平和と愛と

Lost my voice

 Lost my voice.

 直訳だと声を失うだけど、英語の意味はしゃがれ声になること。日本語の驚いて絶句するという意味にはならない。

 体調を崩して仕事を休んだのは仕事を始めてから今日が初めてだ。先週末のどが痛いなあと気になっていて、酷くなる前に予防しなきゃとうがいを徹底ヴィタミンCも摂っていたんだけどなあ。でも数週間前から金曜日も仕事が入って(先週は今迄で一番忙しい週で26時間働いた!)疲れが溜まってたかもしれないし、早くも今年は花粉症の兆しが現れてきていて免疫系が弱っていたとも考えられる。昨日の月曜日はさあ今週も働くぞと5時半起床で8時に出勤したはいいが、挨拶しようと口を開くとなんと声が出ないのだった。家ではなんともなかったのに!?でも体は元気だったし、ただお客さんと会話が出来ないのでサラダのサーヴィングは他のスタッフに代わって貰って、トースティー12個、ラップ20個、ライスペーパーロール62個、玄米パーソル(これおすすめ!)26個を作った後、10分休憩してビートルートのチョコレートケーキをダブル・バッチ(2個)焼いて1時に仕事を上がった。

 帰りがてらのどの痛みが尋常じゃないのでのど飴(ヴィックスのバター・メンソールが好き。なんだか恐ろしい画像もあるな)を大量買いしてバスに乗った途端に寒気が襲ってきた。そして家に辿り着いた時には体中が痛くて熱があるなとすぐに分かった。寝込むなんて何年ぶりだろう。このブログを始めたころに酷い風邪を一回引いたっきりだったと思うから8年ぶりくらいかな。翌日のゴミ出しのためのトンカのプーパトロール(日々の落し物回収)も出きず、ただロッタのヴァイオリンレッスンの送り迎えはしなくてはならず、ベッドから這い出して38.8℃の熱でふらふらになりながら車の運転をした(片道10分だけど)。うちではお母さんが病気になるなんてめったにあることじゃないから、みんなご飯を用意してくれるし、洗い物もしてくれるし、翌朝弁当も各自作って持って行った。ああ、毎日こうしてもらえたらいいんだけどなあ。。。

 前の日のレッドレンティルと野菜のスープは生姜とにんにくの塊をおろしてターメリック(ここではチューマリックって発音するの最近知った)、クローヴ、ドライジンジャーとチリペッパーを好きなだけ入れて煮てスパーシーホットなスープを昼ごはん。のどに効いた~!

 

P1040329

続きを読む "Lost my voice" »

The Sound of Crying

 ブライアン・イーノがデイヴィッド・バーン(トーキング・ヘッズ)に問いかけた公開書簡をツイッターで見つけた。

 私も今この地球の上で実際に行われている殺戮がなぜ止められないのかただただ疑問に思ってきた。
 兵士たちは自分の生活(家族)のために人殺しをする。
 国家は金をもうけるために武器を製造し他国に売る。
 新型兵器があればさらに大繁盛。
 平和のために人を殺してもいいなんて私たちはそんなことどこで教わった?
 政治家も大企業も利益のためなら平気で嘘をつく。
 人間の尊厳はどこにあるのだろう。
 ただ悲しんでいると自分を消耗してしまう。
 私には守らなくてはならない家族があるのだ。
 でも、だからこそこの問題の深さを想わずにはいられない。

「今日ぼくはパレスチナ人男性が泣きながら肉片の入ったポリ袋を掲げている写真を見かけたんだ。袋の中身の肉は男性の息子の身体だった。この少年の身体は明らかにフレシェット弾を使っていたイスラエルのミサイル攻撃を受けて、ばらばらに切り刻まれることになった(と病院は説明している)。フレシェット弾とはなにかもうご存知だと思うが、これは小さな鉄製の矢じりを数百個爆薬の周囲に固めた爆弾で、これが爆発すると人間の皮膚を切り刻んで剥がしていくことになるんだ。少年は名前をモハメド・カラフ・アル=ナワスラといったそうだよ。5歳だったそうだ。

ぼくはふと、この男性の袋に入っていた少年の肉片が自分の息子でもおかしくなかったのだと気づいて、その思いにもう何年も感じたことのない腹立たしさに捉われることになったんだ。
その後、国連がガザ問題についてイスラエル側に戦争犯罪を犯している嫌疑があるとして調査委員会を設立したいと表明していることを読んだんだ。でも、アメリカはこれに同意しないというんだよ。

一体、アメリカではなにが起きているんだ? アメリカのニュースがいかに偏向しているか、ある事件についての報道があったらそれについての別な見方をほとんど誰も提供しようとしないということもぼくは自分の経験から知っている。でも、本気で調べようと思ったら、実はすぐにでもわかることじゃないか。このあまりにも一方的な、ほとんど民族浄化のような行いをなぜアメリカは盲目的に支持しているんだ? どうしてなんだ? ぼくにはどうしてもわからない。これが単純にAIPAC(アメリカ・イスラエル公共問題委員会。親イスラエル政策を政府に推すアメリカのユダヤ系政治団体)の影響だけでそうなっているんだとぼくは思いたくない。もし本当にそういうことなら、アメリカ政府は基本的に腐敗しきっているということになるからだよ。いや、これだけが原因だとは考えられない……けれども、ほかにどんな原因があるのかぼくには思い当たらないんだ」

「こうしたさまざまな問題をふっかけてしまって申し訳ないと思う。きみがいろんな意味で政治アレルギーだということもぼくはわかっているつもりだけど、これは政治を越えた問題なんだ。いくつもの世代にわたって人類が蓄積してきた文明の資本を今現在浪費して使い尽くそうとしているのはぼくたちなんだよ。ここでの問いかけに大袈裟なものなど一つもないんだ。ぼくにはまったくわからないし、わかれば楽なのにとも思うよ」

x

x

x

x

once more the sound of crying

is number one across the earth

           またしても嘆きの声が

           世界中でナンバーワンになる

 昔大好きだったプリファブ・スプラウト。今になってまた彼らの「サウンド・オブ・クライング」が頭の中で鳴り始めた。

Images

続きを読む "The Sound of Crying" »

「シカタガナイ」を追放

 原発の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて、専門家の立場から警告を発し続けた高木仁三郎氏の本『市民科学者として生きる』(岩波新書)の終章の始めに、カレル・ヴァン・ヴォルフレン著『人間を幸福にしない日本というシステム』からの引用がある。                                               

   こんなふうに説得を進めさせて下さい。個人はすべて、少しだけなら自分の環境を変える能力がある。(中略)そうなる前提として、あなたは基本的で重大な一歩をまず踏み出さなければならない。(中略)つまりそれは、日本で最も頻繁に使われる政治用語「シカタガナイ」をあなたの辞書から追放すること。”

 
                                                  

 21日は参議院選挙。在外選挙は7月5日に始まり、私は先週の初めに仕事帰りに日本領事館で投票してきた。いつも思うのだが、領事館の投票所(事務所ではなく同じフロアの別室)に待機している役員全員(5、6人)から投票会場に来た私一人に視線が集まるので(投票に来る人はまばらだ)いつもものすごい緊張感を伴う。この緊張感に勝てなくて、というか崩したくていつも何か話をしてしまいたくなる衝動に駆られるのだがこれは適切な行為ではないのかもしれない(実際してしまった)。

 今回の選挙で違ったことは、今まで在外選挙証保持者へ直接封書で送ってくれた知らせがなかったことだ。ネットで情報が入ってくるから私はいいけれど、ちょっと不親切ではないかと思った。訊いたら「今回から廃止になった」ということ。ちなみにこのサイトによると昨年の衆院選で在外選挙登録していても投票した有権者はたった20%程度だったそうだ。

 思えば、在外選挙制度が始まったのがちょうど私がオーストラリアに来た年からだった。その時以来の登録だったので、地元の区役所から届いた在外選挙人証の欄は今回の投票でいっぱいになった。次の選挙に必要な新しいカードを発行するために申請書を領事館に提出したのだが、その時スタンプいっぱいになった古いカードを持っていかれたのが残念だった。皆勤賞とかないの(笑)?

 しかし近頃の領事館のセキュリティーチェックの厳しさには驚くものがある。用事がある2つの部屋に行くのに2人の警備員がIDカードの確認と金属探知機片手で歓迎してくれるのだ。今までこんなんだったっけ?領事館入場では携帯電話とカメラも入り口で預けなければならなかった。

 今日はそんなのほほんとした気分でこれを書いているわけではないのだ。とにかくこの1、2週間選挙と政治関連のニュースに目が離せない。選挙のため軒並みに増えてくるツイッターのタイムラインを無視できなくて毎晩iPodタッチ(ツイッターに便利、だけど目が悪くなるなあ)を持って布団に入っていたら昨日で総ツイート数が4000に届いてしまった。ほとんどがリツイートけれど、もうとにかく黙っていることなんてできない。たかが一票、されど一票。

 昨夜読むことが出来たジブリの会報”熱風”の特集「憲法改正」には涙が出る思いだった(無料PDF配信は明日20日18:00まで)。私達は政治に参加しなくてはならない義務などない。参加出来る権利があることを頭にいれておくべきだ(ちなみにオーストラリアでは投票は義務である。投票会場の小学校などではケーキストールや古本ストールなんかが出てちょっとしたお祭り)。 平和な暮らしを他人任せにしてはいけない。

 追記:7/26のBLOGOSに宮崎さんの「憲法を変えるなどもってのほか」が全文掲載されました。

 追記2:PDFのリンクがみつかりました。

Tnfigsg

続きを読む "「シカタガナイ」を追放" »

8月15日

 51v1pvfe8el

 
 

 LOTRのイヴェントは大成功を収めた。2日間で3回も同じ映画を観た子供たちは、続きが観たくて観たくてさっき完結編を借りてきたDVDで観終わったところだ(今日はブリスベンは祝日だった)。大きなスクリーンの迫力には劣るけどね。

 それにしても生のオーケストラが奏でる演奏と生の合唱が、指揮者の腕でスクリーンのフィルムと同時に進行していくなんて本当に凄い、もう夢のようなコンサートだった。

 プログラムの紹介ページによると指揮者のルードヴィッヒ・ヴィッキはスイスローザンヌ出身で音楽好き一家に生まれ、毎日歌ったり演奏したりして育ったそうだ。特に影響を受けたのがモリコーネなどの映画音楽だったというのが興味深い。なるほどそれだけ映画音楽に対する憧憬が深いと知ると、彼のこの神業のような指揮にも納得がいく。この上のアルバムは彼の指揮で昨年リリースされたそうだ。

 最終公演では演奏が終わってなんとうちのロッタがステージの指揮者のところまで下りていってコアラのぬいぐるみ(!)をプレゼントするという大役を果たした。私達は昼間の公演に行ったのでこの目で見ることができなかった。指揮者と握手したロッタの姿見たかった。でもほんとに合唱団の子供たちみんながんばった。中にはこっくりこっくりしてた子も居たんだって。かわいいなあ。

P1130076_2

 

 

 8月15日。

 今日は義理の父母の58回目の結婚記念日。昨日は義理母がグループ会食があって出かけなくてはならないというので、昼間の3時間義理父を残した家の留守番を頼まれた(最近こういうのがよくある)。彼らの家はここから車で10分ほど。介護のような責任は任されていない。シャワーの手伝いは毎日やってくる訪問介護員の役目である。私が手伝うのは留守番と食事の世話くらい。彼が寝ているほとんどの時間は、義理母のアンリミテッドのインターネットを利用してうちでは観られないYouTube三昧なので退屈しない。

 毎週日曜日は彼らに遅いブレックファストを作ってあげて(作るのはボクちゃん)一緒に食べるようになってもう2年くらいになった。医者から義理父がもう長く生きられないと告げられて以来ずっとである。86歳の彼はもう何も残っていないかのようにほとんど一日中静かに寝ている。それでも若い頃の、戦争時代の記憶だけは昨日のことのようにしっかり憶えているから驚きだ。というか、昨日のことだと彼は思っているのだ。第二次大戦が終わった時彼は19歳。空軍の看護士として働いていて、日本軍の爆撃で負傷した兵士の手当てをしたそうだ。

 

 

続きを読む "8月15日" »

広島、福島・・・キャンドル・ライトの祈り

 在ブリスベン日本領事館前での脱原発アクションで知り合った年配の女性ジョーン・シアーズさん。かれこれ30年も毎年8月にノーモアヒロシマを訴えているのだそうだ。ブリスベンに10年以上も住んでいてあなたを知らなくてごめんなさい。私も今年から参加します。

 ノーモア広島。ノーモア福島。

 
 キャンドル・ライトの祈りは8月3日金曜日4時半から6時半、キング・ジョージ・スクエアで開かれます。

P1120968

HIROSHIMA - NEVER AGAIN 
RALLY AND CANDLE LIGHT VIGIL

King George Square Grand Ramp
Friday 3rd August
4.30 - 6.30pm

Remember Hiroshima - Remember Fukushima


Speakers:
Sam Watson  - Aboriginal Community Worker
Kishiko Susuki - Building the anti-nuclear movement in Japan and internationally
Rosemarie Severin FOE Qld  - Australian involvement in the Global Nuclear Chain
Danielle Viliunas  Qld Co-ordinator and a National Vice-president of MAPW.Medical Association for Prevention of War
Mucic and Songs : Combined Unions Choir                            
Brisbane Combined Peace Activists Choir

For information contact : Joan Shears (07) 3358 9497

Rally for Peace and Nuclear Disarmament Inc <>  PO Box 2236 Brookside 4053

「ヒューマン・エラー」でまた涙

 フライング・ダッチマンの「humanERROR」のプロモ・ヴィデオ(京都三条大橋でのゲリラ・ライヴ)が届いた。 英語対訳字幕付き。彼らのHPには歌詞と英訳もでてる。

 3月10日と11日にはHuman ERROR 100万人パレードのイヴェントも行われるそうだ。海外からも参加できるらしい。私も安全で平和な世界と日本を願ってこぶしを振り上げたいな。

続きを読む "「ヒューマン・エラー」でまた涙" »

フライング・ダッチマン「ヒューマン・エラー」ライヴ

 NO NUKES MORE HEARTS主催による、12月3日(土)渋谷・原宿で行われた「NO NUKES! ALL ST☆R DEMO」のデモ後集会で、フライング・ダッチマンが演奏した動画が早速YouTubeに上がってた。

  NO NUKES MORE HEARTSは、全ての原子力発電所、再処理工場などの核燃料サイクルに異議を唱え、脱原発、持続可能な自然エネルギーに国策がシフトすることを求め、東京をベースに2007年から活動を始めた非営利のグループ。

 生演奏はさらに凄まじい。この日ベースを演奏しているのは夕焼け楽団やサンディー&サンセッツの久保田真琴だって!

 フライング・ダッチマンは生半可じゃない。集まったオーディエンスのすごい熱気。私もこの中に飛び込みたい!

続きを読む "フライング・ダッチマン「ヒューマン・エラー」ライヴ" »

フライング・ダッチマンの魂の叫び

 フライング・ダッチマン「ヒューマン・エラー」を聴いた。

 泣いた。すさまじいテンション。正真正銘のロック。魂の叫びだ。

 

 以下の歌詞は聴き取り

 ・・・・・どんなに遠回りしたって
 なんど生まれ変わったって
 目指すところはひとつさ 
 愛だろ?愛だろ?愛!
 きれいごとでもねえし
 照れてる場合じゃねえんだよ 
 Loveなんだよ!
 愛なんだよ!
 Loveって言ってみろ!
 愛って言ってみろよ! ・・・・・ 

 話題沸騰中の反原発ソングを歌うバンド『Frying Dutchman』 Pouch[ポーチ]

原子童話

 8月に読む石垣りんさんの詩。

Imgp1824

  子童話        

戦闘開始 二つの国から飛び立った飛行機は
同時刻に敵国上へ原子爆弾を落しました

二つの国は壊滅しました

生き残った者は世界中に               
二機の乗組員だけになりました

彼らがどんなにかなしく                  
またむつまじく暮したか――                

それは、ひょっとすると               
新しい神話になるかも知れません。            

             (1949年9月)

続きを読む "原子童話" »

小豆を炊いて日本のうたを聴く

 今日は15日なので小豆を炊いた。昔祖母はそう言って1日と15日には小豆でおはぎやお汁粉やお赤飯を炊いていた(「お」が付く言葉はみんな愛おしい)。豆を煮る匂いはふるさとの匂い。

 お豆の煮える匂いって心も体も温かくしてくれるようだ。小豆は体を温めてくれるんだよね。今日のあんこの甘みははライスシロップだけ。味見ばかりしていてもうおなかいっぱい。これに何を併せよう?ミレット(キビ?粟?)饅頭やってみるか?

 P1100056
 これはグランマの裏庭のマカダミアの大木。

Photo0512

続きを読む "小豆を炊いて日本のうたを聴く" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ