公開されることになり、その時に彼の前作「ミツバチのささやき」も12年経って初公開された。名古屋のインディペンデント・ミニシアターでエリセ映画を立て続けに初体験したのだが、いまだに私の心の奥底に灯火を残す忘れがたい映画だ。アナ・トレントは7歳の時に「みつばちのささやき」で主演した。

B245fe7d
20091030_3291089_3

 そのエリセが撮ったアナ・トレントの3分の動画をツイッター経由で見つけた。

 以下YouTubeより転載。

============================

 主演アナ・トレント 監督ビクトル・エリセ 3.11 A Sense of Home Films

今もう一度、誰もが"A Sense of Home"(「家」という感覚)から生まれる、"家族とは"  "ふるさととは" "祖国とは" というものを再認識・再確認するべきこの機会に、世界中の人と考えてみたい。

続きを読む "ビクトル・エリセ「アナ、3分」" »

走って観にいった「ノルウェイの森」

 オーストラリアでもようやく封切られた映画「ノルウェイの森」。

 夜8時20分からの上映に充分間に合うつもりで友人と出かけたのに、実は映画館を間違えてて、ジェームズ・ストリートからバラックスまで車で10分(だったかな。こういうときに限って信号にひっかかる)友人と慌てて駆け込むというハプニングがたまらなく超日常的で映画のワンシーンのような感覚がまた刺激的だった。まず、夜友人と映画を観に行くという行為だけでも刺激的なのだが。

 小説のイメージを全く壊すことなく、ただただ美しい映像と音楽に息を呑んだ。まるでヨーロッパの映画を観ているような錯覚を起こしたのは、監督と脚本がフランスで育ったヴェトナム人トラン・アン・ユンと、音楽がレイディオヘッドのギタリストだからなのだろうか。

 ストーリーもさることながら、個人的には1969年のノスタルジックな雰囲気が十分楽しめた。赤い公衆電話とか、黒電話の受話器に付いていた芳香剤とか。中古レコード屋のレコード針やローラ・ニーロ(春樹さんの好きな)の「イーライと13番目の懺悔」もね(このアルバムを知ったのは20代の頃だけど)。

 ストーリーだけで理解しようとしたら、「だから何なの?」かもしれない。だけど、やっぱり切ない。どうしようもなく悲しい。こういう気持ちを純粋に引き起こさせること、物語に心を預けることってやっぱり必要なんだと思った。

 映画とは関係ないけれど、会場を出たらラウンジでジョー・ジャクソンの82年のヒット曲「ステッピン・アウト」がかかっててまた嬉しくなった。最近また思い出して聴いていたりしてたんだ。

続きを読む "走って観にいった「ノルウェイの森」" »

雨の日に

 雨。武満徹のCDを久しぶりに聴いている。

 雨ぞ降る。雨の呪文・・・。最近、ジョニがタルコフスキーと武満のファンだと知って嬉しくなった。私は武満やタルコフスキーについての多くを語れないけれど。

61edjnnfl7l__sl500_aa300__2 
 タルコフスキーの映画を初めて観たのは20年以上も前だったか。映画館でスクリーンに眼を見張りながら、静寂と映像の美しさに息を呑んだのを思い出す。

 武満徹インタヴュー アンドレイ・タルコフスキー - 芸術家の避けられない宿命

続きを読む "雨の日に" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI | Anuna | Ben Watt | Billy Bragg | Blue Nile | Blues Brothers | Bonnie Raitt | Bothy Band | Brian Eno | Bruce Hornsby | Buggles | Bulgarian Voices | Cat Stevens | Cecile Corbel | Clannad | Cocteau Twins | Darol Anger | Dave Stewart & Barbara Gaskin | Davy Spillane | Donal Lunny | Eddi Reader | Ella Fitzgerald | Elvis Costello | Fairground Attraction | First Aid Kit | Five Guys Named Moe | Fred Neil | Frying Dutchman | Gavin Bryars | Georgie Fame | Glenn Gould | Go-Betweens | Godley & Creme | Gotye | Harold Budd | Hector Zazou | Hoodoo Gurus | Hooley Dooleys | Hothouse Flowers | Howard Jones | Indigo Girls | Jane Siberry | Jay Ungar | Joe Jackson | Joni Mitchell | Jonny Greenwood  | June Tabor | k.d.lang | Kate Bush | Katie Noonan | Keith Jarrett | Kimbra | Kirsty MacColl | Lemon Trees | Liam O'Flynn | Liam O'Maonlai | Liberty Horses | Lou Reed | Luka Bloom | Luke Howard | Maria Callas | Marilyn Crispell | Martin Hayes | Micheál O'Domhnaill | Midnight Oil | Mike Oldfield | Nightnoise | Pat Metheny | Paul Simon | Pogues | Police | Pomplamoose | Prefab Sprout | Pretenders | Robert Wyatt | Rutles | Silly Sisters | Simon and Garfunkel | Sinead O'Connor | Soak | Spinal Tap | Staff Benda Bilili | Steely Dan | Sting | Suzanne Vega | Talk Talk | Tom Waits | U2 | Van Morrison | Waterboys | Wiggles | Wonder Stuff | World Party | Yoko Ono | こども | はじめに | ひとりごと | アニメーション | アロマ・セラピー | アンジェラ・アキ | アンティーク | アート、クラフト&ソーイング | オーガニックのお菓子 | オーガニック農家 | キャンピング | サイクリング | ダライラマ | トンカ | バイク | パディントン | フェアトレード | ブッシュ・ウォーキング | マーケット | ヴェジ料理 | 健康 | 元ちとせ | 動物 | 和合亮一 | 地球と人にやさしく | 坂本龍一 | 太田裕美 | 宇宙 | 宮崎駿 | 小出裕章 | | 岩井俊二 | 平和と愛と | | 忌野清志郎 | 手作りを味わう | 新川和江 | 日本 | 映画・TV | | 村上春樹 | 植物 | 武満徹 | 河上肇 | 海、川、湖 | 深呼吸 | 登山 | 石垣りん | | 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree | 自然災害 | 茨木のり子 | | | 谷山浩子 | 谷川俊太郎 | 貧困問題 | | 遺伝子組み換え | 野鳥 | 金子みすゞ | 金子光晴 | 音楽 | 食材 | | 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ