Joni Mitchell

小さな光を輝かせよう

 3.11から3か月。私たちの生き方の意識が大きく覆された3ヶ月。

 昨日は『611脱原発100万人アクション
震災3カ月、各地で脱原発デモ 福島・新宿・フランス… やっと朝日でも報道されるようになったか(でも翌日に)。
 6.11脱原発アクションのマスメディア報道一覧

 今日の午後、首相官邸で自然エネルギーに関する 「総理・有識者オープン懇談会」があった。インターネット中継されたので私も日曜日の午後ということもあって最初から最後まで2時間PCに向かっていた。6万人以上の人々が視聴したそうだ。

 素敵なことに種森さんがブログに要約を素早く上げてくれた。
 「期待、失望、そしてまた希望」 
 YouTubeにも早速上げられていたので、見逃した方はぜひこちらへ。8部あります。追記:政府インターネットテレビ(というのがあるのか)でも全編観れるとわかった。

 私たちはこの日本を、地球を一人ひとりが自覚していくことで救うことが出来るのだと思えば、夢も少しずつ現実に向かっていくんだ。私たちは自然があるからこそ存在しているし、生かされているんだ。自然は子孫から借りているものだということに皆が気がつかなくてはならないんだ。人間的であるということはそういうことなんだ。愛があれば・・・。

 人はこれを単純だとか、馬鹿げていると笑うかもしれない。だけど先日の春樹さんのスピーチと重なる、この時代に生まれたちっぽけな人間の「生きること」という思いが溢れてきて気持ちが昂ってくる。

 日本で、このカタルーニャで、あなた方や私たちが等しく「非現実的な夢想家」になることができたら、そのような国境や文化を超えて開かれた「精神のコミュニティー」を形作ることができたら、どんなに素敵だろうと思います。

P1090855

 私たちに出来る夢実現の第一歩が送電線の国有化を目指す一千万人署名

続きを読む "小さな光を輝かせよう" »

雨の日に

 雨。武満徹のCDを久しぶりに聴いている。

 雨ぞ降る。雨の呪文・・・。最近、ジョニがタルコフスキーと武満のファンだと知って嬉しくなった。私は武満やタルコフスキーについての多くを語れないけれど。

61edjnnfl7l__sl500_aa300__2 
 タルコフスキーの映画を初めて観たのは20年以上も前だったか。映画館でスクリーンに眼を見張りながら、静寂と映像の美しさに息を呑んだのを思い出す。

 武満徹インタヴュー アンドレイ・タルコフスキー - 芸術家の避けられない宿命

続きを読む "雨の日に" »

春休み、最近のいろいろ

 春休みに入った。信じられないことに2週間の春休みが過ぎると4学期。最後のタームなのだ。もう3ヶ月でクリスマス・・・。トンカが来て2ヶ月。とりあえずまだ9ヶ月のパピー(子犬)である。45kgのパピー。2ヶ月で15kg増。恐るべし。

 ヴァル・ボニーのコースも昨日で4回目。コースの半分を終えたことになる。調子は上々。15人以上に増えたクラスを半分に分けてくれたお陰で、トンカも散漫にならないで集中できるようになった。トレーナーも熟練した楽しい人で、トンカはいい犬だとよく誉めてくれる。自信のなかった私も最近は優等生気分。変われば変わるものだ。誰にでもわかりやすくて納得のいく教え方は素晴らしい。どんな困った犬も、回を重ねるごとによくなっていくのが目に見えてわかる。犬のせいではなく、飼い主次第なのだ。

 毎日の散歩(時々走ったりもする)にすっかり慣れてきて、坂道を上るのさえ楽しくなってきた(トンカは嫌いで上り坂になると歩かなくなる。なんて怠け者!)。そして自分の体が変化してるのにも気付いた。というのも、朝起きても体の痛み(坐骨神経痛ではなく梨状筋症候群。このことってまだ言ってなかったっけ?)を感じないのだ。トンカありがとう。君のお陰だよ。

 ところが、今年は花粉症がどうもしつこい。アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、顔や頭や体も痒くなってきて相当のストレス。しかも鼻が利かないので料理に力が入らない。みんな美味しくないご飯でごめんね。

 原因はなんだろう。今年の気候のせい?それともトンカの毛のせい?(春の毛の抜け替わりのシーズンでとんでもない量の毛が落ちる。家中毛だらけ・・・)去年の花粉のシーズンは日本にいたせい?特価で買ったオーガニックでない苺を食べてしまったせい?(食べた直後に体と眼が痒くなった)今日は、金曜日に鍼とお灸をしてそれに漢方薬を飲みはじめたお陰なのか、症状は落ち着いていた。とにかくあと2週間の辛抱だ。

 P1070244
 トンカにめろめろの私。写真が増える一方。だって、この子いつもぐでんと寝ているからつい写真に撮ってしまいたくなるんだよね。

続きを読む "春休み、最近のいろいろ" »

犬と散歩とカフェ

 朝のトンカとの1時間のウォーキングがすっかり習慣になった。犬を連れていると道すがらすれ違う人々と話すことが多い。今日は3歳くらいの坊やに「名前はなあに?ちょっと触ってもいい?」と声をかけられた。というか、後ろから追いかけてきた。9月。春の陽気。坂道だらけのこの界隈、ちょっと歩くだけで汗が噴き出してくる。これからどんどん暑くなってくるけどこのまま続けられるかな。

 ものすごく風の強かった数週間前の生徒の休みの日、子供たちとトンカとビッグウォークした。

Imgp0983

続きを読む "犬と散歩とカフェ" »

クリスマスまであと2日:ビスケット作りとジョニの歌

 週末からの毎夕のストームで、大地も緑も潤っているブリスベン。クリスマスもこんな風にひんやりと過ごしよいといいな。雨水タンクも満タン。洗濯も嬉しい。

 昨日は子供と一緒に恒例のクリスマスのビッキー(ビスケット)作り。

 P1030326

続きを読む "クリスマスまであと2日:ビスケット作りとジョニの歌" »

わたしたちは星くず

 ”人間は生まれたときから死に向かっている”

 この言葉を最近どこかで読んだ。どこからだったか思い出せないんだけど(本当に記憶力が鈍くなって困る。自分の歳を忘れているのはいいんだけど)。

 この言葉をポジティヴに受けるかネガティヴに受けるか。

 気が付いたらあと5年で50代。生まれ落ちていろんな出会いがあって、運がいいのか悪いのか数々の失敗やら成功(なんてないか)やらを重ねてきた私だけど、これから何をするか?何が出来るか?そんなことをなんだかいつも考えています。

 相変わらず知らないことは山ほどある。子供たちから学ぶことも毎日。私の出来ることはご飯を作って洗濯することだけじゃないけど(もちろん大切なことである)、まだやれるはずのこと、やるべきことがあるんじゃないか?

Sany0030

ピーウィーがうちのヴェランダの手すりで雨宿り。一羽で行動する鳥ってなんだか健気でかわいいのです。

 

続きを読む "わたしたちは星くず" »

ジョニ・ミッチェルの祈り、新作「シャイン」

 ジョニ・ミッチェルの新作が出ると知って狂喜したファンは世界中にどのくらいいただろう。

 ジョニ・ミッチェルは、68年 「Song To A Seagull」 のデビューから過去20枚(オリジナル)の作品を発表し(ほとんどのアルバムのアートワークも手がけている)、常に変化し続け我々をあっと言わせ続けてきた。20枚目になった2002年の 「トラヴェローグ」 が彼女の最後のアルバムになったと思っていたけれど(本人の意思で音楽業界に嫌悪して引退を表明していたそうだ)、やっぱり戻ってきた。歌わずにはいられなかったんだね。

P4074mid  

 今年はジョニを愛してやまないミュージシャン達(プリンス、アニー・レノックス、ビョーク、コステロ、サラ・マクラクラン、k.d.ラング、カサンドラ・ウィルソン他)による 「リビュート・トウ・ジョニ・ミッチェル」 が話題を集めたこともあり、消えていた彼女に注目する人々も多かったようだ。でもまさか本人の新作が発表されるなんて、ああ夢にも思わなかった!

続きを読む "ジョニ・ミッチェルの祈り、新作「シャイン」" »

沈黙の春

31xva7zg7pl__aa240_

 私の最も敬愛する女性アーティストのひとり、ジョニミッチェルの70年に発表した3枚目のアルバム 『レイディース・オブ・ザ・キャニオン*』 の中に 『ビッグイエロータクシー』 という曲がある。それは、開発で失われていく自然環境を、去っていく恋人を引っ掛けて皮肉っぽく歌ったものだ。

*このアルバムは、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングがカヴァーしたことでも知られる 『ウッドストック』 と、映画 『いちご白書』 の主題歌になった 『サークル・ゲーム』 のオリジナルが収録されている名盤。

ねえねえ、お百姓さん
私のリンゴに斑点をつくる農薬なんか捨ててちょうだい
お願いだから 
DDTをふりまいて鳥や蜂を殺さないでちょうだい 

 (中略) 

でもそれってよくある話  
なくしてみなけりゃわからない
持っていたものがどんなに大事だったかは 
楽園はすっかり舗装され 今は立派な駐車場  

 対訳:室矢憲治 51n5zdszydl_sl210_1

 

 レイチェルカーソンが、人間による環境汚染を世界で最初に警告した本『沈黙の春』を出したのが62年のことだからきっとジョニも当時読んだに違いない(と勝手に思い込んでる)。

 

続きを読む "沈黙の春" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ