8月15日

 51v1pvfe8el

 
 

 LOTRのイヴェントは大成功を収めた。2日間で3回も同じ映画を観た子供たちは、続きが観たくて観たくてさっき完結編を借りてきたDVDで観終わったところだ(今日はブリスベンは祝日だった)。大きなスクリーンの迫力には劣るけどね。

 それにしても生のオーケストラが奏でる演奏と生の合唱が、指揮者の腕でスクリーンのフィルムと同時に進行していくなんて本当に凄い、もう夢のようなコンサートだった。

 プログラムの紹介ページによると指揮者のルードヴィッヒ・ヴィッキはスイスローザンヌ出身で音楽好き一家に生まれ、毎日歌ったり演奏したりして育ったそうだ。特に影響を受けたのがモリコーネなどの映画音楽だったというのが興味深い。なるほどそれだけ映画音楽に対する憧憬が深いと知ると、彼のこの神業のような指揮にも納得がいく。この上のアルバムは彼の指揮で昨年リリースされたそうだ。

 最終公演では演奏が終わってなんとうちのロッタがステージの指揮者のところまで下りていってコアラのぬいぐるみ(!)をプレゼントするという大役を果たした。私達は昼間の公演に行ったのでこの目で見ることができなかった。指揮者と握手したロッタの姿見たかった。でもほんとに合唱団の子供たちみんながんばった。中にはこっくりこっくりしてた子も居たんだって。かわいいなあ。

P1130076_2

 

 

 8月15日。

 今日は義理の父母の58回目の結婚記念日。昨日は義理母がグループ会食があって出かけなくてはならないというので、昼間の3時間義理父を残した家の留守番を頼まれた(最近こういうのがよくある)。彼らの家はここから車で10分ほど。介護のような責任は任されていない。シャワーの手伝いは毎日やってくる訪問介護員の役目である。私が手伝うのは留守番と食事の世話くらい。彼が寝ているほとんどの時間は、義理母のアンリミテッドのインターネットを利用してうちでは観られないYouTube三昧なので退屈しない。

 毎週日曜日は彼らに遅いブレックファストを作ってあげて(作るのはボクちゃん)一緒に食べるようになってもう2年くらいになった。医者から義理父がもう長く生きられないと告げられて以来ずっとである。86歳の彼はもう何も残っていないかのようにほとんど一日中静かに寝ている。それでも若い頃の、戦争時代の記憶だけは昨日のことのようにしっかり憶えているから驚きだ。というか、昨日のことだと彼は思っているのだ。第二次大戦が終わった時彼は19歳。空軍の看護士として働いていて、日本軍の爆撃で負傷した兵士の手当てをしたそうだ。

 

 

続きを読む "8月15日" »

永久に原発ゼロの日を信じて

 2012年5月5日原発稼働ゼロの日。北海道泊原発が定期検査のため今日日本時間午後5時に運転中の原子炉に制御棒を挿入、出力を下げる作業が始まり、午後11時に発電出力がゼロになり、6日の午前2時には核分裂が停止するそうだ。原発稼動ゼロは実に42年ぶりのことだという。

 今年の初め強く信じたことが現実に起こった。永久に原発ゼロの日に向けて大きな一歩であると信じる。みんなが目を覚ますときが来た。

 「90年生きてきて今ほど悪い日本はありません。このままの日本を若者に渡せない」  
 寂聴さん、霞が関でハンスト参加 大飯原発再稼働に反対 共同通信社

 瀬戸内寂聴さんが反原発の座り込みで語ったこと (NAVERまとめを見つけたのでこれも追加)

 寂聴さんの言葉

 90のばあさんがここに座ったら、マスコミに取り上げられ、それを見た若者が張り切って行動してくれると思って。」 出典東京新聞

 広島や長崎で原爆の被害を受けた日本が唯々諾々と原発を使っているのは恥ずかしい。原発はなくさないといけない。」 出典goo ニュース

 誰かに任せてなんで(原発が)無くなるんですか。自分たちで戦って無くさなきゃいけないんです。人任せにしてどうして無くなりますか。自分が動かないとダメですよ。」 出典Twitter

 (原発の再稼働について)何を考えているのかと思った。これまでにないくらい日本の状態は悪くなっている。」 出典瀬戸内寂聴さんらが反原発を訴え NHKニュース 

 これまで生きてきて、福島の原発事故のような恐ろしいことは戦争以外に一度もなかった。政府は再稼働をどうして焦るのか。」 出典東京新聞 

 「原発事故は人災であり、同じことを繰り返しては子どもや若い人たちがかわいそうだ。」 出典東京新聞 

 「(大手メディアに向けて) あなた達記者も、命をかけて報じなさい。」 出典Twitter

 寂聴さんありがとう。どうか無理をなさらずに。

 

 花が咲いて今は実が収穫時の雑草のごとき紫蘇。明日こそ摘まなきゃ。今年は塩漬けにするの。

P1120275

 

 

続きを読む "永久に原発ゼロの日を信じて" »

ホリデイにトラブルもあるさ

 イースター。金曜日から月曜日までの長い週末(タスマニアでは火曜日も祝日だとカレンダーを見て知った)。町はクリスマスのように静かだ。金曜日のお月様。

P1120083
 満月は土曜だったんだね。金曜日だと勘違いしてた。クールで静かなお月様がお隣の大きな水溜り(プールのことだが)に映って美しかった。

P1120094
 ボクちゃんが土曜日の早朝トンカと散歩していたら、近所の民家の庭で前の晩から大きなパーティーがあったらしく、驚いたことにまだ飲んでいる人達がいたそうだ。「大きな夜だったんだね」と声をかけると、「いや、これから始めるのさ」と笑って応えたそうで、いやはや、さすがのオジーである。

 さて、前回のエントリーでリラックスしたホリデイと書いた。確かにそんな感じで始まった。ところが数日前に事件が起こった。事件と言うか事故である。ボクちゃんがピッピを連れてボートを引っ張って釣りに行った帰りに思わぬ追突をされてしまったのだった。乗っていた2人は車から降りてみるまで何が起こったかが全くわからなかったそうだ。それほど大きな衝撃は感じなかったにも拘わらず、車の後部とボートとトレーラー(ぐにゃりと直角に曲がった)が見事にダメージを受けてしまった。

 ボクちゃんはしばらくかなり落ち込んでいた。相手の保険会社がきちんとカヴァーしてくれたらいいんだけど。そういうわけでしばらく私の車がないのだけど、どういうわけか気が楽なのである。自分の起こした事故じゃないだけでこんなに気分が違うのは面白いと思う。2年前に私がちょっぴりへこませた時は相当落ち込んだ。まだ直してなくてよかった。

 昨日はマーケットにボクちゃんのビートルで落としてもらって、買い物の後久しぶりに会う友達も交えてカフェでゆっくりお茶して、また迎えに来てもらってストレスなし。ああ楽しかった。ホリデイはいいね。

 さて、外出してない我が家の今回のホリデイのお楽しみはこれ。

P1120137

続きを読む "ホリデイにトラブルもあるさ" »

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず

 映画の話題がまた続く。日本映画祭が先週あって、家族4人でジブリの「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。どうもオーストラリアでは初公開らしい。入場料タダ。ブリスベンは日本領事館がチケットを無料で出してくれたのだ。13年も住んでいてこんなイヴェントがあるなんて知らなかった。サイトを見てみると、有料の都市もあって上映フィルムも違うみたい。しかし領事館の催しと言うことは日本の税金が使われていることだから、ちょっと罪悪感。でも日本の文化と芸術を知ってもらうお祭りなんだからね。

 いい映画だった。子どもたちはもう100%大満足。ボクちゃんも楽しめたって。しかし、字幕のhuman beanってhuman being の間違い?当然字幕を読んでる人々はみんな笑ってた。あれはわざとなのかな。オーストラリアでは来年1月に封切の予定だ。その時には英語吹き替えになるのかな。そうそう、スピラーという弓矢を持った小人の男の子がジムシー(「未来少年コナン」に出てくる野生児)にそっくりでおかしかった。

 アリエッテイの床下の住処はうっとりするほど素敵だった。やっぱり劇場で観るのはいい。よく考えたら、ジブリのアニメをシネマで見たのはナウシカ以来(それって84年のことだから27年前!?でも今でもよく覚えてる)・・・絶句。。。公式サイトによると、もともと宮崎駿と高畑勲が40年前に考えてた企画だったそうだ。宮崎駿が子供の頃読んで感銘を覚えた原作本メアリー・ノートン「床下の小人たち」機会があったら読んでみたい。

 上映後ロビーでオーストラリアでジブリ作品(日本の名画も)を配給しているMadmanの人たち(マッド・メン?)が待ち構えていて、ヴィデオカメラ持って、「インタヴューに答えてくれたらポスターをあげるよ~」と言うので、迷わずピッピの背中を押す。普段恥ずかしがりやの彼女もこの時ばかりは特大ポスターにつられた。頂いてきたのがこれ。

P1110081


続きを読む "ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず" »

走って観にいった「ノルウェイの森」

 オーストラリアでもようやく封切られた映画「ノルウェイの森」。

 夜8時20分からの上映に充分間に合うつもりで友人と出かけたのに、実は映画館を間違えてて、ジェームズ・ストリートからバラックスまで車で10分(だったかな。こういうときに限って信号にひっかかる)友人と慌てて駆け込むというハプニングがたまらなく超日常的で映画のワンシーンのような感覚がまた刺激的だった。まず、夜友人と映画を観に行くという行為だけでも刺激的なのだが。

 小説のイメージを全く壊すことなく、ただただ美しい映像と音楽に息を呑んだ。まるでヨーロッパの映画を観ているような錯覚を起こしたのは、監督と脚本がフランスで育ったヴェトナム人トラン・アン・ユンと、音楽がレイディオヘッドのギタリストだからなのだろうか。

 ストーリーもさることながら、個人的には1969年のノスタルジックな雰囲気が十分楽しめた。赤い公衆電話とか、黒電話の受話器に付いていた芳香剤とか。中古レコード屋のレコード針やローラ・ニーロ(春樹さんの好きな)の「イーライと13番目の懺悔」もね(このアルバムを知ったのは20代の頃だけど)。

 ストーリーだけで理解しようとしたら、「だから何なの?」かもしれない。だけど、やっぱり切ない。どうしようもなく悲しい。こういう気持ちを純粋に引き起こさせること、物語に心を預けることってやっぱり必要なんだと思った。

 映画とは関係ないけれど、会場を出たらラウンジでジョー・ジャクソンの82年のヒット曲「ステッピン・アウト」がかかっててまた嬉しくなった。最近また思い出して聴いていたりしてたんだ。

続きを読む "走って観にいった「ノルウェイの森」" »

手前味噌とキャンピング

 雨の土曜日。 早朝からいきなりごろごろなんて普通じゃない。それにしても朝のストームって今まであったっけ? マーケットの人々大丈夫かなあと心配しながら、小雨になるのを待って今朝は8時過ぎに行って来た(まあいつもと同じ時間)。 ちょっぴり元気のないマーケット。 車がすぐ停められて良かったけど。

 ボクちゃんはキューバ音楽のバンドの仕事で今朝8時メルボルンに飛んだ。・・・筈だったが、普通じゃない悪天候のため飛行機が飛ばず、4時間遅れで出発したらしい。エアポートでリハーサルしてたりしたら面白いかも。今頃演奏中だろうな。明日朝早く戻ってくる。

 先月から先生の都合で子供たちのヴァイオリンのレッスンが土曜朝から月曜夕に変更になったのはかなり嬉しい。やっぱり土曜日の朝くらいゆっくりしたい。とはいえ、土曜日の午後は子供たちのクワイアがある(90分X2)。でもすぐそばに大きなオプショップを見つけたので、もう行きたくもないローカルショッピングセンターへ時間つぶしにうろうろしなくてもよくなった。レッドヒルの教会オプショップほどは安くはないが、クオリティーとコンディションのいい服が揃ってるので掘り出し物も結構見つかる。しかし5年も通ってて今まで気づかなかったとは。今日はピッピが見つけた「トムとジェリー」のDVD3本セット(新品)を10ドルで。財布に優しく、しかもそのお金がチャリティーにまわるのは気分がいい。

 ロッタが庭で摘んできたハイビスカスとボトル・ブラッシュでデックのテーブルを飾ってくれた。なかなか素敵だ。さて今週から4学期が始まった。あと9週間でクリスマスの休みになる。ああ、私は今年一体何をしたんだ・・・?

P1100886

 次はキャンピングの思い出報告の前に、ピッピが春休みの最初の日に張り切って作ったチョコレート・エクレアと、手前味噌の写真などを。

続きを読む "手前味噌とキャンピング" »

春休み

 ブリスベンはいま春休み。春と言ってもう立派な夏の陽気である。この間まで寒の戻りのような寒さで震えていたのが嘘のよう。袖なしトップと短パンで散歩を開始。キッズは水着になって水鉄砲バトル。デックのドアを全開してずっと冬の間使ってなかった床を掃除してデック開き(Q州男児BBQ奉行僕ちゃんの仕事)。

 「 I love you Sweetheart 」 僕ちゃんが突然背後からこう言った。とうとうプロポーズされたのかと思って振り向いたら、ニコニコしながら大きなパウダーパフ・リリー・ピリーの花を持っていた。裏庭の奥で咲いていたのを見つけて採って来てくれたのだ。そうかまた1年が巡ってきたんだね。今年も会えて嬉しい。生きてるって素晴らしい。しかし去年のよりも一回りも大きいのにはびっくり。

 

 P1100822

続きを読む "春休み" »

久しぶりです

 しばらく振りのブログ更新。いいやまた明日にでもと思いながら、気持ちが浮いたり沈んだり、本を読み終わったり読み始めたり、どうも気持ちがまとまらなかった。まあどうせ読んでる人もあんまりいないだろうから、などと数日前に会った友人達にこぼしたら、皆に大きく否定されてしまった。またヨーコさん今日も更新してないのかあ、とがっかりさせているんだって!?・・・なんて、そんな嬉しいこと言われたら書かなきゃね。そうか、だからみんな、元気にしてる~?って訊いてくれるんだね(相変わらず鈍いぞ)。嬉しいなありがとう。私はおかげさまで風邪一つ引かず、全くもってすこぶる元気。ほんと、ばかみたいに(馬鹿なんですが)ワンダー・スタッフ聴きながら、初めての糀も2日半かけて育てあげお味噌も仕込んだ。そうそう、今週コメント数が1000を越えたのだ。半分は自分だとしても、それにしてもびっくり。

 まず最初の写真は、キッチンの窓越しにちょくちょく顔を出しに来るようになったお茶目なブッチャーバード。

P1100659

 

 昨日の朝はいつものようにトンカと散歩兼お買い物。帰ってきたら鍼灸師のジュディから留守電が。しまった!8週間ぶりの鍼治療の日だった。慌てて電話をすると、「今から来ても十分時間があるから大丈夫よ。ほっほっほ~」の相変わらずリラックス度100%の魔女の声に安心した。鍼とお灸をしてもらって1時間後にはすっかり体も軽くなり、帰ってきて洗濯と掃除機かけてビスケットを焼く。激しく雨が降ったりして、突然また寒さが戻ってきた。今日も晴れたのに風が強くてやたらに寒い。ヒーターはとっくの昔に片付けちゃったんだけど。それでは続きは、ワンダー・スタッフのコンサートとかルバーブのお菓子とかEkkaとかのてんこ盛りの大長編です。どうかクリックしないでね。

P1100660

続きを読む "久しぶりです" »

みんなで読もう山岸凉子さんの「パエトーン」

 原発の是非を問う山岸凉子さんの「パエトーン」が、電子書籍の形で無料公開されていると今日の朝日で知った。

 

Tky201104160229_2

原発是非問う漫画「パエトーン」、電子書籍で無料公開  asahi.com

 漫画家の山岸凉子さんが、チェルノブイリ原子力発電所の事故後に原発の是非を問うた作品「パエトーン」を、電子書籍の形で無料公開している。福島の原発事故直後、ネット上で話題になったのがきっかけ。先月25日の公開以来、15万回以上読まれている。  

 チェルノブイリ事故から2年後の1988年に発表した。ギリシャ神話に出てくる高慢な少年パエトーンは、太陽神の日輪の馬車を暴走させ、あわや地球を焼き尽くしそうになる。

 作品はこのパエトーンを、原子力を制御できると信じる人間に重ねて描く。さらに原発の仕組みや日本の原発分布、日本で事故が起きた場合の影響などを、図入りで説明している。

 公開した潮出版社によると、福島の事故直後、ネット上で「まさにパエトーンの状態だ」と話題になり、山岸さんに知らせると、「ぜひ無料公開したい」と返事があったという。

 チェルノブイリ事故後、山岸さんは原発について本で学び、「今、日本で起きてもおかしくない」と危機感を覚えたという。

 「原発は、ひとたび事故が起きれば人間の力で制御できないほどのエネルギーを持つ。メリットに対するリスクが大きすぎ、25年前と危険は少しも変わっていない。原発について、一人でも多くの人に考えてもらいたい」と話す。

 潮出版社のホームページhttp://usio.feliseed.net/paetone/

 山岸凉子さんの漫画は、小学生の時「りぼん」で少し読んでたけど、大学生の時「日出処の天子」を友達から奨められて夢中になって読んだことを思い出す。

 早速ダウンロードして読んでみた。さすが山岸さん、なぜ原発が問題なのかを誰にでも分かるように漫画で説明してくれている。強い味方が現れて、今夜は良く眠れそう。

ムラサキツユクサ、高木学校、みやぎびっきこども基金

 露草(Day Flower/Commelina)が好きだ。裏庭のあちこちでひっそりとたくましく可憐に生きている姿をとても美しいと思う。僕ちゃんも芝刈りのときは気をつけて切ってしまわないようにしてくれるのが嬉しい。今日描いた一枚。

Day_flower_11

 この露草とは少し違う、ムラサキツユクサという植物が、原発のある地域に植えられて放射能の影響を調べるために役に立っているということを知ったのは、鶴田静さんの著書「ベジタリアン・ライフ・ノート 地球のリズムで生きてみる」(1988年文化出版局)だった。 (現在は文庫化されて、「気持ちのいい生活 地球のリズムで生きてみる」 と改題されています)

 日本では1974年から浜岡原発周辺で観察が始められ、以来全国各地で行われているそうだ。ムラサキツユクサのおしべに青紫色の短い毛がたくさんあって、多数の丸い細胞からできていて、その細胞が分裂するのを観測するのだが、放射能を浴びて染色体に異常が生じると、青紫がピンク色になるのだそうだ(鶴田静さんの本から一部抜粋)。

 そして今日このムラサキツユクサの研究で世界的に有名な放射線遺伝学者市川定夫さんのことを知った。今福島原発付近のムラサキツユクサはどうなっているだろう。まだ寒くて花の時期には早いのだろうか。

続きを読む "ムラサキツユクサ、高木学校、みやぎびっきこども基金" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ