日本

「シカタガナイ」を追放

 原発の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて、専門家の立場から警告を発し続けた高木仁三郎氏の本『市民科学者として生きる』(岩波新書)の終章の始めに、カレル・ヴァン・ヴォルフレン著『人間を幸福にしない日本というシステム』からの引用がある。                                               

   こんなふうに説得を進めさせて下さい。個人はすべて、少しだけなら自分の環境を変える能力がある。(中略)そうなる前提として、あなたは基本的で重大な一歩をまず踏み出さなければならない。(中略)つまりそれは、日本で最も頻繁に使われる政治用語「シカタガナイ」をあなたの辞書から追放すること。”

 
                                                  

 21日は参議院選挙。在外選挙は7月5日に始まり、私は先週の初めに仕事帰りに日本領事館で投票してきた。いつも思うのだが、領事館の投票所(事務所ではなく同じフロアの別室)に待機している役員全員(5、6人)から投票会場に来た私一人に視線が集まるので(投票に来る人はまばらだ)いつもものすごい緊張感を伴う。この緊張感に勝てなくて、というか崩したくていつも何か話をしてしまいたくなる衝動に駆られるのだがこれは適切な行為ではないのかもしれない(実際してしまった)。

 今回の選挙で違ったことは、今まで在外選挙証保持者へ直接封書で送ってくれた知らせがなかったことだ。ネットで情報が入ってくるから私はいいけれど、ちょっと不親切ではないかと思った。訊いたら「今回から廃止になった」ということ。ちなみにこのサイトによると昨年の衆院選で在外選挙登録していても投票した有権者はたった20%程度だったそうだ。

 思えば、在外選挙制度が始まったのがちょうど私がオーストラリアに来た年からだった。その時以来の登録だったので、地元の区役所から届いた在外選挙人証の欄は今回の投票でいっぱいになった。次の選挙に必要な新しいカードを発行するために申請書を領事館に提出したのだが、その時スタンプいっぱいになった古いカードを持っていかれたのが残念だった。皆勤賞とかないの(笑)?

 しかし近頃の領事館のセキュリティーチェックの厳しさには驚くものがある。用事がある2つの部屋に行くのに2人の警備員がIDカードの確認と金属探知機片手で歓迎してくれるのだ。今までこんなんだったっけ?領事館入場では携帯電話とカメラも入り口で預けなければならなかった。

 今日はそんなのほほんとした気分でこれを書いているわけではないのだ。とにかくこの1、2週間選挙と政治関連のニュースに目が離せない。選挙のため軒並みに増えてくるツイッターのタイムラインを無視できなくて毎晩iPodタッチ(ツイッターに便利、だけど目が悪くなるなあ)を持って布団に入っていたら昨日で総ツイート数が4000に届いてしまった。ほとんどがリツイートけれど、もうとにかく黙っていることなんてできない。たかが一票、されど一票。

 昨夜読むことが出来たジブリの会報”熱風”の特集「憲法改正」には涙が出る思いだった(無料PDF配信は明日20日18:00まで)。私達は政治に参加しなくてはならない義務などない。参加出来る権利があることを頭にいれておくべきだ(ちなみにオーストラリアでは投票は義務である。投票会場の小学校などではケーキストールや古本ストールなんかが出てちょっとしたお祭り)。 平和な暮らしを他人任せにしてはいけない。

 追記:7/26のBLOGOSに宮崎さんの「憲法を変えるなどもってのほか」が全文掲載されました。

 追記2:PDFのリンクがみつかりました。

Tnfigsg

続きを読む "「シカタガナイ」を追放" »

私の故郷

 3年半ぶりの日本。あれからもう3ヶ月が過ぎていってしまった。既に夢の中というか、オーストラリアに戻った瞬間に私の心は日本滞在前の日常モードにすんなりとリセットされてしまっていた。それと同じことだが、日本に着いた瞬間にオーストラリアでの生活の記憶がぷつんと消えて思い出せなくなってしまっていた。

 行きのフライトではゴールド・コースト空港で7時間もの出発遅れで散々な目にあった(実は帰りも関空のチェックインで2時間も並ばされるという酷い目に遭ったのだが)。なにしろ関空に飛行機が到着したのは翌朝の午前3時過ぎ。ホテルに電話しても繋がらないし、空港前に並んでいたタクシーはホテルは近すぎるから乗せてくれない(こんなことあり!?)。結局ホテル宿泊、というか仮眠とお風呂と朝食はあきらめて飛行機会社が臨時で出してくれた難波行きのバスに乗って始発の近鉄特急で名古屋に帰ることにした。しかし信じられないことに、切符を買おうとしたら現金しか取り扱ってないと言われ、ゾンビのような顔をして真っ暗な寒い難波のビル街をATMさがして歩く羽目になった。コンビニを見つけ、マシーンに銀行カードを入れて日本の紙のお金が出てきたときは本当に嬉しかった。

 私の目に映った311以降の最初の日本の景色。平常通り規則正しく移動する都会の日本人の姿。駅や交差点やお店のエスカレーター付近で繰り返されるアナウンスの雑音。知っていたはずの日本の日常に凄く違和感を感じた。なるべく他人とコミュニケーションをとりたくない、人と係わりたくない、そんな雰囲気がなんとなく伝わってくるのだ。それは単に日本人のシャイな性格だからなのか?それとも私がオーストラリアに長く住んでしまったから感じるだけのことなのか?

 他にもお店での若い人々の「いらっしゃいませ~」と繰り返される鼻にかかった奇妙な声が馴染めなかった。彼らはその時作業しながら自分の手を見ながらいらっしゃいませと繰り返し、その目を誰にも向けていない。大きな全国チェーンの古本屋に行った時もマニュアル通りに接客というか、パチンコ屋のようにただ自動的に音声を回転させている店員のアナウンスが不思議だった。そういえば、忙しく動き回る店員をやっと捕まえて「詩集はどこにありますか?」と訊くと、案内されたのは手芸の本の並べてある一角。これはもう苦笑いをするしかなかったっけ。だってまるで茨木のり子の「詩集と刺繍」だったから。

 

  詩集と刺繍

  詩集のコーナーはどこですか
  勇を鼓して尋ねたらば
  東京堂の店員はさっさと案内してくれたのである
  刺繍の本のぎっしりつまった一角へ

  そこではたと気づいたことは
  詩集と刺繍
  音だけならばまったくおなじ
  ゆえに彼は間違っていない

  けれど
  女が尋ねたししゅうならば
  刺繍とのみ思い込んだのは
  正しいか しくないか

  礼を言って
  見たくもない図案集など
  ぱらぱらめくる羽目になり
  既に詩集を探す意志は砕け

  二つのししゅうの共通点は
  共にこれ
  天下に隠れもなき無用の長物
  さりとて絶滅も不可能のしろもの

  たとえ禁止令が出たとしても
  下着に刺繍するひとは絶えないだろう
  言葉で何かを刺しかがらんとする者を根だやしにもできないさ

  せめてもとニカッと笑って店を出る

 

 雪のクリスマスに両親と一緒に行った一泊二日の山中温泉バス旅行。名古屋駅からの送迎バスの旅は快適で子供達もボクちゃんも楽しめた。インターネットで見つけた格安温泉宿だったけど、本当にそれで採算がとれるのかと心配になった。

Imgp2912

続きを読む "私の故郷" »

8月15日

 51v1pvfe8el

 
 

 LOTRのイヴェントは大成功を収めた。2日間で3回も同じ映画を観た子供たちは、続きが観たくて観たくてさっき完結編を借りてきたDVDで観終わったところだ(今日はブリスベンは祝日だった)。大きなスクリーンの迫力には劣るけどね。

 それにしても生のオーケストラが奏でる演奏と生の合唱が、指揮者の腕でスクリーンのフィルムと同時に進行していくなんて本当に凄い、もう夢のようなコンサートだった。

 プログラムの紹介ページによると指揮者のルードヴィッヒ・ヴィッキはスイスローザンヌ出身で音楽好き一家に生まれ、毎日歌ったり演奏したりして育ったそうだ。特に影響を受けたのがモリコーネなどの映画音楽だったというのが興味深い。なるほどそれだけ映画音楽に対する憧憬が深いと知ると、彼のこの神業のような指揮にも納得がいく。この上のアルバムは彼の指揮で昨年リリースされたそうだ。

 最終公演では演奏が終わってなんとうちのロッタがステージの指揮者のところまで下りていってコアラのぬいぐるみ(!)をプレゼントするという大役を果たした。私達は昼間の公演に行ったのでこの目で見ることができなかった。指揮者と握手したロッタの姿見たかった。でもほんとに合唱団の子供たちみんながんばった。中にはこっくりこっくりしてた子も居たんだって。かわいいなあ。

P1130076_2

 

 

 8月15日。

 今日は義理の父母の58回目の結婚記念日。昨日は義理母がグループ会食があって出かけなくてはならないというので、昼間の3時間義理父を残した家の留守番を頼まれた(最近こういうのがよくある)。彼らの家はここから車で10分ほど。介護のような責任は任されていない。シャワーの手伝いは毎日やってくる訪問介護員の役目である。私が手伝うのは留守番と食事の世話くらい。彼が寝ているほとんどの時間は、義理母のアンリミテッドのインターネットを利用してうちでは観られないYouTube三昧なので退屈しない。

 毎週日曜日は彼らに遅いブレックファストを作ってあげて(作るのはボクちゃん)一緒に食べるようになってもう2年くらいになった。医者から義理父がもう長く生きられないと告げられて以来ずっとである。86歳の彼はもう何も残っていないかのようにほとんど一日中静かに寝ている。それでも若い頃の、戦争時代の記憶だけは昨日のことのようにしっかり憶えているから驚きだ。というか、昨日のことだと彼は思っているのだ。第二次大戦が終わった時彼は19歳。空軍の看護士として働いていて、日本軍の爆撃で負傷した兵士の手当てをしたそうだ。

 

 

続きを読む "8月15日" »

チャリティー・コンサートが終わって

 2週間ぶりのブログ。7月ももう終わりだなんて。

P1100266

 以前ブログの記事でお知らせした、 We Love Japan コンサートが先週日曜日にあった。・・・素晴らしかったなあ・・・。ピッピもロッタもコンサートの後の達成感の余韻をそれぞれの胸に収め、満足感でいっぱいだったのがその表情でわかった。小さな声もみんなであわせれば大きなハーモニーになる。合唱ってすごい。コミュニティーの力ってすごい。$2280も集まったって!ももさんすごい!ありがとう。本当に。ヴォランティアの皆さんもお疲れ様。

 実は初めのうちは歌を歌うのも恥ずかしがっていたピッピなのだが(他の合唱団で歌っているのにね)、ヴァイオリンで弾きたい曲があると言いだしたのはほんの数週間前のことだった。iPod で繰り返し聴いて覚えた「ラピュタ」。伴奏はももさん。

P1100302

 ももさんとデイヴィッドによる、2人で1台のピアノ・デュエットはスリリングでクールで素晴らしかった。それからピアノとチェロの演奏も(「戦メリ」良かったなあ)。写真はここ。最後に私もステージに上がってみんなで「ふるさと」を合唱。写真はここ(あ。僕ちゃんがお行儀良く最前列に座って娘達を見守っている図)。

 春の陽気の素晴らしい日だった。We Love Japan!

P1100267

夢の日本。

Imgp6787

実家の屋上ガーデンで。
オーストラリアではゲイシャガールという名前の花だけど、日本では何と呼ぶのかな。

続きを読む "夢の日本。" »

みすずかる信濃の国へ。

P1010607 

みすずかる信濃の国。「みすず」万葉時代からの信濃を表す古い枕言葉だそうだ。

P1010408

P1010370_2 P1010383

和田に着く前にちょっと足を伸ばした霧ヶ峰、八島湿原。むらさきいろの可憐な花は、なんとトリカブトだって。

Img_0714

信州の秋の訪れは早い。忙しいミツバチ。(この写真はピッピのキャノンIXYで。ほんとに彼女が撮ったのか?それとも私が借りて撮ったのか?覚えがない。結局ピッピが撮ったことになったけど。しかしこのマクロモード完璧!)

日本に行くたびに訪れる、長野県長和町(ながわまち)。旧和田村。私の母親の生まれ育ったところ。前に訪れたのは冬だった。京都から戻った2日後の9月の二週目。私達はまた信濃の国に来ていた。

続きを読む "みすずかる信濃の国へ。" »

古都・京都へ。

P1010041

 まだまだ残暑厳しい9月のある朝。名古屋から2時間半の快適なバスの旅にご機嫌のわれらは、ぎらぎらとまぶしい京都駅に降り立った。僕ちゃんは(もちろんキッズも)京都は初めて。私が最後に訪れたのはいつだっけ?過去に6回くらいは来ているけれど、今回のように三泊もするのは初めてなのだ。夏の京都も初めて。話には聞いていたが、すっかり様変わりしていた京都駅ビル

P1010178 

 高いところがあれば必ず上に行く習性のある私達、ここでも胸ときめかせ駅ビルの屋上まで登っていった。私とロッタは階段で。駅では絶対にエスカレーターを利用しないとルールを決めたお陰か、今回私日本太りなし。おお奇跡だ!

 実はとうとう新しいカメラを京都出発前夜に手に入れたのだ~。欲しかったオリンパスのPENはまだ安くはなってなくて、価格と性能で納得して決めたのがルミックスG1。もちろん色はレッド。1年経って半額以下!はっきり言ってレンズだけの値段!でも今年出た新しいモデルのGH1はG1とまったく大きさも重さも同じなのに、なんとHDムーヴィーも撮れてしまう。そのせいで旧モデルの価格を落とす必要があったのだろうけど、高級一眼機と同じ性能でこれだけ機能がついたカメラがこの値段でてくるなんてもう驚きだ。しかもカメラの性能のアップグレードをウェブサイトからインストールしてケーブルでカメラにアップロードするなどということが出来ることを知ったとき、私の脳はすでにカステラ状態だった(意味が良くわからないな)。ところで今ルミックスサイトでまた進化したカメラGF1が出てるのを発見してさらに驚く。

 さて、そのG1を早速京都に持っていったのはよかったのだけれど、う~ん、なんだか失敗しちゃったみたい。とりあえず今回はお任せモードで無難に撮っていたのだけど、何故かレンズのOISスイッチがオフになっていて手ブレ補正が入ってなかったようなのだ。なんだかもったりとした写りでがっかり(以下の写真でお好み焼き屋とトンボの写真はピッピのキャノンIXYで撮ったもの。これもいいカメラだ)。でも思い出の写真がいっぱいあるのでアップしてしまおう。今回はちょっと長いです。

続きを読む "古都・京都へ。" »

美(うま)し国、三重へ。

Imgp6998 

 三重県五ヶ所湾に、日本に帰るたびに必ず訪れる別荘がある。祖父が選んだ座っていながら海が見える眺めのいい場所、うっそうとしたシダに覆われた林の中にあるその家は、34年間もの間ひっそりと誰かを待ってきた。

 祖父が建てたその家も、ある事情により人手に渡るところだったのだが、十年ほど前買い手のつかなかったその物件を私の弟が買い取ったのであった。

 両親の新型プリウスが、私たちの滞在中に届かなかったのは残念。でも老ホンダフィット(古地図カーナビ付き)で行った五ヶ所は、道が新しくなったこともあって今までの最短2時間で到着。昔は愛知県の伊良子岬からカーフェリーで鳥羽へ渡るという、遠い道のりだったのだ。

Imgp6958

 別荘から浜辺まで歩いて10分くらい。五ヶ所湾は波の穏やかなリアス式海岸で、真珠や海苔、牡蠣の養殖で有名である。昔はよく牡蠣やアサリを獲って食べたものだった。22年前友人と妹と近鉄に乗り、バックパック背負っての合宿(イギリス、アイルランド旅行の予行演習)初日のディナーで作った新鮮アサリのボンゴレビアンコは、その3人だけの伝説だ・・・。しかし最近やたら昔のことを良く思い出すのは何故だろう?最近のことは片っ端から忘れていくのにね。でもこれってこの間大学時代の友人達が口を揃えて言っていたことだ。私だけではないんだ、と安心したりして。

続きを読む "美(うま)し国、三重へ。" »

みんなちがって、みんないい。 

わたしと小鳥と鈴と  

 

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(じべた)を速くは走れない。  

 

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と、小鳥と、それから私、 
みんなちがって、みんないい。

   金子みすゞ [1903-1929] の詩。

 「にほんごであそぼ」でコニたんが歌ってた。
 とても美しい詩とメロディー。
 コニたんの声もやさしくていい。
 僕ちゃんギターをとりだして、ピッピもロッタも歌ってる。

昔住んだ町:車道・筒井町界隈

 東区は私の生まれ育った町。戦災に免れた味わいのあった古い商店街も、今や道路拡張のため見るも無残な町並に変わってしまっていた。ここを訪れるのはもう十年ぶり。実家が吹上に引っ越したため、もう足を踏み入れることはないかと思っていた。 

 大学の時、写真芸術論のクラスの実習でたくさんの風景写真を撮った。日常の景色から何かを切り取ることをプロの写真家から教えてもらえたのは幸運だった。しかしその時私が切り取った風景のほとんどはもう残っていない。

 それでもいくつか眼に留まった懐かしい風景。まず筒井町商店街から。

Imgp6865 Imgp6864_2

子供の頃通った文房具やさん。

Imgp6870

Imgp6872 Imgp6874

鰹節屋さんのシャッターが上がることはもうないのかしら。

続きを読む "昔住んだ町:車道・筒井町界隈" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ