宮崎駿

「シカタガナイ」を追放

 原発の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて、専門家の立場から警告を発し続けた高木仁三郎氏の本『市民科学者として生きる』(岩波新書)の終章の始めに、カレル・ヴァン・ヴォルフレン著『人間を幸福にしない日本というシステム』からの引用がある。                                               

   こんなふうに説得を進めさせて下さい。個人はすべて、少しだけなら自分の環境を変える能力がある。(中略)そうなる前提として、あなたは基本的で重大な一歩をまず踏み出さなければならない。(中略)つまりそれは、日本で最も頻繁に使われる政治用語「シカタガナイ」をあなたの辞書から追放すること。”

 
                                                  

 21日は参議院選挙。在外選挙は7月5日に始まり、私は先週の初めに仕事帰りに日本領事館で投票してきた。いつも思うのだが、領事館の投票所(事務所ではなく同じフロアの別室)に待機している役員全員(5、6人)から投票会場に来た私一人に視線が集まるので(投票に来る人はまばらだ)いつもものすごい緊張感を伴う。この緊張感に勝てなくて、というか崩したくていつも何か話をしてしまいたくなる衝動に駆られるのだがこれは適切な行為ではないのかもしれない(実際してしまった)。

 今回の選挙で違ったことは、今まで在外選挙証保持者へ直接封書で送ってくれた知らせがなかったことだ。ネットで情報が入ってくるから私はいいけれど、ちょっと不親切ではないかと思った。訊いたら「今回から廃止になった」ということ。ちなみにこのサイトによると昨年の衆院選で在外選挙登録していても投票した有権者はたった20%程度だったそうだ。

 思えば、在外選挙制度が始まったのがちょうど私がオーストラリアに来た年からだった。その時以来の登録だったので、地元の区役所から届いた在外選挙人証の欄は今回の投票でいっぱいになった。次の選挙に必要な新しいカードを発行するために申請書を領事館に提出したのだが、その時スタンプいっぱいになった古いカードを持っていかれたのが残念だった。皆勤賞とかないの(笑)?

 しかし近頃の領事館のセキュリティーチェックの厳しさには驚くものがある。用事がある2つの部屋に行くのに2人の警備員がIDカードの確認と金属探知機片手で歓迎してくれるのだ。今までこんなんだったっけ?領事館入場では携帯電話とカメラも入り口で預けなければならなかった。

 今日はそんなのほほんとした気分でこれを書いているわけではないのだ。とにかくこの1、2週間選挙と政治関連のニュースに目が離せない。選挙のため軒並みに増えてくるツイッターのタイムラインを無視できなくて毎晩iPodタッチ(ツイッターに便利、だけど目が悪くなるなあ)を持って布団に入っていたら昨日で総ツイート数が4000に届いてしまった。ほとんどがリツイートけれど、もうとにかく黙っていることなんてできない。たかが一票、されど一票。

 昨夜読むことが出来たジブリの会報”熱風”の特集「憲法改正」には涙が出る思いだった(無料PDF配信は明日20日18:00まで)。私達は政治に参加しなくてはならない義務などない。参加出来る権利があることを頭にいれておくべきだ(ちなみにオーストラリアでは投票は義務である。投票会場の小学校などではケーキストールや古本ストールなんかが出てちょっとしたお祭り)。 平和な暮らしを他人任せにしてはいけない。

 追記:7/26のBLOGOSに宮崎さんの「憲法を変えるなどもってのほか」が全文掲載されました。

 追記2:PDFのリンクがみつかりました。

Tnfigsg

続きを読む "「シカタガナイ」を追放" »

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

 映画の話題がまた続く。日本映画祭が先週あって、家族4人でジブリの「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。どうもオーストラリアでは初公開らしい。入場料タダ。ブリスベンは日本領事館がチケットを無料で出してくれたのだ。13年も住んでいてこんなイヴェントがあるなんて知らなかった。サイトを見てみると、有料の都市もあって上映フィルムも違うみたい。しかし領事館の催しと言うことは日本の税金が使われていることだから、ちょっと罪悪感。でも日本の文化と芸術を知ってもらうお祭りなんだからね。

 いい映画だった。子どもたちはもう100%大満足。ボクちゃんも楽しめたって。しかし、字幕のhuman beanってhuman being の間違い?当然字幕を読んでる人々はみんな笑ってた。あれはわざとなのかな。オーストラリアでは来年1月に封切の予定だ。その時には英語吹き替えになるのかな。そうそう、スピラーという弓矢を持った小人の男の子がジムシー(「未来少年コナン」に出てくる野生児)にそっくりでおかしかった。

 アリエッテイの床下の住処はうっとりするほど素敵だった。やっぱり劇場で観るのはいい。よく考えたら、ジブリのアニメをシネマで見たのはナウシカ以来(それって84年のことだから27年前!?でも今でもよく覚えてる)・・・絶句。。。公式サイトによると、もともと宮崎駿と高畑勲が40年前に考えてた企画だったそうだ。宮崎駿が子供の頃読んで感銘を覚えた原作本メアリー・ノートン「床下の小人たち」機会があったら読んでみたい。

 上映後ロビーでオーストラリアでジブリ作品(日本の名画も)を配給しているMadmanの人たち(マッド・メン?)が待ち構えていて、ヴィデオカメラ持って、「インタヴューに答えてくれたらポスターをあげるよ~」と言うので、迷わずピッピの背中を押す。普段恥ずかしがりやの彼女もこの時ばかりは特大ポスターにつられた。頂いてきたのがこれ。

P1110081


続きを読む "ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず" »

遺伝子組み換え認めません。

 農林水産省は、遺伝子組換え農作物の隔離ほ場での栽培や、食用又は飼料用のための使用等に関する承認申請(セイヨウナタネ1件、トウモロコシ2件及びワタ1件)を受け、生物多様性影響評価を行いました。学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。

これらの結果に基づいて生物多様性影響が生ずるおそれはないと判断しました。 これら遺伝子組換え農作物を承認するに先立って国民の皆様からのご意見をいただくため、平成23年5月23日(月曜日)から平成23年6月21日(火曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。

 上記は農林水産省のサイトから。

 日本でもとうとう遺伝子組み換え作物が認可されようとしている。この震災と原発事故のどさくさにまぎれて、何が民主主義の国だろう。意見を募集しているということを知っているのは国民のどのくらい?募集期間は一ヶ月というのもあまりにも短すぎやしない?私はツイッターでONC(有機農業ニュース)をフォローしてリツイートしてきたけれど、お友達の彼女彼女がそれぞれのブログに記事にしてくれているので読んでみてほしい(パチパチ)。締め切りは明日

 6月17日朝日新聞にプレスリリースとして生活クラブ連合会(ピーター・バラカンがテレビ広告に出てるんだね)からのパブリックコメントの提出内容が発表されていました。全くその通り!

 

========================================================

遺伝子組み換えナタネなど第一種使用の「承認を見合わせてください」--農水省にパブコメ提出しました

PR TIMES

 農林水産省は「遺伝子組み換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について」のパブリック・コメントを募集しています(6月21日〆切)。 https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html  

 この中で特にモンサント社が申請者となっているセイヨウナタネ(圃場として申請されているのは、茨城県稲敷郡河内町にある日本モンサント株式会社隔離圃場)については、福島第一原子力発電所の事故による放射性物質による土壌の汚染を菜の花を育てることで除去することが政府レベルでも検討されている最中での申請であり、懸念すべき案件です。モンサント社が被災地への支援として遺伝子組み換えナタネの寄付を申し出るということは、同社のこれまでの行動を考えると、十分にあり得ることです。
 被災地だから、バイオディーゼル燃料の原料だから、と遺伝子組み換えナタネの栽培が安易に認められることは、あってはなりません。

 6月6日、生活クラブ連合会は上記の趣旨からパブリック・コメントを提出しました。

****************************************

「遺伝子組換え生物等の第一種使用規定の承認申請案件」に対する意見・情報の募集についてのパブリック・コメント

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

今回出された、遺伝子組換え生物等の第一種使用規定の承認申請案件に対して以下のように考える。 

1.カルタヘナ国内法は、参議院での付帯決議にみられるように問題点が多く、見直しや強化が求められている。その点をふまえて評価すべである。

2.GM技術は、生物多様性の基盤である種の壁を壊すことから、その応用はもとより、研究・開発も慎重さが求められる。バイオテクノロジーについて、規制を強化するなど抜本的に検討を加えるべき時期にきている。

3.この間、日本全国でGMナタネの自生が確認されており、GMナタネ同士の交雑やカラシナ、ブロッコリー、ハタザオガラシなどとの交雑も起きている。このような状況を踏まえた時、現行のカルタヘナ国内法の在り方自体を問い直す必要があり、一時承認を見合わせるべきである。

4.この意見・情報の募集は、生物の多様性を確保し、生態系を守ることを目的としているはずである。しかし、申請された作物で行われた評価試験は、そのような内容になっておらず、このまま承認する自体問題である。
以下、その詳細を述べる。

                   記

1.生物多様性条約では「生物の多様性」とは、すべての生物間の変異性と定義されている。現在の評価は、野鳥や昆虫、農作物などへの影響が入っておらず、すべての生物間の変異性に対する影響評価になっていない。

2.通常の農作物の一般的な栽培と、遺伝子組み換え農作物の栽培との間で、使用する農薬などの違いによる影響も含めて、どれだけ生物多様性への影響で差が出るのか、標準化した方法が確立されておらず、このような段階では承認すべきではない。

3.毎回パブリック・コメントが求められているが、そのコメントが反映されたことがなく、このようなことが繰り返されれば、環境行政に対する不信は募る一方であるため、パブリック・コメントの取り方自体を改める必要がある。

4.現在、日本では港だけでなく、内陸部のさまざまな地点でGMナタネの自生が確認されている。このGMナタネの侵入は、生態系に取り返しがつかない事態を引き起こすことが考えられる。徹底した調査とカルタヘナ国内法の見直しを優先すべきである。

(提供:PR TIMES)

========================================================

  それから、以前記事にした事のある安田節子さんのサイトでも彼女のパブリックコメントを読むことが出来ました。

Sany0674


 私たちが知らない間に、事は動いている。手遅れになる前に「NO!」と言わなくては。

 写真はもう花が散っちゃったけど、先月の裏庭のユーカリでディナー中のレインボー・ロリキート。

 最後に今日のツイッターから動画2本。

 「宮崎駿氏から首相へのメッセージ」 22秒!

 「スティーブ・マーシュ 遺伝子組み換え汚染で有機認証を失う」

 オーストラリアの西オーストラリア州で8年間にわたって有機農業を営んでいるスティーブ・マーシュさん。昨年、彼の農場のとなりの農場で、遺伝子組み換えナタネが栽培され­た。そのナタネによって、スティーブさんの畑が汚染し、昨年12月24日、畑の70%について有機認証を失った。どうしてそのようなことが起こったのか。スティーブさんの­インタビュー。

続きを読む "遺伝子組み換え認めません。" »

「絶望する必要はない」と駿さんは言った

このところの溢れる情報の中で、それを冷静に受け容れ、自分をどれだけ前向きにしていられるか、それがいかに大切か(でも簡単ではない)を身にもって知らされる毎日が続いている。母親の心の中を子供たちは簡単に見抜くことが出来る。「おかあさんだいじょうぶ?」と声をかけてくれたり、絵やカードを作って私にくれるのだ。 下の絵はロッタ作。

P1090129_2

そうだ。くよくよするな。元気になろう。もう朝のニュースは観ない(これは私にとって非常に悪い1日のスタートだ。本当のことは伝わってこないし)。それにしても私の昨夜の悪夢は、放射能との戦いだった。窓を閉めようとしてもがたついて閉まらない。子供が危険な泥にまみれていて、私はそれを洗い流している・・・。

日本にいる私の好きな人々の気持ちを知りたいなあと思っていたら、昨日宮崎駿さんのコメントが読めた。気持ちの昂りがすっと引いていった。

宮崎駿監督「絶望する必要ない」 大震災への思い語る

「埋葬も出来ないままがれきに埋もれている人々を抱えている国で、原子力発電所の事故で国土の一部を失いつつある国で、自分たちはアニメを作っているという自覚を持っている」 「今の時代に応えるため、精いっぱい映画を作っていきたい」。  

「残念なことに、私たちの文明はこの試練に耐えられない。これからどんな文明を作っていくのか、模索を始めなければならない」

「僕たちの島は繰り返し地震と台風と津波に襲われてきた。しかし、豊かな自然に恵まれている。多くの困難や苦しみがあっても、より美しい島にしていく努力をするかいがあると思っている。今、あまりりっぱなことを言いたくはないが、僕たちは絶望する必要はない」 

asahi.com 2011年3月28日から一部を抜粋。

続きを読む "「絶望する必要はない」と駿さんは言った" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ