脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree

1954年7月27日


 石垣りんさんは、社会問題を告発する詩をいくつか残している。これは59年前の今日の日記。彼女は今、雲の上からどんな想いで日本を見つめているだろうか。

 

日記より 

 

一九五四年七月二七日
これは歴史の上で何の特筆することもない
多くの人が黙って通りすぎた
さりげない一日である。

 

その日私たちは黄変米配給決定のことを知り
その日結核患者の都庁坐り込みを知る。

 

むしろや毛布を敷いた階段、廊下、庭いっぱいに横たわる患者ストの様相に
私は一度おおうた眼をかっきりと開いて見直す。

 

明日私たちの食膳に盛りこまれる毒性と
この夜を露にうたれる病者と
いずれしいたげられ、かえりみられぬ
弱い者のおなじ姿である。

 

空にはビキニ実験の余波がためらう夏の薄ぐもり
黄変米配給の決定は七月二四日であった、と 新聞記事にしては、いかにも残念な付けたりがある、

 

その間の三日よ
私はそれを忘れまい。

 

水がもれるように
秘密の謀りごとが、どこかを伝って流れ出た
この良心の潜伏期間に
わずかながら私たちの生きてゆく期待があるのだ。

 

親が子を道連れに死んだり
子が親をなぐり殺したり
毎夜のように運転手強盗事件が起り
三年前の殺人が発覚したり、する。
それら個々の罪科は明瞭であっても
五六、九五六トン
四八億円の毒米配給計画は
一国の政治で立派に通った。

 

この国の恥ずべき光栄を
無力だった国民の名において記憶しよう。

 

消毒液の匂いと、汗と、痰と、咳と
骨と皮と、貧乏と
それらひしめくむしろの上で
人ひとり死んだ日を記憶しよう。

 

黄変米配給の決定されたのは
残念ながら国民の知る三日前だった、と
いきどおる日の悲しみを
私たちはいくたび繰り返さなければならないだろうか。

 

黄変米はわずか二・五パーセントの混入率に
すぎない、
と政府はいう。

 

死んだ結核患者は
あり余る程いる人間のただ一人にすぎず
七月二七日はへんてつもない夏の一日である、
すべて、無害なことのように。

 

  (現代詩文庫46 「石垣りん詩集」思潮社より)

 黄変米(おうへんまい)事件についてはここで詳しく読める。当時の厚生大臣が試食して安全性をアピールするなんて、まるで原発事故後の今日の政府の対応そのものだ。


P1020636

 

続きを読む "1954年7月27日" »

「シカタガナイ」を追放

 原発の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて、専門家の立場から警告を発し続けた高木仁三郎氏の本『市民科学者として生きる』(岩波新書)の終章の始めに、カレル・ヴァン・ヴォルフレン著『人間を幸福にしない日本というシステム』からの引用がある。                                               

   こんなふうに説得を進めさせて下さい。個人はすべて、少しだけなら自分の環境を変える能力がある。(中略)そうなる前提として、あなたは基本的で重大な一歩をまず踏み出さなければならない。(中略)つまりそれは、日本で最も頻繁に使われる政治用語「シカタガナイ」をあなたの辞書から追放すること。”

 
                                                  

 21日は参議院選挙。在外選挙は7月5日に始まり、私は先週の初めに仕事帰りに日本領事館で投票してきた。いつも思うのだが、領事館の投票所(事務所ではなく同じフロアの別室)に待機している役員全員(5、6人)から投票会場に来た私一人に視線が集まるので(投票に来る人はまばらだ)いつもものすごい緊張感を伴う。この緊張感に勝てなくて、というか崩したくていつも何か話をしてしまいたくなる衝動に駆られるのだがこれは適切な行為ではないのかもしれない(実際してしまった)。

 今回の選挙で違ったことは、今まで在外選挙証保持者へ直接封書で送ってくれた知らせがなかったことだ。ネットで情報が入ってくるから私はいいけれど、ちょっと不親切ではないかと思った。訊いたら「今回から廃止になった」ということ。ちなみにこのサイトによると昨年の衆院選で在外選挙登録していても投票した有権者はたった20%程度だったそうだ。

 思えば、在外選挙制度が始まったのがちょうど私がオーストラリアに来た年からだった。その時以来の登録だったので、地元の区役所から届いた在外選挙人証の欄は今回の投票でいっぱいになった。次の選挙に必要な新しいカードを発行するために申請書を領事館に提出したのだが、その時スタンプいっぱいになった古いカードを持っていかれたのが残念だった。皆勤賞とかないの(笑)?

 しかし近頃の領事館のセキュリティーチェックの厳しさには驚くものがある。用事がある2つの部屋に行くのに2人の警備員がIDカードの確認と金属探知機片手で歓迎してくれるのだ。今までこんなんだったっけ?領事館入場では携帯電話とカメラも入り口で預けなければならなかった。

 今日はそんなのほほんとした気分でこれを書いているわけではないのだ。とにかくこの1、2週間選挙と政治関連のニュースに目が離せない。選挙のため軒並みに増えてくるツイッターのタイムラインを無視できなくて毎晩iPodタッチ(ツイッターに便利、だけど目が悪くなるなあ)を持って布団に入っていたら昨日で総ツイート数が4000に届いてしまった。ほとんどがリツイートけれど、もうとにかく黙っていることなんてできない。たかが一票、されど一票。

 昨夜読むことが出来たジブリの会報”熱風”の特集「憲法改正」には涙が出る思いだった(無料PDF配信は明日20日18:00まで)。私達は政治に参加しなくてはならない義務などない。参加出来る権利があることを頭にいれておくべきだ(ちなみにオーストラリアでは投票は義務である。投票会場の小学校などではケーキストールや古本ストールなんかが出てちょっとしたお祭り)。 平和な暮らしを他人任せにしてはいけない。

 追記:7/26のBLOGOSに宮崎さんの「憲法を変えるなどもってのほか」が全文掲載されました。

 追記2:PDFのリンクがみつかりました。

Tnfigsg

続きを読む "「シカタガナイ」を追放" »

福島からの報告:ウラン供給国オーストラリアで語る福島の現状

 原発事故から2年。

 3月12日火曜日、ブリスベンで、福島県飯舘村の酪農家、長谷川健一さん(月刊現代農業2011年9月号「福島県飯舘村の酪農家、長谷川健一さんの話」)、ピースボート川崎哲氏(川崎哲のブログ)、メルボルン在住松岡智広氏(Japanese for Peaceメンバー:JFPピースフル通信「日本の原発再稼働と豪州のウラン採掘の関連」 )らを招いてのパブリックフォーラムが予定されています。

 場所はシティーのクィーンズランド・パーラメントハウス。時間は11amから。入場無料。

72985_595133680500621_469523052_n


 主催は Choose Nuclear Freeフェイスブックのページで詳細が読めます。私は仕事で行けない。悔しい。残念。。。仮病を使おうか本気で悩んでいる(この元気な私が?ばれちゃうかな)。

続きを読む "福島からの報告:ウラン供給国オーストラリアで語る福島の現状" »

広島、福島・・・キャンドル・ライトの祈り

 在ブリスベン日本領事館前での脱原発アクションで知り合った年配の女性ジョーン・シアーズさん。かれこれ30年も毎年8月にノーモアヒロシマを訴えているのだそうだ。ブリスベンに10年以上も住んでいてあなたを知らなくてごめんなさい。私も今年から参加します。

 ノーモア広島。ノーモア福島。

 
 キャンドル・ライトの祈りは8月3日金曜日4時半から6時半、キング・ジョージ・スクエアで開かれます。

P1120968

HIROSHIMA - NEVER AGAIN 
RALLY AND CANDLE LIGHT VIGIL

King George Square Grand Ramp
Friday 3rd August
4.30 - 6.30pm

Remember Hiroshima - Remember Fukushima


Speakers:
Sam Watson  - Aboriginal Community Worker
Kishiko Susuki - Building the anti-nuclear movement in Japan and internationally
Rosemarie Severin FOE Qld  - Australian involvement in the Global Nuclear Chain
Danielle Viliunas  Qld Co-ordinator and a National Vice-president of MAPW.Medical Association for Prevention of War
Mucic and Songs : Combined Unions Choir                            
Brisbane Combined Peace Activists Choir

For information contact : Joan Shears (07) 3358 9497

Rally for Peace and Nuclear Disarmament Inc <>  PO Box 2236 Brookside 4053

福島と私たち:今オーストラリアからできること

 安心して暮らせる日本と世界を子供達に渡していくために、オーストラリアに住む私たちにできることはなんだろう?

 7月9日月曜日夜、ブリスベンで脱原発のパブリック・ミーティングが開かれます。

====================================================================================

FUKUSHIMA & US -What we can do now from Australia-
福島と私たち:今オーストラリアからできること

First-hand accounts of the ongoing crisis and growing anti-nuclear movement in Japan...

Image002_5

Monday July 9, 2012
6:30pm
– light supper served
TLC Building
16 Peel Street, South Brisbane

Image004_3
Photo credit:  EPA

Disaster Response - Slide presentation and talk: 
Norio Sasaki – Volunteer Rescuer

About Norio Sasaki

Born in Kyoto, Japan. Lives in Okinawa, tropical island of  Japan. Staying in Byron Bay for a month before he start traveling again in NZ. He is going to climb snowing mountain as training.
Now he is living his dream of traveling the world by foot and bicycle meeting people  while training his body and spirits He has just finished harsh bicycle trip from Canberra to Gold Coast.

Founder of Otoko-Juku ( School of men) -Group to share "burning sprits"!

Norio is a ex/ Japanese self defense force ( Marine) Have worked as volunteer rescue worker for Iwate and Fukushima prefecture days after tsunami disaster in March 2011.
Now a  life saver, mountain climber, still volunteer worker for Fukushima ( He helps Fukushima children spend time in Okinawa) He does not drink tea, coffee or alcohol. He is always ready for rescue!

Other speakers include:

Japan’s growing anti-nuclear movement: 
Kishiko Suzuki

Fuelling Fukushima:  Australia & the global nuclear chain: 
Rosemarie Severin

Music

Chair: 
Michelle Yamada and Joan Shears

 

No More Fukushimas – No More Hiroshimas – Leave Uranium in the Ground

Organised by: Friends of the Earth Brisbane - Rally for Peace and Nuclear Disarmament – No More Fukushimas

For more information: Joan Shears (07) 3358 9497

ブリスベンでも再稼動反対!

 紫陽花革命。日本の歴史に残る出来事が今まさに起こっている。昨日今日とツイッターから分刻みで届けられる(けど大手メディアがニュースにしたくない)大飯原発再稼動にノーと言う人々の数、数、数。

 今週はここブリスベンでも大飯原発再稼動反対運動があった。場所はシティの日本領事館前。「再稼動反対!原発要らない!」声を大にして言うことがこれほど気持ちのいいことだったとは知らなかった。声を出したってやっぱり苦しいけれど、このまま黙ってたらこれ以上の苦しみに耐えられなくなってしまっただろう。

 ブリスベンでのこのアクションの中心になってたのは国際環境NGOであるFoE(フレンズ・オブ・ジ・アース)、バイロンベイから駆けつけてくれた脱原発を求める日本人、地元の反核団体の方々だった。当日に知らせてくれた友人に感謝!近く、パブリック・ミーティングがあるので、詳細が決まり次第ここでもお知らせします。

 ロッタも参加してプラカードを作った。雨に濡れた寒い寒い日だったけど、彼女にはとてもわくわくとさせる出来事になったようだ。実はお姉ちゃんのピッピの方は先週から合唱団の公演旅行でニュージーランドに行っている。10日間の日程を終え、明日帰ってくる予定なのだが、今朝(5時半!)突然彼女から電話がかかってきたのだ。体調がよくなくて泣いていた。なんでも今日は楽しみにしていた行事が予定されていたらしい。電話がかかってきた時はまだここは日の出前で真っ暗で、夜中に何事かと心配してしまったのだが、向こうは朝の7時半くらいだったのかな。可愛そうなピッピ。きっと大丈夫だよ。ああ、明日会えるのが待ちきれない。

Photo1495
 今入ってきた「星の金貨」の記事より。

 ニューヨークタイムズが、世界に向け発信!【 29日金曜日夜、数万の人々が首相官邸前に参集、心優しき人々の猛抗議 】「礼儀正しく、思いやりを失わない抗議者の人々の姿を、世界に向け詳細に報道」ニューヨークタイムズ - 全文翻訳

 「『大きな音』、しかし抗議行動は礼儀正しい日本人そのものの、整然としたもの」 「あちこちで、道行く人に進路を譲る姿。整然と解散し、立ち去った後にはごみひとつ落ちていなかった」 マーティン・ファクラー / ニューヨークタイムズ 6月29日

 記事を読んで思わず泣いてしまった。


大飯原発再稼働絶対反対!続 最近作ったもの

 大飯原発再稼働反対!

Ffe40e24d09e56390582ab3e08c5954b

 

 久しぶりの更新は、またも最近作ったもの大行進。実は4月から知人が経営するコーヒーショップのためにグルテン・フリーやヴィーガン対応のお菓子を作る仕事を始めた。今のところ週に一日だけだが、仕事のない日も新しいレシピ研究に余念がない。

 これは前回に引き続き、Dreenaのホールフード・ヴィーガンのサイトで見つけたお菓子Nicer Krispie Squares。マカダミアナッツのバターと米飴や寒天粉などを煮てライス・パフにからめて冷やして固めただけだが、もう絶品!Dreenaは天才だ。

P1120578

続きを読む "大飯原発再稼働絶対反対!続 最近作ったもの" »

日本に帰る前に知っておきたい『放射能』のこと

 昨日ツイッターでセシウムさんが「『原発は差別の象徴』って小出男クンが言ってるね!」ってツイートしてたのでリンクへ行ってみると、あの東電レッド、経産省ブルー、マスコミホワイトの三位一体 「絶対原子力戦隊スイシンジャー」の新作で、怪人小出男が登場の巻だった。

 ”この世に損得で動かぬ人間がいる限り、我らが原子力ムラに平和な日々は訪れない・・・。”

 オチがあまりにもありえそうで、引きつり笑いをしながら中島みゆきの歌に誘われて涙に変わっているという、単純でありながらひねりの効いた物語に仕上がっている。なんだか物悲しいが、やはり傑作である。みんなで拡散しよう!

続きを読む "日本に帰る前に知っておきたい『放射能』のこと" »

永久に原発ゼロの日を信じて

 2012年5月5日原発稼働ゼロの日。北海道泊原発が定期検査のため今日日本時間午後5時に運転中の原子炉に制御棒を挿入、出力を下げる作業が始まり、午後11時に発電出力がゼロになり、6日の午前2時には核分裂が停止するそうだ。原発稼動ゼロは実に42年ぶりのことだという。

 今年の初め強く信じたことが現実に起こった。永久に原発ゼロの日に向けて大きな一歩であると信じる。みんなが目を覚ますときが来た。

 「90年生きてきて今ほど悪い日本はありません。このままの日本を若者に渡せない」  
 寂聴さん、霞が関でハンスト参加 大飯原発再稼働に反対 共同通信社

 瀬戸内寂聴さんが反原発の座り込みで語ったこと (NAVERまとめを見つけたのでこれも追加)

 寂聴さんの言葉

 90のばあさんがここに座ったら、マスコミに取り上げられ、それを見た若者が張り切って行動してくれると思って。」 出典東京新聞

 広島や長崎で原爆の被害を受けた日本が唯々諾々と原発を使っているのは恥ずかしい。原発はなくさないといけない。」 出典goo ニュース

 誰かに任せてなんで(原発が)無くなるんですか。自分たちで戦って無くさなきゃいけないんです。人任せにしてどうして無くなりますか。自分が動かないとダメですよ。」 出典Twitter

 (原発の再稼働について)何を考えているのかと思った。これまでにないくらい日本の状態は悪くなっている。」 出典瀬戸内寂聴さんらが反原発を訴え NHKニュース 

 これまで生きてきて、福島の原発事故のような恐ろしいことは戦争以外に一度もなかった。政府は再稼働をどうして焦るのか。」 出典東京新聞 

 「原発事故は人災であり、同じことを繰り返しては子どもや若い人たちがかわいそうだ。」 出典東京新聞 

 「(大手メディアに向けて) あなた達記者も、命をかけて報じなさい。」 出典Twitter

 寂聴さんありがとう。どうか無理をなさらずに。

 

 花が咲いて今は実が収穫時の雑草のごとき紫蘇。明日こそ摘まなきゃ。今年は塩漬けにするの。

P1120275

 

 

続きを読む "永久に原発ゼロの日を信じて" »

Friends After 3.11

  ツイッターを始めて一年が経った。著名人、無名の見知らぬ人、老若男女問わず、分刻みで届けられるたくさんのつぶやき。この事実は知っておかなくては。この人いいこと言ってるな。ほんとにそうだなあと思うと、誰かにそれを伝えようとリツイート(届いたツイートをまたそのままツイートしてフォロワーに届けられるしくみ)してきた。私の場合はあまりつぶやきはせず、ほとんどはリツイートだけど気がついたら既に2500もツイートしていた。驚きだ。私のツイートもフォロワーや見知らぬ誰かがリツイートしてくれることがある。これも驚きだ。

 女優の松田美由紀さんがジャーナリストの岩上安身氏と意気投合したのがきっかけとなって結成したロックの会というサロンがある。すぐにツイッターで知ったのだが、メンバーである岩井俊二という映画監督のコメントに特に共感するものがあった。

 その岩井俊二監督がBS番組の放送用(昨年放映)に撮ったドキュメンタリー・フィルム「Friends After 3.11」が、劇場用に再編集されて現在日本各地で公開中だそうだ。

 出演者は、飯田哲也(認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所)、岩上安身(ジャーナリスト)、上杉隆(社団法人自由報道協会代表)、鎌仲ひとみ(映画監督)、小出裕章(京都大大学原子炉実験所助教)、後藤政志(元原子力プラント設計技術者)、小林武史(音楽プロデューサー)、清水康之(NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表)、武田邦彦(中部大学総合工学研究所教授)、田中優(環境活動家)、タン・チュイムイ(映画監督)、藤波心(アイドル)、松田美由紀(女優・写真家)、山本太郎(俳優)、吉原毅(城南信用金庫理事長)。劇場用ではさらにフライング・ダッチマン(ロック・バンド)も追加された。

Main_image

3.11 
東日本大震災。
あの日以来、いろんなことがあった。
遺憾なことばかりではあったが、
不思議なことに 
友達が増えた。
新しい友達、
懐かしい友達、
ネットの世界で知った、
まだ会ったことのない友達、
まだ言葉を交わしたことさえない友達、
彼らの言葉は、
僕らにたくさんの勇気をくれた。
そんな友達の何人かに会ってみることにした。
 

    岩井俊二 「Friends After 3.11」 冒頭のキャプションから

続きを読む "Friends After 3.11" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI | Anuna | Ben Watt | Billy Bragg | Blue Nile | Blues Brothers | Bonnie Raitt | Bothy Band | Brian Eno | Bruce Hornsby | Buggles | Bulgarian Voices | Cat Stevens | Cecile Corbel | Clannad | Cocteau Twins | Darol Anger | Dave Stewart & Barbara Gaskin | Davy Spillane | Donal Lunny | Eddi Reader | Ella Fitzgerald | Elvis Costello | Fairground Attraction | First Aid Kit | Five Guys Named Moe | Fred Neil | Frying Dutchman | Gavin Bryars | Georgie Fame | Glenn Gould | Go-Betweens | Godley & Creme | Gotye | Harold Budd | Hector Zazou | Hoodoo Gurus | Hooley Dooleys | Hothouse Flowers | Howard Jones | Indigo Girls | Jane Siberry | Jay Ungar | Joe Jackson | Joni Mitchell | Jonny Greenwood  | June Tabor | k.d.lang | Kate Bush | Katie Noonan | Keith Jarrett | Kimbra | Kirsty MacColl | Lemon Trees | Liam O'Flynn | Liam O'Maonlai | Liberty Horses | Lou Reed | Luka Bloom | Luke Howard | Maria Callas | Marilyn Crispell | Martin Hayes | Micheál O'Domhnaill | Midnight Oil | Mike Oldfield | Nightnoise | Pat Metheny | Paul Simon | Pogues | Police | Pomplamoose | Prefab Sprout | Pretenders | Robert Wyatt | Rutles | Silly Sisters | Simon and Garfunkel | Sinead O'Connor | Soak | Spinal Tap | Staff Benda Bilili | Steely Dan | Sting | Suzanne Vega | Talk Talk | Tom Waits | U2 | Van Morrison | Waterboys | Wiggles | Wonder Stuff | World Party | Yoko Ono | こども | はじめに | ひとりごと | アニメーション | アロマ・セラピー | アンジェラ・アキ | アンティーク | アート、クラフト&ソーイング | オーガニックのお菓子 | オーガニック農家 | キャンピング | サイクリング | ダライラマ | トンカ | バイク | パディントン | フェアトレード | ブッシュ・ウォーキング | マーケット | ヴェジ料理 | 健康 | 元ちとせ | 動物 | 和合亮一 | 地球と人にやさしく | 坂本龍一 | 太田裕美 | 宇宙 | 宮崎駿 | 小出裕章 | | 岩井俊二 | 平和と愛と | | 忌野清志郎 | 手作りを味わう | 新川和江 | 日本 | 映画・TV | | 村上春樹 | 植物 | 武満徹 | 河上肇 | 海、川、湖 | 深呼吸 | 登山 | 石垣りん | | 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree | 自然災害 | 茨木のり子 | | | 谷山浩子 | 谷川俊太郎 | 貧困問題 | | 遺伝子組み換え | 野鳥 | 金子みすゞ | 金子光晴 | 音楽 | 食材 | | 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ