冬の生活

8月!またしても半年が瞬く間に過ぎていった・・・。

実はこの半年は去年の倍以上働いていた。今年の初めに突然職場のマネージャーの女の子が辞めてしまうという出来事があって、新しいフルタイムのスタッフも決まらないまま、ワーキング・イクスピリアンス(接客業のコースで学んでいる人々が実際にお店で見習いとして給料なしで働く)の人々を午前と午後1人ずつ迎えながらなんとか少人数で回してやってきた。今まで言われたことを聞いて働くことはそう難しくなくて、私結構できる?なんて思ってたら、突然相手に説明したり頼んだりすることが最近増えて、それが実は私には凄く苦手だということに今更気が付いたのであった。人にものを頼むのは相手が年下であっても丁寧な言い方をする方が好感が持たれると思う。それにしてもいろんなバックグラウンドを持った人々と一緒に働くのは勉強になる。

この数週間手伝ってくれているのはエルサルヴァドル人の両親を持つオーストラリア生まれのG君。凄く素直で優しい子だけど、この間午前中働いた彼の帰りがけに「午後は何をするの?」と気軽に訊いたら「今朝お父さんが黙って家を出て行ったんだ。だから気落ちしたお母さんをなだめなくっちゃね」とあっけらかんに語るので思わず絶句してしまった。「そうなんだ大変だね。他に兄弟はいる?」「5人ね。でもそのうち2人はエルサルヴァドルで小さい時に亡くなってるんだ」また絶句。お母さんは45歳だって。想像を越えるような人生を歩んで来ているんだろう。コースが終わって早く仕事が見つかるといいねG君。

さてこの日記の下書きを始めたのが4週間前の冬休み中。でもなかなか進まないうちにホリデイは終わって、その後国会で安保法案が無理矢理通ってしまったりして歯軋りしながら日本を外から見守っている日々だった。ホリデイはたくさん働いた分自分を労わなくちゃとリラックスできた。でももう昔のように、スクールホリデイに家族でキャンピングを楽しむということはなくなってしまった。いや、親の方は行きたいのだが、子供たちは行きたがらない。それぞれいつでもコンタクトしている友人達がいて、彼らとショッピングや映画に行ったり、家に泊まりに行ったり(泊まりに来たり)、スカイプで何時間も繋がっておしゃべりしたり、歌ったり楽器を鳴らしているのが楽しいらしい。全く私の子供の頃と違う世界に住んでいる子供達だ。

子供達と言えば、この間学校から成績表をもらってきて親の予想を超えて彼女たちが頑張っているのを知った。特に高校に入ったばかりのロッタがいい評価をもらっていて自信をつけている。学校に行くのが楽しいって言う彼女達、制服を着ると本当に成長してみえる。魔法にでもかけられているみたいに。ティーンになって手がかからなくなったと言えばそうであるがまだ子供(2人とも私より背が伸びたけれど)、いつでもそばにいるよ愛してるよと伝えて、プレシャスでゴージャスだってハグしてあげると凄く効き目がある(これは子供達だけでなく、他の家族にも必要なんだよね。日本人の私はそれを良く忘れがち。。。)。

2ヶ月くらい前だけど初めて足を運んだ川沿いの町、バリンバ(Bulimba)。ヴィンテージなシネマがあって(入場料が安い!)お洒落なお店がたくさん並んでいた。少し旅行者気分。それにしても16年住んでて初めて行っただなんて。ひんやりとしたブリスベンリヴァーの夕暮れ。

Img_4289

続きを読む "冬の生活" »

久しぶり

Happy New Year!

 ずっと元気でした。先週から新学期が始まって、スクールホリデイ中はずっとお休みをもらっていた私も仕事再開。 7週間ぶりに戻った職場のバックルームが改装されてキッチンが広くなって嬉しい。

 それにしても去年の後半はあれよあれよという間に過ぎていった。一昨年のキッチン改装に続きバスルームの改装(どちらも中途で終わったまま)。家の中の一角は物置状態でホリデイ前半は片付けと掃除に明け暮れた。ebay初挑戦でキッズのロフトベッド2台が新しい子供達の部屋に旅立って行った。ボクちゃんの子供の時乗ってたらしいプジョーの自転車も売れたぞ。11月はボクちゃんと名古屋の路上で出会ってから20年という記念の日があったけど、忙しくて何もしなかった。。。

 女の子たちはまた背が伸びた。下のロッタは164cmで今年中には私を追い越すだろう。ピッピはもう170cmを超えてまだまだ伸びるつもりのよう。昔GPのドクターに子供たちに牛乳を飲ませるのをやめたとのだと話したら、カルシウムが足りなくなるわよと心配されたけど、あれから背はぐんぐん伸びたし骨折したことだって一度もない(チーズとアイスクリームは食べさせてたけどね)。そのドクターにピッピは喘息だと診断されたんだっけ。ロッタも同じ時期に何度も長引く風邪を引いて抗生物質を出された(絶対に飲んでくれなかったが)。喘息の薬の処方箋を破り捨て、牛乳アレルギーのことをネットで知って試しに飲ませるのをやめたら、瞬く間に咳も鼻水も止まり、以来風邪のひとつも引かなくなった。子どもたちが医者に会ったのはそのときが最後になった。

P1030297_4

 酷署が続いた新年。旧いバスタブは今は前庭の木の下にあって、水浴びにとても良い。 子供のように水と遊び、水と愉しみながら、この原始的な涼のとり方がエアコンよりもはるかに気持ちがいいとしみじみ体で感じた。

 P1030380

 

続きを読む "久しぶり" »

永久に原発ゼロの日を信じて

 2012年5月5日原発稼働ゼロの日。北海道泊原発が定期検査のため今日日本時間午後5時に運転中の原子炉に制御棒を挿入、出力を下げる作業が始まり、午後11時に発電出力がゼロになり、6日の午前2時には核分裂が停止するそうだ。原発稼動ゼロは実に42年ぶりのことだという。

 今年の初め強く信じたことが現実に起こった。永久に原発ゼロの日に向けて大きな一歩であると信じる。みんなが目を覚ますときが来た。

 「90年生きてきて今ほど悪い日本はありません。このままの日本を若者に渡せない」  
 寂聴さん、霞が関でハンスト参加 大飯原発再稼働に反対 共同通信社

 瀬戸内寂聴さんが反原発の座り込みで語ったこと (NAVERまとめを見つけたのでこれも追加)

 寂聴さんの言葉

 90のばあさんがここに座ったら、マスコミに取り上げられ、それを見た若者が張り切って行動してくれると思って。」 出典東京新聞

 広島や長崎で原爆の被害を受けた日本が唯々諾々と原発を使っているのは恥ずかしい。原発はなくさないといけない。」 出典goo ニュース

 誰かに任せてなんで(原発が)無くなるんですか。自分たちで戦って無くさなきゃいけないんです。人任せにしてどうして無くなりますか。自分が動かないとダメですよ。」 出典Twitter

 (原発の再稼働について)何を考えているのかと思った。これまでにないくらい日本の状態は悪くなっている。」 出典瀬戸内寂聴さんらが反原発を訴え NHKニュース 

 これまで生きてきて、福島の原発事故のような恐ろしいことは戦争以外に一度もなかった。政府は再稼働をどうして焦るのか。」 出典東京新聞 

 「原発事故は人災であり、同じことを繰り返しては子どもや若い人たちがかわいそうだ。」 出典東京新聞 

 「(大手メディアに向けて) あなた達記者も、命をかけて報じなさい。」 出典Twitter

 寂聴さんありがとう。どうか無理をなさらずに。

 

 花が咲いて今は実が収穫時の雑草のごとき紫蘇。明日こそ摘まなきゃ。今年は塩漬けにするの。

P1120275

 

 

続きを読む "永久に原発ゼロの日を信じて" »

戦争の後、犬を連れたレネとジョルジェット・マグリットは

 新学期が始まって早5週間。既にターム1(1学期)の半分を通過した。去年の今頃はどうしていたかなとブログを開けてみると、ロッタがコマッタちゃんなのは新学期が始まったせいなんだと分かる。南半球の五月病と診断してもいいかな。しかし今年のはなかなか手ごわい。

 
 イヤー7のピッピは学校でミュージック・キャプテンに任命された。朝礼の就任式を見に行った。ピッピ大きくなったなあ。身長が一ヶ月前の誕生日からさらに2センチ伸びて164cm(朝起きて彼女に会うと突然伸びているのがわかる)。

 子供達の習い事は去年と同じだが、今年からロッタのジムナスティックスは夜の6時から8時まで。ピッピの合唱団の練習は土曜日ではなく火曜日に変わり、夜6時半から8時半まで。夕飯時に家族全員が揃わないというのは我が家では初めてだ。今年は合唱団のタスマニア(ロッタ)とニュージーランド(ピッピ)旅行もあるんだっけ。。。子どもたちはみんな日一日と成長している。この前まで赤ちゃんだと思っていたのに。。。

 そういう私はと言えばまたひとつ年を取り、40代最後の一年に足を踏み入れた。

P1110764

 最近よく焼いているのはソーダブレッド。昔旅行したアイルランドで何度か食べた懐かしい味。サルタナを入れて午後のお茶の友。ジャムとダブルクリームも付けちゃう。

P1110717

続きを読む "戦争の後、犬を連れたレネとジョルジェット・マグリットは" »

気がついたらもう2月 

 気がついたらもう2月。蒸し暑い日が続くが、私にはこの温度と湿度が嬉しい。一日二食、トンカと散歩、2週間でホリデイ太りの3kg減量。通常の生活に戻った。

 今日は季節を分ける節分。毎年忘れているのだが、今年は何故だか覚えていた。今日行った鍼治療でジュディに節分の話をした時に、最後に日本で豆まきをしたのはいつだったのかなあと考えた。多分親と一緒に住んでいた時だと思うけど、20年以上も前のことだ。子供の時、煎り大豆と一緒に投げてもらえるキャラメルや飴玉が嬉しかったことを、彼女に話しながら思い出してふっと幸せな気分を味わった。こういう懐かしい記憶の岸辺に辿りつくのはいいものだ。

 義理母の葡萄が今年は豊作。種があるけど甘くて美味しい。

Photo1138
 

 うちではカフィア・ライムのフルーツが生った。葉っぱはタイ料理でよく使うが、果実を見たのは初めて。日本語でコブみかんって呼ぶ意味がわかった。甘く実ったパッションフルーツもたくさん採れた。

P1110678

続きを読む "気がついたらもう2月 " »

手前味噌とキャンピング

 雨の土曜日。 早朝からいきなりごろごろなんて普通じゃない。それにしても朝のストームって今まであったっけ? マーケットの人々大丈夫かなあと心配しながら、小雨になるのを待って今朝は8時過ぎに行って来た(まあいつもと同じ時間)。 ちょっぴり元気のないマーケット。 車がすぐ停められて良かったけど。

 ボクちゃんはキューバ音楽のバンドの仕事で今朝8時メルボルンに飛んだ。・・・筈だったが、普通じゃない悪天候のため飛行機が飛ばず、4時間遅れで出発したらしい。エアポートでリハーサルしてたりしたら面白いかも。今頃演奏中だろうな。明日朝早く戻ってくる。

 先月から先生の都合で子供たちのヴァイオリンのレッスンが土曜朝から月曜夕に変更になったのはかなり嬉しい。やっぱり土曜日の朝くらいゆっくりしたい。とはいえ、土曜日の午後は子供たちのクワイアがある(90分X2)。でもすぐそばに大きなオプショップを見つけたので、もう行きたくもないローカルショッピングセンターへ時間つぶしにうろうろしなくてもよくなった。レッドヒルの教会オプショップほどは安くはないが、クオリティーとコンディションのいい服が揃ってるので掘り出し物も結構見つかる。しかし5年も通ってて今まで気づかなかったとは。今日はピッピが見つけた「トムとジェリー」のDVD3本セット(新品)を10ドルで。財布に優しく、しかもそのお金がチャリティーにまわるのは気分がいい。

 ロッタが庭で摘んできたハイビスカスとボトル・ブラッシュでデックのテーブルを飾ってくれた。なかなか素敵だ。さて今週から4学期が始まった。あと9週間でクリスマスの休みになる。ああ、私は今年一体何をしたんだ・・・?

P1100886

 次はキャンピングの思い出報告の前に、ピッピが春休みの最初の日に張り切って作ったチョコレート・エクレアと、手前味噌の写真などを。

続きを読む "手前味噌とキャンピング" »

久しぶりです

 しばらく振りのブログ更新。いいやまた明日にでもと思いながら、気持ちが浮いたり沈んだり、本を読み終わったり読み始めたり、どうも気持ちがまとまらなかった。まあどうせ読んでる人もあんまりいないだろうから、などと数日前に会った友人達にこぼしたら、皆に大きく否定されてしまった。またヨーコさん今日も更新してないのかあ、とがっかりさせているんだって!?・・・なんて、そんな嬉しいこと言われたら書かなきゃね。そうか、だからみんな、元気にしてる~?って訊いてくれるんだね(相変わらず鈍いぞ)。嬉しいなありがとう。私はおかげさまで風邪一つ引かず、全くもってすこぶる元気。ほんと、ばかみたいに(馬鹿なんですが)ワンダー・スタッフ聴きながら、初めての糀も2日半かけて育てあげお味噌も仕込んだ。そうそう、今週コメント数が1000を越えたのだ。半分は自分だとしても、それにしてもびっくり。

 まず最初の写真は、キッチンの窓越しにちょくちょく顔を出しに来るようになったお茶目なブッチャーバード。

P1100659

 

 昨日の朝はいつものようにトンカと散歩兼お買い物。帰ってきたら鍼灸師のジュディから留守電が。しまった!8週間ぶりの鍼治療の日だった。慌てて電話をすると、「今から来ても十分時間があるから大丈夫よ。ほっほっほ~」の相変わらずリラックス度100%の魔女の声に安心した。鍼とお灸をしてもらって1時間後にはすっかり体も軽くなり、帰ってきて洗濯と掃除機かけてビスケットを焼く。激しく雨が降ったりして、突然また寒さが戻ってきた。今日も晴れたのに風が強くてやたらに寒い。ヒーターはとっくの昔に片付けちゃったんだけど。それでは続きは、ワンダー・スタッフのコンサートとかルバーブのお菓子とかEkkaとかのてんこ盛りの大長編です。どうかクリックしないでね。

P1100660

続きを読む "久しぶりです" »

バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。

 今日はEkkaの連休2日目。例年になく早い花粉の季節を迎えててくしゃみの連発だけど眼は痒くない。症状が軽いのは腸内環境強化作戦(自家製豆乳ヨーグルト、納豆、キムチ)のおかげかもしれない。

 さてこれは何だ。

P1100532

 バナナの花。

P1100534

 去年の暮れ以来の収穫。今オーストラリアでは、バナナは今年2月に北クィーンズランドを襲ったハリケーン・ヤシの被害でとんでもなく高価な果物になっている。

P1100528
 良く見ると不思議な植物。うちのは貴婦人の指(レイディーフィンガー)という名前の品種で普通のバナナの2分の1くらいの大きさ。酸味が少しあって甘すぎなくて美味しい。

P1100535
 テーブルいっぱいのバナナ。量ったら10kgあった。冬はバナナを買わない私だが、うちで採れたバナナはもちろん食べる。

P1100586

 

続きを読む "バナナと麹と苺タルトとワンダー・スタッフと。" »

June Tabor と6月の赤い薔薇

 赤い薔薇の花がまた咲いた。

P1090830

 裏庭に一本の薔薇の木がある。私たちがこの家に住み始める前からあったのらしいが、僕ちゃんはそれと知らずに短く切ってしまった。ところがそれが良かったのか、いつの間にか成長し気がつくとぽつんと花をつけるようになった。手入れも何もしていないのにである。ビロードのような花びら、うっとりする香り。薔薇の美しさはその生き方なのかもしれないと思ったりする。

 薔薇の花で思い出すのは "A Red, Red Rose"。スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズの詩は多くの歌手に歌われ人々に愛されているそうだ。

 今日は私の愛するジューン・テイバー(オフィシャルサイト / ウィキペディア)のことを書こうと思う。ずっと大好きなアーティストのひとり。いままで彼女について書く機会がなかったけど、薔薇の花が咲いたらこの歌を聴かずにはいられなくなったから(とはいうものの、実は6月の初めにこれを途中まで書いていたのだが、武満徹さんの日本の歌の感動が尾を引いていてなかなか上げられないでいた)。

 その彼女の2001年のアルバム  "Rosa Mundi"には薔薇の花にまつわる11の歌が収まっている。

51w2n5jrz2l__sl500_aa300_

続きを読む "June Tabor と6月の赤い薔薇" »

アガヴェ、煮豆、納豆、日本。

 秋の収穫。パッション・フルーツ

P1090698
 瑞々しくて甘い。私はじゃりじゃりと食べちゃうけど。

P1090700

 キッズお弁当用には上の部分(下よりも上のほうが皮が少し薄いから)をナイフでくり抜いて(全部落とさないでちょっとだけ残すのがポイント)、マスキングテープを貼ってこのままランチボックスへポトン。

 P1090715

 私がこの家に住み始めてすぐのころ、隣との境のフェンスのキャッツ・クロウ(Cat's Clow Creeper)をがんばって抜いたら(ひたすら掘って抜いた)、お隣さんがお礼にパッションフルーツを植えてくれたのだ。オーストラリアではフェンスを越えて育った実や花を採ることができるという法律があるので、遠慮なくフルーツを収穫できる。

 ちなみにキャッツ・クロウはオーストラリアでは駆除すべき悪い雑草に指定されている。乾燥に強く、蔓科で他の木にどんどんからんでいってしまう。しかも根っこは球状になって地中で大きく育つから、ちょっとやそっとでは抜けない。皮膚に付くと痒くなるような成分を持っているので取り除こうとする時は注意が必要。とてつもない繁殖力に意志を持っているのではないかとさえ思ってしまう。

 サプリメントとして使われるキャッツ・クロウとは全く違うものみたいだ。調べたら、日本では同じものがネコノツメと呼ばれて観葉植物として扱われているのには驚いた。

続きを読む "アガヴェ、煮豆、納豆、日本。" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ