Paul Simon

9年目のパディントンからの便り

すっかりご無沙汰。
半年が瞬く間に過ぎていった。
2014年は今までの人生で一番短い一年に思えた。
でもこの半年には取り上げたらきりがないほど色んなことがあった。
大晦日に娘ふたり連れて日本に帰って3週間過ごした。
2年振りに故郷の土(いやアスファルトとコンクリート)を踏んだけれど…。
これはまた次の時に。

寒い寒い日本から戻って来て直ぐに仕事が始まり、残暑にぼうっとしていたらスティングとポール・サイモンのコンサート(前から4列目!)があるということを前日まで忘れていた。
ロックの殿堂入り20世紀の偉大なるソングライターでありミュージシャンである二人(その昔ニューヨークの同じアパートメントに住んでいてそれ以来の友人同士だそうだ)が同じステージに上がって一緒に歌うなんて事が起こったなんて未だ信じられないくらいだ。ああ、ボクちゃんと二人で命の洗濯。ポール・サイモンとスティング2人合わせて136歳。待てよ私達って合わせて何歳だっけ?と考えたら何と100歳!






ココログにスマートフォン用のアプリがあると昨日知って早速入れてみた(私のはiPhoneではなくiPodだが)。
写真をアップロードするには便利そうだけど、文字の入力は至難の技だ。
ツイッター感覚で更新すればいいんだろうけど、やっぱり何だかしっくりこない。
そこでクリスマスにやって来たiPad Airで入力してみることにした。
来週からまた仕事が忙しくなる前に今年初めてのブログの更新をサクッとしておきたいのだが、それがなかなか進まない(動画の埋め込みがポッドやパッドで出来ないので結局古いデスクトップを使って仕上げているのだが、30分に一回は壊れる)。それにしても半年空いたせいで、いよいよ作文も出来なくなってしまったみたいだ。でも最近本当に忘れっぽいので呆け防止対策で自己嫌悪覚悟で再開したいと思う。

今日焼いたのは、先週からお店で焼き始めたグルテンフリー・ブルーベリー&バナナ・マフィン。
うちでは高きび粉とココナッツ粉と米粉とタピオカ粉を混ぜたグルテンフリーミックス。米飴と蜂蜜で甘みを付けた。
仕上げにシナモンシュガー。






今年最初のオプショッピングは、2日前ヴァリーのレッドクロスで。オーストラリアのヴィンテージ皿とこれもオーストラリアのデザイナーズブランドCRのコットン&ヘンプのスカート(仕事着にちょうどいい)2点で5ドル!5ドルで幸せになれちゃう私って本当に可愛い・・・というか成長してない。

オプショップ (op shop)というのはオポチュニティー・ショップ(opportunity shop)という名前の略のこと。最近こんなことがあったんだって。

続きを読む "9年目のパディントンからの便り" »

追憶の夜 Byron Bay Bluesfest

 4月1日イースター・マンデイ。 長年の憧れだったByron Bay Bluesfest の会場、Tyagarah Tee Tree Farmの土を踏んだ。ブルース・フェストは、毎年イースターの連休に開かれていている野外音楽コンサートで今年で24回目。お隣のNSW州だがブリスベンから車で約2時間。こんなに近いのに何故今まで行かなかったのかと思うけれど、それはチケット代の高さとかキャンピングとか宿泊費とか、家族で行ったら一体いくらかかるのだというたくさんの心配があり、決断するのは清水の舞台を飛び降りる覚悟があると思っていたからだ。それでもいつかいちどは行ってみたいと思っていた。

 その今年のイヴェントの最終日に私の愛するポール・サイモンボニー・レイットが演奏すると知ったのは開催の一ヶ月半前のことだった。盆と正月が一緒に来たような(いやイースターとクリスマスが一緒に来た?)もういてもたってもいられなくて、ボクちゃんに呪文のようにBluesfest、Bluesfest、、、と唱え続けたのだが、音楽ファンのくせに気乗りしない彼に私が全部出資(少しながらの稼ぎがあるというのはこういうときに役に立つ)するからとなんとか説得、値下がりしてたファミリー・チケットを購入し、会場から30分のBallinaのリゾートホテルをブックしたのが一ヶ月前。イースターサンデイには大好きなルカ・ブルームも演奏したのだが、2日分となるとちょっと話は違う。とにかく一日だけでも、たとえポール・サイモンだけでも、しかもボニー・レイットもとなればもうぐずぐずしてはいられなかった。行かなかったら一生の後悔。結局なんてことない、清水の舞台を飛び降りる覚悟なんて全然必要なかったのだが。

 

8th_announce_poster 

 車で2時間とはいえ、時差が1時間あるのを前夜に思い出し、早めに出るようにとボクちゃんに促すと、彼ときたらめんどくさそうに聞き流すからもう歯軋りものだったが、後数時間で夢のショーが見られると思うだけで心は既にバイロン・ベイ。当日のランチのテリヤキトーフ・バーガーやフルーツやスナック、飲み物類を用意した。車内でお昼を食べて11時ごろ会場のティートゥリー・ファームに入場。目指すはメインステージのMOJOテント。ビーチ・チェアとピクニック・ラグを広げて(次回からはキャンピング・チェアにしよう)まずは持参の魔法瓶とティーバッグと豆乳で熱い紅茶を作った(職場でもらったkeepcupというのを初めて使ってみた。知らなかったけどこれオーストラリア生まれなんだ)。この日のためにたくさん焼いて持っていったお気に入りのビスケットと開放的な音楽とで、初めての屋外コンサートの緊張感はすっかりなくなっていた。

 

P1010967

 P1010969
 

 本当に夢のイヴェントだった。 今までの人生の中でこれほどまで音楽ファンでいてよかったと感じたことはなかった。 会場に集まった人々のみんなが魔法のような至福な時を過ごしたと思う。ブルース・フェストの写真はこのサイトからも(イギー・ポップ!)。Photos from 2013 BluesFest

P1010989



続きを読む "追憶の夜 Byron Bay Bluesfest" »

戦争の後、犬を連れたレネとジョルジェット・マグリットは

 新学期が始まって早5週間。既にターム1(1学期)の半分を通過した。去年の今頃はどうしていたかなとブログを開けてみると、ロッタがコマッタちゃんなのは新学期が始まったせいなんだと分かる。南半球の五月病と診断してもいいかな。しかし今年のはなかなか手ごわい。

 
 イヤー7のピッピは学校でミュージック・キャプテンに任命された。朝礼の就任式を見に行った。ピッピ大きくなったなあ。身長が一ヶ月前の誕生日からさらに2センチ伸びて164cm(朝起きて彼女に会うと突然伸びているのがわかる)。

 子供達の習い事は去年と同じだが、今年からロッタのジムナスティックスは夜の6時から8時まで。ピッピの合唱団の練習は土曜日ではなく火曜日に変わり、夜6時半から8時半まで。夕飯時に家族全員が揃わないというのは我が家では初めてだ。今年は合唱団のタスマニア(ロッタ)とニュージーランド(ピッピ)旅行もあるんだっけ。。。子どもたちはみんな日一日と成長している。この前まで赤ちゃんだと思っていたのに。。。

 そういう私はと言えばまたひとつ年を取り、40代最後の一年に足を踏み入れた。

P1110764

 最近よく焼いているのはソーダブレッド。昔旅行したアイルランドで何度か食べた懐かしい味。サルタナを入れて午後のお茶の友。ジャムとダブルクリームも付けちゃう。

P1110717

続きを読む "戦争の後、犬を連れたレネとジョルジェット・マグリットは" »

海辺の一日の終りと始まり

 今年3度目の海。ブリスベンから北へ約1時間半、サンシャイン・コーストのクーラム・ビーチ。美しい青空と青い海が出迎えてくれた。

Photo1118
Photo1123


 日没前。静かになったビーチにとり残された孤独な人魚。

Imgp2275

 人々は一日を惜しむように海辺を歩き始める。

 Imgp2276

 

 凧揚げしようか。


Imgp2294_2


Imgp2306

Imgp2303_3

 「3泊4日、クーラム(Coolum)の海の見えるホリデイ・リゾートに行くから各自パッキングするように」子供たちに伝えたのはブッキングしたその1週間後。出発の2日前(当日の朝というのも考えてみたけど、2日くらいわくわく待つ楽しみも分けてあげたかった)。夏休みの思い出作り。

Imgp2314

続きを読む "海辺の一日の終りと始まり" »

Getting Ready For Christmas Day 

 クリスマス・イヴの土曜日の今日。マーケットの日と重なり、しかもまた雨に祟られる。予定していた子供たちのバスキングも取りやめ。オーガニック・ファーマーのフランコとお店で働くタニアと近所の少年ジャロッド君にささやかなクリスマスプレゼントを持っていった。フランコはこの雨に少し滅入っていた様子。ハグをするとき、彼はこう言った。「左胸を合わせるといいんだ。こうするとハートが重なるだろう?」
 

 昨日ピッピが作ったヴィーガン・ブラウニー。最近アメリカから届いたヴィーガン・スクープというアイスクリームのレシピ本から。私のに比べるとかなりむっちり、もっちり。これがピッピにはたまらなく美味しいらしい。

P1110436
 続いては、今日ロッタが作ったジンジャー・ブレッド。材料は、全粒粉、小麦粉、シナモン、生姜、ベーキングパウダー、砂糖、モラセス、蜂蜜、植物油、豆乳。彼女は色付けアイシングがしたくて、このあとすごいことになったけど(写真に撮れない恐ろしさ)、子どもたちときたら相当満足したらしい。その後のハイパー振りがそれをよく物語っていたなあ。

P1110440_2
 グランマとグランダへのクリスマス・プレゼントは、色々迷ったけど、結局子供たちの最初の1年のディジタル写真を50枚ずつ厳選してプリントしアルバムに入れた。プリント代が安価になってやっと実現したのだった。

 懐かしい彼女達と久しぶりに向かい合ったら、自分が置き忘れてきたものを思い出して胸が詰まった。

P1110443
 

続きを読む "Getting Ready For Christmas Day " »

図書館で見つけた「サプライズ」

 何ヶ月か続いた私のルカ・ブルーム熱も落ち着き、その後サンディー・デニー熱が二週間くらい、それからまたジョニ・ミッチェルに戻ってきたりしてたり。今はポール・サイモン熱。最近近所の図書館で見つけてきた彼のCD 『サプライズ』 のお陰で、ちょっとこれは結構長引きそうな熱を抱えてしまった。20世紀が生んだ最高のシンガー・ソングライターと称されるポール・サイモンについては、公式サイトhttp://www.paulsimon.com/ウィキペディアで。

 音楽への恋愛に近い思い入れは年を重ねるとともに落ち着いてきたのかなと思っていたけれど(私の恋愛経験もこのくらいあったら人生変わってたな)、この頃のノスタルジックな感情と共に押し寄せる思い入れはもう一時の恋ではない。それは一生を貫き通せる「愛」なのだと思う。

 そのポール・サイモンのアルバム 『サプライズ』 はその名の通り、びっくり仰天。驚き桃の木。大傑作アルバムだった。

51fy6f36yjl__sl500_aa240_

続きを読む "図書館で見つけた「サプライズ」" »

その他のカテゴリー

Antony Hegarty / ANOHNI Anuna Ben Watt Billy Bragg Blue Nile Blues Brothers Bonnie Raitt Bothy Band Brian Eno Bruce Hornsby Buggles Bulgarian Voices Cat Stevens Cecile Corbel Clannad Cocteau Twins Darol Anger Dave Stewart & Barbara Gaskin Davy Spillane Donal Lunny Eddi Reader Ella Fitzgerald Elvis Costello Fairground Attraction First Aid Kit Five Guys Named Moe Fred Neil Frying Dutchman Gavin Bryars Georgie Fame Glenn Gould Go-Betweens Godley & Creme Gotye Harold Budd Hector Zazou Hoodoo Gurus Hooley Dooleys Hothouse Flowers Howard Jones Hugo Largo Indigo Girls Jane Siberry Jay Ungar Joe Jackson Joni Mitchell Jonny Greenwood  June Tabor k.d.lang Kate Bush Katie Noonan Keith Jarrett Kimbra Kirsty MacColl Lemon Trees Liam O'Flynn Liam O'Maonlai Liberty Horses Lou Reed Luka Bloom Luke Howard Maria Callas Marilyn Crispell Martin Hayes Micheál O'Domhnaill Midnight Oil Mike Oldfield Mimi Goese & Ben Neill Nightnoise Pat Metheny Paul Simon Pogues Police Pomplamoose Prefab Sprout Pretenders Robert Wyatt Rutles Silly Sisters Simon and Garfunkel Sinead O'Connor Soak Spinal Tap Staff Benda Bilili Steely Dan Sting Suzanne Vega Talk Talk Tom Waits U2 Van Morrison Waterboys Wiggles Wonder Stuff World Party Yoko Ono こども はじめに ひとりごと アニメーション アロマ・セラピー アンジェラ・アキ アンティーク アート、クラフト&ソーイング オーガニックのお菓子 オーガニック農家 キャンピング サイクリング ダライラマ トンカ バイク パディントン フェアトレード ブッシュ・ウォーキング マーケット ヴェジ料理 健康 元ちとせ 動物 和合亮一 地球と人にやさしく 坂本龍一 太田裕美 宇宙 宮崎駿 小出裕章 岩井俊二 平和と愛と 忌野清志郎 手作りを味わう 新川和江 日本 映画・TV 村上春樹 植物 武満徹 河上肇 海、川、湖 深呼吸 登山 石垣りん 脱原発・自然エネルギー・No Nukes・NukeFree 自然災害 茨木のり子 谷山浩子 谷川俊太郎 貧困問題 遺伝子組み換え 野鳥 金子みすゞ 金子光晴 音楽 食材 鶴田静

プロフィール

  • プロフィールへ

私の音楽と本の棚

  • 私の本と音楽の棚へ

Twitter

あなたの肌は何を食べていますか?

  • Westlady_2

カテゴリー

マガ9

無料ブログはココログ