深呼吸

Wake

 9月はこちらの暦では春の最初の月だ。カレンダーに行事予定が埋め尽くされた三学期も終り、昨日からスクールホリデイに入った。しかし今年も残りあと3ヶ月と少しだなんて本当に信じられない。ブリスベンは連日初夏の陽気で、昨日は袖なしのブラウスでマーケットに行ったくらい朝から暖かかった。今週は少しだけ雨が降ったけれど(本当に少し)、外はとてもドライで埃っぽい。そのせいか今年の花粉症の症状は去年よりも良くない。今日は一日中くしゃみと鼻水に苛まれて惨めな一日だった。早くストームが来る季節になって欲しいと願う。

 それにしても本当に忙しかったこの数週間。義理父(以下グランダと表記)が亡くなったのが8月の最後の日だったのだが、その数日間月が替わったことすらも気付いていなくて、10年以上は大抵欠かさず行っているオーガニックショップの第一火曜日のセールの日すらも忘れていた。

 お葬式は挙げなかったが(本人の希望)、ウェイク(Wake)を開いた。ウェイクを辞書で引くとお通夜と出てくるが、こちらでは日本のような格式ばったセレモニーではなく、昼間に(お葬式の後)親戚や親しい友人を招いてワインやビールとサンドイッチやケーキなどをつまみながら故人を偲ぶささやかな集まりのことである。

 ボクちゃんに「ウェイクってどういう意味があるの?」と訊いたら、彼も良く知らなかったらしく、そばにいたピッピが「そういえば、ボートの残す波(航跡のこと)のことウェイクっていうよね」と、なかなかいいところに目をつけた。なるほど、故人がその生涯で遺していった痕を偲ぶという意味に取るのは間違っていないと思う。

 アイルランドの小説家ジェイムス・ジョイスの代表作に「フィネガンズ・ウェイク」というのがあるけど(凄く難解な作品でもちろん読んだことはない)、調べてみたらウェイクとはゲール語で通夜のことで、屋根から落ちて死んだ大工のフィネガンが、その通夜で目覚めた(英語のウェイク)というアイルランドの伝説にちなんでいるんだそうだ。

Photo1743_copy

 義理母に私は何をしたらいいか訊くと、「このぐらいの(両手を軽く広げたサイズ)レモン・タルトを焼いてきてくれたらもう他に何も要らないわ」と言うので仕事で時々焼いているレモン・スクエアズという名前のタルトをダブルバッチ焼いて持って行ったら、「あれは冗談だったのよ」と言われたけど(もちろんそれは知ってた)。それとさらにココナッツとライムのミニカップケーキを40個以上焼いた。ケータリングを頼んであったので別に私がいろいろ作る必要はなかったんだけどね。私のレモン・スクエアズとカップケーキは写真の一番下の段。たくさんの春の花に囲まれて。

続きを読む "Wake" »

大地はまだ・・・

 2年前、誕生日に友人が贈ってくれた「わたしを束ねないで」が私の新川和江さんの詩との最初の出会いだった。

 茨木のり子や石垣りんと同じように優しく強さを持った言葉に感動し、もっと早く知っておけばよかったと思った。特に彼女の詩には母性愛を強く意識した作品が多い。でも詩の心を読むことが出来る時というのは、その詩を必要としている時なのだと思う。娘であり、妻であり、母親であり、一人の人間として生きることとはどういうことか。311以降、幾度となく彼女の詩集を開く。今がその時。そしておそらくこれからもずっと。

 

 テレヴィジョン

海の向こう
暗殺された大統領の葬列が
若い夫人の喪服のひだが 見えてしまうおそろしさ
からだに針を突き刺している

ヒンズー教の老人が
インスタント・コーヒーの製法が
栃ノ海の突き落としに土俵をとび出す柏戸が
南ベトナムのクーデターが
福井県に降る雪が
月のあばたが見えてしまう おそろしさ

あたたかな部屋
あかるい灯の下
遠いものの姿が かたちが
手にとるように見えるのに
見なければならないものの姿が かたちが
ますます見えなくなってしまう 
ことのおそろしさ

たとえば
すぐそばにいる あなたの心
こどもの明日
わたしの今日
窓のそとの闇

 

 

 

 きずだらけのこころは・・・・・・

きずだらけのこころはときどき
ひらがなのくさむらにかくします
しかくいもじはかどがあたつていたいのです
そのくさちは 
びるでぃんぐのまちからもとほく
こんくりいとのはしなどもかかってゐない
とがつためつきのひととゆきかふこともない
しずかなむらのはずれにあります
いちにちぢゆうそよかぜがふき
やはらかなひがさし
きこえるのは
のどかなうしのなきごゑくらゐなものです
やがてこころは
ひをすつてふくらんだ 
ごむまりのやうに
ひかつてはずんで
ころころまろびだしてきます
そのやうすはくさがみどりのほそいてで
こころをおしだしてくれたやうに
はたからはみえるはずです
そしてあるいは
ほんたうにさうかもしれないのです

 

 

 今朝の散歩道のワトル。ブリスベンの冬の空は絵の具をチューブから直接搾り出して塗りつぶしたように青い。元気なミツバチたちが忙しそうに花から花へと飛び回っていた。

Photo1579

 

続きを読む "大地はまだ・・・" »

一週間

 東日本大震災で被災した方々に、心からのお見舞いとお悔やみを申し上げます。

 ご家族全ての方々のご無事をお祈りします。

P1090005_4

 愛だけが、生きとし生けるものをつなぐことができ、
 生きとし生けるものを完全にし、充たすことができる。
 なぜなら、愛だけが最も深いところで生きとし生けるものを、一つにするからだ。
 私たちがすべきことは、私たちの愛する力が広がって、
 人類と地球全体を包むのを想像することだけだ。

      テイラード・デ・シャルダン  
                     「聖なる知恵の言葉」 スーザン・ヘイワード編
 

続きを読む "一週間" »

4年後の「はじめに」

 P1070324_2               

 このブログを始めたのは4年前、ジャカランダの色が美しくなったちょうど今頃だった。右も左も分からないインターネットの大海原に漕ぎ出でたのはいいけれど、ぷかぷか漂いながら気が付いた。私、漕ぎ方を知らない。。。

 自己満足と自己嫌悪の連続でも、なおも続けてこれたのは、やっぱりこのブログを読んでくれている誰かがいて、共感してくれて、しかも少しずついろんなつながりが生まれてきたことだった。

 私のするべきことを、ちょっとぼやけてきた自分の足元を眼をこすってよく見てみる、そういうことを教えられたのもこの4年間だったと思う。 始めたばかりのころの私は、今読んでみると気負いすぎて別人がいるようで嫌だけど、まあこれも自分だったのだと思うと興味深い。人生、気付きの連続。心を柔らかくしていかなくちゃ。怒っていても疲れるだけ。それにすぐに忘れてしまうし。

 オーストラリアに生活の場を移してもうすぐ13年めになろうとしている。最近、こちらに住んで50年という日本女性にドッグ・スクールで知り会った。50年。私の生まれる前からだ。歳はどうだろう、私の母親くらいだろうか。

 「そうね。10年ごとに日本は変わっていったわね。もう日本に帰ってもね、会える人はあまりいないのよ。あなたは日本とオーストラリアとどっちが好き?・・・そうなのよね。こちらに長く住むと、むしろ日本よりも楽に生きられるのよ」彼女はどんな思いで人生を、日本という国を見つめてきたのだろう。

 私は日本も好きだしオーストラリアも好き。でも日本の嫌いなところもあるし、オーストラリア(私の知っているのはブリスベンだけ)の嫌いなところもないわけではない。

 最近ふと思った。宝石を1つ手に入れることよりも、庭に咲いた花の名前を1つ覚えることの方がずっと嬉しい。相変わらず文章力に不自由な自分に嫌気が差すけれど、この頃詩集を読んだりしながらほんとうに日本語が好きだと思う。

 また雨が降り始めた今日の午後。グールドの『アンド・セレニティ~瞑想するグレン・グールド 』を聴きながら。

 ブラームス 間奏曲イ長調 op.118-2

 

 追記最初の写真はオーストラリアン・ネイティヴの花で、パウダーパフ・リリーピリー(Powderpuff Lilly Pilly)。それからタイトルを4年目(よく考えたら5年目なんだね?)から4年後に変更しました。

またひとつ

 P1040445_2

 

 またひとつ。

 こっそりと、またひとつ歳をかさねた。

 ありがとうを、父と母へ。

 ありがとうを、私の家族へ。

 そして私に一編の詩が届いた。

 なんて素敵で気持ちのいい。

 ありがとうを、あなたへ。

 ありがとうを、みんなへ。

x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x

 

わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲穂


わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないで下さい 私は羽撃き
こやみなく空のひろさをかいくぐっている
目には見えない つばさの音


わたしを注がないで
日常に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように注がないでください わたしは海
夜とほうもなく満ちてくる
苦い潮 ふちのない水


わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
座りきりにさせないでください
私は風
りんごの木と 泉のありかを知っている風


わたしを区切らないで
、や。 いくつかの段落
そしておしまいに 「さようなら」 があったりする
手紙のようには
こまめにけりをつけないでください
わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく拡がっていく一行の詩



           「わたしを束ねないで」 新川和江

愛があるから

 11月の終わりともなると、ブリスベンはまさに夏が来ているんだということを全身で感じるようになる。空気も湿り気が出てきて、みな午後のストームを待ちわびる。ストームバードやキジが啼き、虫達が忙しく動き回るクィーンズランドの夏。冬生まれ(2月)の私だけれど、今しみじみと夏が大好きだということに気がついた。

 ここに来てもう12年目(既に人生の4分の1!!)。朝のヨーガが習慣になった今(これをしないと体が動かなくて。。。)、体の芯から涌いてくるエナジーはこの季節を心地いいと感じるから不思議だ。汗かきの私は首からかけたタオルが一日中手放せない。タオル好き好き。ライナス君みたい。

 この頃オーガニックのイチョウ(Ginkgo Blioba)のお茶を毎朝たっぷり作るのも日課になった。まず熱いのを一杯。ティーポットに入れたままにしておけば、昼過ぎには室温になっている。それを飲むのも好き。くせがなく苦味もなく、まろやかで飲みやすい。パディントンのファンディーズで量り売りで普通に買えるのも嬉しい。

P1020944

 

続きを読む "愛があるから" »

新たな月を新たな気持ちで始めよう

 7月。

 昨日偶然 幸せのホームページ というサイトを見つけた。

 そこで見つけたのは、「新たな月を新たな気持ちで始めよう」 というメッセージだった。

 

 「あなたができること、あるいは夢見られることはなんでも始めよ。毎日を生きよ。あなたの人生が始まった時のように」

  ゲーテ (ドイツの作家・詩人)

Imgp5725_2

 忘れないでいようと思う。

聖なる知恵の言葉

 最近本棚の中からひょっこり出てきた本があって、何か大切なことが書いてあったんだっけ・・・とぱっと開いてみた頁にこう出ていました。 

 

  沈黙することを

  学びなさい。

  静まった心に

  耳をすませ、

  吸収させなさい。

                   ピタゴラス

 

続きを読む "聖なる知恵の言葉" »

わたしたちは星くず

 ”人間は生まれたときから死に向かっている”

 この言葉を最近どこかで読んだ。どこからだったか思い出せないんだけど(本当に記憶力が鈍くなって困る。自分の歳を忘れているのはいいんだけど)。

 この言葉をポジティヴに受けるかネガティヴに受けるか。

 気が付いたらあと5年で50代。生まれ落ちていろんな出会いがあって、運がいいのか悪いのか数々の失敗やら成功(なんてないか)やらを重ねてきた私だけど、これから何をするか?何が出来るか?そんなことをなんだかいつも考えています。

 相変わらず知らないことは山ほどある。子供たちから学ぶことも毎日。私の出来ることはご飯を作って洗濯することだけじゃないけど(もちろん大切なことである)、まだやれるはずのこと、やるべきことがあるんじゃないか?

Sany0030

ピーウィーがうちのヴェランダの手すりで雨宿り。一羽で行動する鳥ってなんだか健気でかわいいのです。

 

続きを読む "わたしたちは星くず" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI | Anuna | Ben Watt | Billy Bragg | Blue Nile | Blues Brothers | Bonnie Raitt | Bothy Band | Brian Eno | Bruce Hornsby | Buggles | Bulgarian Voices | Cat Stevens | Cecile Corbel | Clannad | Cocteau Twins | Darol Anger | Dave Stewart & Barbara Gaskin | Davy Spillane | Donal Lunny | Eddi Reader | Ella Fitzgerald | Elvis Costello | Fairground Attraction | First Aid Kit | Five Guys Named Moe | Fred Neil | Frying Dutchman | Gavin Bryars | Georgie Fame | Glenn Gould | Go-Betweens | Godley & Creme | Gotye | Harold Budd | Hector Zazou | Hoodoo Gurus | Hooley Dooleys | Hothouse Flowers | Howard Jones | Indigo Girls | Jane Siberry | Jay Ungar | Joe Jackson | Joni Mitchell | Jonny Greenwood  | June Tabor | k.d.lang | Kate Bush | Katie Noonan | Keith Jarrett | Kimbra | Kirsty MacColl | Lemon Trees | Liam O'Flynn | Liam O'Maonlai | Liberty Horses | Lou Reed | Luka Bloom | Luke Howard | Maria Callas | Marilyn Crispell | Martin Hayes | Micheál O'Domhnaill | Midnight Oil | Mike Oldfield | Nightnoise | Pat Metheny | Paul Simon | Pogues | Police | Pomplamoose | Prefab Sprout | Pretenders | Robert Wyatt | Rutles | Silly Sisters | Simon and Garfunkel | Sinead O'Connor | Soak | Spinal Tap | Staff Benda Bilili | Steely Dan | Sting | Suzanne Vega | Talk Talk | Tom Waits | U2 | Van Morrison | Waterboys | Wiggles | Wonder Stuff | World Party | Yoko Ono | こども | はじめに | ひとりごと | アニメーション | アロマ・セラピー | アンジェラ・アキ | アンティーク | アート、クラフト&ソーイング | オーガニックのお菓子 | オーガニック農家 | キャンピング | サイクリング | ダライラマ | トンカ | バイク | パディントン | フェアトレード | ブッシュ・ウォーキング | マーケット | ヴェジ料理 | 健康 | 元ちとせ | 動物 | 和合亮一 | 地球と人にやさしく | 坂本龍一 | 太田裕美 | 宇宙 | 宮崎駿 | 小出裕章 | | 岩井俊二 | 平和と愛と | | 忌野清志郎 | 手作りを味わう | 新川和江 | 日本 | 映画・TV | | 村上春樹 | 植物 | 武満徹 | 河上肇 | 海、川、湖 | 深呼吸 | 登山 | 石垣りん | | 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree | 自然災害 | 茨木のり子 | | | 谷山浩子 | 谷川俊太郎 | 貧困問題 | | 遺伝子組み換え | 野鳥 | 金子みすゞ | 金子光晴 | 音楽 | 食材 | | 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ